FC2ブログ

10/27のマーケット

2018/10/31 Wed 22:07

10/27は予報どおり、マーケットが始まる頃には雨雲は通り過ぎ、
晴天のもとで開催できました。
「子育て広場」も予定通り、開催できました↓
子育て広場1027


秋のおいしいお芋たちが「しまんと403」に揃いました。
1027しまんと芋
サツマイモの品種はたくさんあります。
好みのタイプがある場合はそれを伝えていただければ
ベストなお芋を選択しますので遠慮なく声をかけてください。

「果鳥風月」は季節の果物と蜂蜜が多種多数並ぶ店です。
果鳥風月1027
この日は、ブシュ柑(酢みかんの一種)、次郎柿、みかん、レモンがありました。
農薬不使用の果物です!
蜂蜜も季節により種類が変化しますのでこまめにチェックしてください。
果物と蜂蜜に心を奪われて見落としがちな「果鳥風月」の野菜部門ですが
凄いものがさりげなく並んでいますので必ず見てください。
この日は、ネパール生姜がありました。
ほんの少量で華やかな香り&辛味を放つミラクルな存在。
是非一度ご賞味ください。

オーガニックマーケットでは、オーガニックなお肌のお手入れ用品も揃います。
「牧工房」は、安心素材でつくった化粧品類がたくさんあります。
豊富な種類から、実際に試して、じっくりゆっくり、自分にあうものを選べます。
この日に、目を奪われたのは、こちら↓
牧工房1027
ハーブ、にがり、酵素でしっとりすべすべのお肌に
導いてくれるという、優れモノです。
秋は乾燥の季節です。安心素材でできたお手入れ用品で
お肌を労わって乾燥から守ってあげたいものです。


すっかり涼しく、ときに寒くなり、10月も終わろうとしております。
10月第1週目の土曜日は荒天予報により開催中止となりましたが、
残りの3回の土曜日は秋の爽やかな空のもと、
多くのお客様に支えられ、無事開催することができました。
ありがとうございました。

次の土曜日、11月3日から、
「やくちファーム」「楓文庫ときどき書店」「佐竹農園」
が毎週出店再開の予定です。
しばらく休みを頂いておりましたが帰ってまいります。

そして、11月17日は収穫祭開催予定です。

11月も高知オーガニックマーケットをどうぞよろしくお願い申し上げます。


(つきみ)





今日のマーケット

明日10/27開催します

2018/10/26 Fri 17:43

明日も8時から14時まで開催します。

明日は、第5回子育て広場を12時半から開催します。
今回のテーマは「予防接種について語ろう」です。
申し込み不要、参加費無料のイベントです。お気軽にご参加ください。
詳しくは→こちらを。
子育て広場(定番)
前回第4回子育て広場の開催報告は→こちらです。ご参照ください。

明日、マーケット開催時間中の天気は晴れの予報です。
秋の池公園はどんぐり拾いもできます。
是非遊びに来てください。
皆さまのお越しをお待ちしております。


(つきみ)
お知らせ
9月22日に第4回子育て広場を開催しました。
子育て広場0922_2
前回に引き続き、テーマは「学校、保育園、幼稚園どうしている?」。
前回は、学校、保育園、幼稚園に通わすこと前提のお話だったので、
今回は、通わせない選択について。

高知オーガニックマーケット出店者の生野さんは、
自然派育児大先輩。
生野さんは、お子さんを学校に通わさせず、
自宅で教育されることを選ばれ実践された、
ホームエデュケーションの先駆者です。
この度は、その生野さんの娘さん、
歩弥さん(現在小学校4年生の男の子のお母さん)に
お話をしていただきました。

歩弥さんは何度も、
「これは、あくまでも私の場合で、
みんなそれぞれ違う思いを持っている。
特に今では、ホームエデュケーションが
珍しくなくなってきているので、
私の時とはずいぶん違うと思う。」
とおっしゃられながら、
ご自身の経験をお話しして下さいました。

歩弥さんが入学する年にご両親は
「ふみちゃん学校」という看板を用意し、
ホームエデュケーションをスタートされたそうですが、
「今まで、走りまわって遊んでいた子供に、突然、
座って勉強するよ、って言ったってしませんよね。」
ご両親は本人の意思が向くまでは、
好きなことをさせようと思っていたらしいですが、
結局意思が向くことはなく、
「全然勉強はしませんでした。」とのこと。
その代わり興味を持った習い事は、何でもさせてくれ、
色々な習い事をされていたそうです。

小学校に入学する年の4月、
「突然周りから自分と同年代の子供がいなくなり、
みんな何処に行ったんだろう、何をしているんだろうと、
ずっと思っていた。」そうです。
その当時のことを、「ものすごい孤独と不安」
と歩弥さんは表現されます。
「みんながいる場所のことを何も知らないのに、
いつか社会に出ていかなければならない。
そんなことが自分にできるだろうか、という不安と、
必ずできなければいけない、というプレッシャー(妹が
常に自分の背中を見て追いかけてきていたので)が
常にあった。」
と、おっしゃっていました。

歩弥さん自身は息子さんの意思を尊重した、
フリースタイルで息子さんを学校に通わされています。
そのことについて、こうおっしゃっていました。
「私はこの子を学校に行かせたいと思ったのですが、
そう思ったことにショックを受けました。
親と違う選択を自分がしたことに。初めての反抗だったんです。
自分の生命よりも大切なものを持って、
初めて自分の思いに気づいたんです。」

歩弥さんのお話を聞いて、今までぼんやりだった、
「学校の本来の役割」というのが、
はっきりと解ったように思います。
「前回は学校のよくない所がたくさん上がったけど、
今回は学校のいい所が見えてよかったね。」の声。
本当に、その通りです。

行かなくてよかったことは?の質問には、
こう答えられました。
「両親は自分の本能を大切に、
本能で生きて行くことができるように、
という思いがあったのだと思う。」
確かに、今回のお話の中でも歩弥さんはよく、
本能でわかる、という言葉を使われていました。
歩弥さんの息子さんと私の娘は同じ学校の同級生で、
歩弥さんと私はお友達なのですが、
歩弥さん自身の生き方も、
息子さんへの献身的な愛情もとても本能的だと思います。
そして、そんな歩弥さんは、とても素敵で魅力的な方です。
小学校5年生の時に、2ヶ月だけ学校に行った
お話もしてくださいました。
「やってはいけない事だらけで、全然意味がわからなかった。
クラスの子に聞いても、決まりだからとしか言ってくれなく、
全く馴染めないいまま2ヶ月間だけ通って行かなくなった。」
学校で身につけるもの、失うもの。
とても、象徴的なお話だと思います。

歩弥さんは息子さんについては、
「せっかく学校に行くのなら、学校が楽しいと思う
ところまでは、参加させてあげたい。」
というと共に、
「みんなが言っていることと違うことを
思っていてもいいんだよ。ということは、
いつも伝えている。」
とおっしゃっていました。

それから、歌を歌うことで、家の外のみんなと
繋がりを持ったことや、ご主人との出会いまで、
全ての質問に丁寧に答えながらお話してくださいました。

そして、全てをお話して下さった最後に言った一言。
「でも、愛情があれば何でもいいんです。
愛情さえあれば、どんな教育を親がしたって、
子供はちゃんと育つんです。」
突然、特設テント内全員、うるっ。
「そうだよねぇ」
とみんなで涙を拭う素敵な瞬間。

親はいつも子供のために、色々悩み、試行錯誤しながら、
最善の選択をしているけれど、
それが正しいかなんて本当に分からない。
でも、愛情さえあれば子供達は自分で、足りないものを
手に入れて、要らないものを脱ぎ捨て、
自分らしく生きていける。どんな困難も
乗り越えてしまえば全て糧。
その乗り越える力が、親からの愛情なんですね。

いいお話だったね〜、の大合唱で終わった第4回子育て広場。

このお話以来、私自身も、少し子育てに対して肩の力が抜けて、
その分愛情たっぷりに。と思うことができるようになりました。

歩弥さん、滅多に聞くことのできない貴重なお話、
とっても素敵なお話、どうもありがとうございました。
そして、この素敵な空間を一緒にシェアして下さった
参加者のみなさま、どうもありがとうございました。

いつも何かいいことがある、オーガニックマーケット子育て広場。
次回は明日10月27日です。
テーマは「予防接種について語ろう」です。
(詳細は10月25日ブログをご確認ください。)
会のはじめに、素敵なおまけも。
昨年度で閉園をしたシュタイナー幼稚園「ルーエ」の先生が
手遊びとおはなしをして下さいます。
是非みなさまご参加下さい。


(ひじり薬草茶屋 植田)

イベント
今週土曜日10月27日に第5回子育て広場を開催予定です。
テーマは、「予防接種について語ろう」です。
(詳細は、10月9日ブログをご確認ください。)

今回は、会の初めに、嬉しいおまけがあります。
昨年度で閉園したシュタイナー幼稚園「ルーエ」の先生、
林明子先生が来て下さり、手遊びとおはなしをして下さいます。
シュタイナー幼稚園では、先生は絵本や本を使わずに
おはなしをしてくれます。
素話といいますが、今回はその素話と
シュタイナー幼稚園で行なっていた手遊びを紹介して下さいます。
とても素敵な先生です。
ぜひみなさまご参加ください。


(ひじり薬草茶屋 植田)
イベント

10/20のマーケット

2018/10/24 Wed 20:54

秋晴れの気持ちの良い一日となった10/20でした。


実りの秋です。
「佐竹農園」にまぶしい新米、並びました↓
佐竹農園1020


そして、お待たせしました。
「らくだや」に、ついに、ドラム缶出現↓
らくだやピザ1020
「らくだや」のドラム缶は、あの、ピザを焼くための道具です。
暑い季節はお休みしていたピザですが、これからは隔週で登場予定です。
次回は11/3が、ピザのある日です!


第2回「おいしいかい」は荒天予報に振り回され
延期になっていたイベントでしたが、
10/20に無事開催することができました。
「おいしいかい」はマーケットの野菜を使った
簡単でおいしいものを食べてみる会です。
当マーケットの加工食品ガイドライン担当者の寺尾さんと
今回のサポート役「暮らすラボ」が試食の品々を用意しました。

寺尾さんは、テキパキと動いて、
「焼さつまいも」、「人参葉のふりかけ」、「人参梅酢和え」、
「オクラに新生姜と人参のせ」、「焼ぼた茄子」を完成させました↓
おいしかい1020_2
「暮らすラボ」は、マーケットの野菜や調味料をふんだんに使った
クラッカー4種(スパイシー味噌、人参クミン、ごぼう、塩柚子)を
試食用として焼いてまいりました↓
おいしかいクラッカー1020

野菜の料理もクラッカーも、試食してくださった方から
「おいしい!」という声を頂けました。
今回の、おいしい記憶が、当マーケットへの関心を高めていただく
きっかけになることを願っております。


10/20は天候に恵まれ、無事開催できました。
ご来場、ありがとうございました。


(つきみ)
今日のマーケット
 | HOME | Next »