FC2ブログ

第2回子育て広場 (7/28)開催報告

7月28日、第2回目の子育て広場が開催されました。
台風が近づいて来ていてお天気が心配されましたが、
当日は曇り空で比較的過ごしやすい日和のなか、
今回もまた、用意したござから少しはみ出すほどの
お母さん方が参加をしてくださりました。
第2回目のテーマは「子供と病気」。
関心の高いテーマだったようで、
とても積極的に熱心に、
知識交換、意見交換、情報交換がされました。
病院にはできるだけお世話にならないようにとされている方が多く、
お家でできるお手当や食事療法などの知識や体験談をそれぞれお話ししてくださいました。
皆さん、とてもよくお勉強されていて、興味深く、ためになるお話が沢山ありました。

そして、今回は
「自分は親ではありませんが、皆様の助けになるような情報をお渡しできれば」
と、在宅看護を専門にされている看護学科の先生が参加をしてくださり、
一冊の本を紹介してくださりました。
「決められない患者たち」という本です。
医師には2通りの医師がいて、
ひとつは現在ある医療技術全てを投資して病気を治療していく医師たち、
もうひとつは最小限の医療と患者自身が持つ自然治癒力で病気を治そうとする医師たち。
患者にも2通りの患者がいて、
最大限の医療を投資して治療をして欲しい患者と、
最低限の医療と自己の自然治癒力で治療をしたい患者がいる。
この患者たちが、自分の求める治療をしてくれる医師を選び出会うことが大切だ、
といことが書いてあるそうです。
そして、南国市にある、よさそうな小児科も紹介してくださいました。
今回の子育て広場でも、小児科の選択についてよく話題になりました。
抗生剤や予防接種に対して、慎重に考えていらっしゃる方が殆どだったのですが、
予防接種を受けさせていないことで、虐待だと言われたり、
頭ごなしに怒られたりという体験談もいくつか語られました。
そして、予防接種のことで怒られないお医者さんや、
漢方治療をしてくれるお医者さんについての情報交換もすることができました。

最後にお話ししてくださったのは、お母さんとお子さんが化学物質過敏症のご家族。
お子さんが給食で症状が悪くなったことや、
現在学校に通えていない状況ということ。
またその上で、「逆にそのような環境に子供を置くのはどうなのか?」
というお母さんの言葉。
色々と制限の多い暮らしの中で、これで良かったと
前向きにひとつひとつ対応されていること。
普段なかなか聞く機会のない貴重なお話を丁寧にしてくださりました。

そして、時間をオーバーして自然に溢れ出たフリートークでは、
医者には行かない方が良いという意見あり、
お医者さんも悪いもんではないという意見
(普段のお手当ではよくならず不調が続いていたお子さんを、
病院に連れて行き診断をつけてもらい、病院に行って良かった、
もっと早く連れて行ってあげれば良かった、と思った、
という体験談をお話ししてくれたお母さん)あり。
前出の看護学科の先生が
「ヒトはウイルス感染には強いけれど、細菌感染には非常に弱く、
時には数時間で死に至ることもある」と、
上手に医療機関を利用して欲しいとおっしゃっていました。

私も含め、意思疎通の難しいお医者さんを経験すると、
どうしても病院へ足が遠のいてしまいがち。
本当に信頼できるお医者さんに出会えればいいのだけど、
高知のような田舎だとあまり選択肢もなく。
だからこそ、貴重な情報交換の場に
子育て広場がこれからもなっていけばいいなと思います。
マイノリティーだからこその、
失敗だったお医者さんにあたってしまった辛い経験も、
子育て広場で、同じ思いを持つ仲間とシェアできて慰め笑いあえればいいな。
そして、やっぱり、できるだけお医者さんに行かなくても良いように、
日々の暮らしの中でできる食事療法やお手当、そして
病気や予防接種の知識など、またみんなでシェアして行きましょう。

今回も、和やかでとても楽しい子育て広場でした。
参加してくださった皆様、どうもありがとうございます。
第2回子育て広場遠景

次回の育児広場は、8月の第4週土曜日、25日11時から開催予定。
テーマは
「保育所、幼稚園、学校どうしてる?〜自主保育、ホームスクーリングって?〜」です。

私の上の娘は小学校4年生、公立の学校に通っています。
いろんな思いや悩み、そして感動を持ちながら、娘の学校生活を応援しています。
下の娘はもうすぐ2歳。
上のお姉ちゃんが通った幼稚園は去年で閉園になり、どうしようかなぁ、と思っています。
子育て広場に参加している出店者のお母さんのなかには、
子供の家庭で過ごす時間に重きを置いて、
引き算をしながら学校と付き合っているお母さんもいます。
いろんなお話をみんなでシェアしたいですね。
そして、気になること、知りたいこと、たくさん情報交換をしましょう。
是非ご参加ください。


(ひじり薬草茶屋 植田)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索