FC2ブログ

高知南高校へ行ってきました

高知県立高知南高等学校、

「マネジメント学習」発表会へ行ってきました。

マネジメント学習とは、高校2年生が1年をかけて取り組む、

課題探求学習のことだそうです。


今年も、高知オーガニックマーケットに関心を持たれた生徒さんたちが、

マーケットでアンケート調査やインタビューをしたり、

出店したりと、足を運んでくれました。

そのご縁で、高知オーガニックマーケット出店者組合も、

発表会にお招きをいただき、私が出席させていただきました。


会場の体育館、後方には、展示がずらり。
CIMG6175s.jpg
各グループが、学習の成果を模造紙3枚にまとめたもののようです。

全体に共通するテーマは、「高知県の活性化」ということのようです。


みつけました! 1ホーム1班、5人のグループです。
CIMG6172s.jpg
すてきな着眼点ですね。

高知の若者が外へ出ていく・・・

その一方で、県外から高知へ移住して、

オーガニックマーケットに出店をはじめる子育て中の若いご夫婦が、

今年は2組もあったのです。


石けんと野菜のご夫婦は、きっと『オリーブ』の古味さんですね。
CIMG6176s.jpg
弘瀬さんと古味さんの、温かい言葉がならんでいます。

代表の弘瀬さんも、発表会に心から出席したがっておりました。


高知オーガニックマーケットについて、よく調べ、理解してくださっています。
CIMG6177s.jpg
若い方から、関心を持ってもらえることは、うれしいことです。

オーガニックマーケットには、お客様も出店者も、

10代、20代前半の方は少ないのです。

その理由は、「オーガニック」に関心を持たれるのは、

自身の健康が気になりだす20代後半からや、

子供を持つようになってから、という方が多いからではないかと思います。


私も、ちょうど三十路のころ、体調を崩したことがきっかけで、

健康や食に関心を持ち始め、改善することができたのですが、

「体に優しいものや、自然なもの」は、

幼いころから取り入れているに越したことはなく、

その方が人生がやりやすくなるだろうと思うのです。


若者にも親しみやすいマーケットにするには、どうしたらよいのでしょう?

私はあるていど歳をとっているので、また教えてもらいたいです。


1ホーム5班の、5人グループも、オーガニックマーケットとからめてくれました。
CIMG6178s.jpg
間伐材について、非常に分かりやすい!


県立牧野植物園や、県森林組合連合会などに足を運び、
CIMG6179s.jpg
調査をかさねられたそうです。


実際に、11/11のオーガニックマーケットの秋の収穫祭に出店し、
CIMG6180s.jpg
間伐材を使った工作教室を開かれていました。

参加された方へアンケートも実施し、

「楽しかった」「また参加したい」という声が多かったそうです。


さて、「マネジメント学習」発表会の内容は、

体育館に集まった、中3~高2まで3学年の生徒さんたち、

高知の企業の社長さんをはじめとする審査員の方々、

私をおわりとする来賓の方々の見守るなか、

各ホームの代表グループ、計7組が、壇上で、

10分間ずつプレゼンテーションを行うというものです。


ナス、ピーマン、生姜など高知の特産品や、アイスを使って、

日曜市や、県庁の食堂を舞台に、また、地震に備えて防災をテーマに、

高知を活性化するアイデアや、実際の取り組みが、

いきいきと紹介されてゆき、最後まで楽しませていただきました。


そして、審査の結果、最高賞の「マネジメント大賞」は、

「教えてよ!間伐材」の皆さんのものとなりました。


休憩中、「来てくれてありがとうございます!」と生徒さんが

さわやかに声をかけてくれたのもうれしかったですし、

ひいきめに見たくなる気持ちをおさえたとしても、

たいへんすばらしかったと、私も思いました。


「マネジメント学習」について、深く知ることができ、

楽しみつつ、とてもよい勉強をさせていただきました。

これからも、ぜひ、高知オーガニックマーケットへ、

学びにも、遊びにも来ていただきたいと思いました。

オーガニック就農、移住促進、食育、

高知を魅力的にするテーマが、あちこちに、ころがっています。


(ちいざ)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索