FC2ブログ

天然服工房 プチ・プラム

2013/11/29 Fri 17:58

新しい出店者をご紹介します。

『天然服工房 プチ・プラム』。
IMGP2895s.jpg
11/9にお試し出店をされ、11/16から正式に毎週出店者となりました。

向かって右側の方が、
「手作りが大好き、布が大好き」という作り手の松井さん。

服やかばんなど、何でも手作りし、
決して布を無駄にしないお母様の影響で、自然とそうなったのだそうです。

ご自分の作品について語る松井さんは、
本当にいきいきと楽しそうで、その愛情が全身から伝わってきます!

『プチ・プラム』には、オーガニックコットンコーナーがあります。
IMGP2785s.jpg
布、糸、バイアステープなど、材料はすべてオーガニック製品。

オーガニックコットンについての解説パネルや、
使っている材料の展示もあります。

松井さんは今年、福島県から高知へ移住。

自分で育てた綿で作品を作るという夢を持ち、
福島では、すでに庭先で栽培されていたそうですが、

東日本大震災が起こり、
福島の地でその夢を実現することは断念。

震災で、綿を保管していた瓶はほとんどが割れたそうですが、
割れずに無事残ったものをマーケットで展示しています。

「このなかには、震災前の空気が残っているから、
 ふたを開けたくないんです。」とおっしゃっていました。

お店には、オーガニックコットン以外の作品もあります。
IMGP2902s.jpg
着心地の良さそうなワンピース、チュニック、新感覚の割烹着まで。

かばんや、コースターなどの小物も。
IMGP2900s.jpg
どうぞごゆっくりご覧ください。

自家産の綿で服を作るのは、
今すぐには難しいことかもしれませんが、

先日訪れた『四万十 谷脇農園』や『有機圃場 十作』など、
すでに綿を栽培しているマーケットの出店者と協力して、

マーケット内で
オーガニックコットン製品ができたら素敵だな、と思いました。


(ちいざ)
お店紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
11/20(水)、第4回農地見学会を開きました!
訪問先は、四万十町の『四万十 谷脇農園』です。
IMGP2990s.jpg
最後に、稲刈り後の田んぼで記念撮影
参加者は17名、最多記録となりました。

谷脇さんの案内で、
ご自宅の周辺に点在するいくつかの農地を見学しました。

こちらは生姜畑。
IMGP2914s.jpg
人家から離れていて、有機栽培にちょうどいいと思い、この場所を選んだそうです。

坂を少し下って、人参、大根、ごぼう、白菜などの畑。
IMGP2916s.jpg
今年は異常に虫が多いが、バッタが少ない、とのことです。

そのすぐ下には、じゃがいもやにんにく、ホウレン草などの畑。
IMGP2917s.jpg
使っている肥料、水、農法など、谷脇さんのお話を聞きながら見学ツアーは進みます。

突然収穫も。
IMGP2923s.jpg
このデジマとアンデス(赤)は、お昼ご飯の材料になります

次は車で移動し、ご自宅前の畑へ。
IMGP2930s.jpg
アスパラ、白菜、茎ブロッコリー、安納芋、紫芋、綿などが植わっています。

こちらは、収穫時期の綿。
IMGP2936s.jpg
この中にいる小さな種子が、たくさんの綿をまとっているのです。

参加されていた『有機圃場 十作』の宇田さんも
綿を栽培しているそうですが、奥様の

「野菜があまり穫れなくて少しがっかりしていても、
 綿を収穫するときはふわふわで気持ちよくて癒されます。
 花もとっても可愛いんですよ。」

というお話に癒されました

恒例となった土壌採取も行いました。
IMGP2940s.jpg
農地見学は、ここまで。

待ちかねていた、お昼ご飯

谷脇さんのおもてなし企画、農園の米と野菜を使った炊き出しご飯です。
IMGP2958s.jpg
ぽっかりと青い空、広々とした田んぼに、はざかけの稲。
舞台も最高

とれたての野菜で、具だくさんみそ汁を作りました。
IMGP2946s.jpg
マーケットで買った『ザイオンバレーファーム』のみそを使用。

ほら。
IMGP2960s.jpg
大根の断面を、見せたくて。

新米は、羽釜で、炊きたてを。
IMGP2966s_201311282318360a1.jpg
素晴らしい炊き上がり!!
つやつやしています。

谷脇さんのおもてなし魂がまだまだ炸裂
IMGP2970s.jpg
天日塩をふった、かつおが出てきました。

有機の稲わらで、かつおのたたき。
IMGP2975s.jpg
ぬくぬくをいただきました。

この後、安納芋と紫芋の焼き芋もいただき、一同満腹!

後片づけをして、種の交換会へ移ります

参加者の持ち寄った種が並びました。
IMGP2987s.jpg
ごぼう、小豆、うすいえんどう、綿、のらぼう菜、マルサヤオクラ。

種の由来、蒔き時、栽培のコツなど、まずはMY種紹介から。
IMGP2989s.jpg
参加者はそれぞれ欲しい種を持ち帰ります。

農産物ガイドライン確認担当者、谷川さんから、
種の保管方法など、色々なアドバイスもありました。

栽培方法についてなど、まだまだ皆さんの質問や
お話は尽きない様子でしたが、時間の都合で終了。

関心の高さがうかがえ、今後改めて
存分に情報交換や交流のできる場を設けたいな、と思いました。


最後に求めたお一人一言の感想は、メインの農地のことよりも、
「お昼ご飯がとてもおいしかった!」という声でほぼ占められ、
『四万十 谷脇農園』の農産物の美味しさが印象に残った見学会となりました。

農地は、池公園のある高知市内から、車で1時間半ほど。
出店するには決して近くはありませんが、
毎週出店で、マーケットの世話人も務める谷脇さん。

これからも、美味しい有機農産物とおもてなしスピリットで、
毎週マーケットを盛り上げ支えてください!


(ちいざ)
畑紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

新鮮パレード

2013/11/26 Tue 13:32

11/23、気持ちの良いお天気に恵まれました
IMGP3021s.jpg
池公園も、紅葉中

美味しい根菜類が、出回っています
IMGP3017s.jpg
葉っぱも元気な『のぼる農園』の大根。

滋味をたくわえた『西間オーガニック』の里芋。
IMGP3012s.jpg

他にも、人参、ごぼう、かぼちゃ、長ネギ、葉物類・・・
各お店で、種類も豊富に、美味しい農産物がならんでいます

『旬菜料理 つきみ』で、新米を使った新キャラ登場
IMGP3005s.jpg
『四万十 谷脇農園』の仁井田米と、『果鳥風月』の玄米をブレンド。
美味しさも、可愛さも、味わえます。

お店のカードを支えるハウスは、『ミニミニセメントクラフト』で調達。
マーケット内でのコラボを素敵に楽しむ『つきみ』です

『vegetable na style Ristro』でも、新メニュー登場。
IMGP3001s.jpg
ひよこ豆ハンバーグ。
海外で「ファラフェル」というそうです。

スパイシーな異国の香り・・・
良質素材をたっぷり使った、ぜいたくなベジハンバーグ。

美味しくない訳ないっ!
しばらく通って毎週1個です。

冬にうれしい新作も出ています
IMGP3007s.jpg
『コトコト』のマフラー。

そして、その端切れを利用した、ヘアゴム。
IMGP3008s.jpg
あったかわいい

この日からの新出店もありました。
IMGP3013s.jpg
1つのテントに2軒のお店が同居しています。

左が、オイルマッサージやヒーリングの『Aloha mana healing』。
右が、お灸の『よもぎ鍼灸院』。

今後は月に1回のペースで出店予定で、次回は12/28に出店されます。
1年の疲れを癒してもらいたいですね

今日の出席ボード。
IMGP3022s.jpg
祝日と重なったこともあってか、たくさんのお客様にお越しいただきました。
ありがとうございました。
また来週も、池公園にてお待ちしております


年末年始の開催について

12/28 歳の市

1/4  マーケットはお休みさせていただきます

1/11  初売り



(ちいざ)
今日のマーケット | コメント(0) | トラックバック(0)

私の収穫祭

2013/11/20 Wed 00:29

11/16、マーケット日和
先週のお祭りとは打って変わって、穏やかな朝のはじまりです。

新米が並んでいます
IMGP2873s.jpg
『青木屋』では、あいがも農法。

2008年の「港の土曜市」オープンのときから、
お客様とのやりとりを楽しみながら、ご夫婦で毎週出店されています。

こちらは『四万十 谷脇農園』。
IMGP2884s.jpg
ご飯がすすむ、ご飯です

11/20は、四万十町にある谷脇さんの農地見学会があります。
ブログでの報告をお楽しみに!

ご飯と一緒に炊いてください、『のぼる農園』の黒いお豆さん。
IMGP2890s.jpg
左が黒あずき、右が黒いんげん。

今年も土佐町のお山から、
寒暖の差により甘みをたくわえた美味しい豆を届けてくださっています。

昨年、黒大豆として売られていた豆を、玄米と一緒に圧力鍋で炊いたところ。
IMGP1354s.jpg
玄米がほんのり赤く色づいて、赤飯のようになってくれます。
ご飯の時間が、幸せいっぱいに。

みそ汁には、『むかごや』の米麹味噌をどうぞ。
IMGP2887s.jpg
自家産の米と大豆を100%使用し、塩は高知の完全天日塩「山塩小僧」です。
容器持参で1割引きになる、量り売りもぜひご利用ください。

あまくてふっくらした、やさしいお味。
みそ汁が、ご馳走です

マーケットには今、みそ汁の具にしたくなる
大根、かぶ、人参、春菊などの葉物がたくさん出回っています

『むかごや』は不定期出店。
次回の出店は、むかごやのサイト「ノラとパン」でご確認くださいね。

ピザも好き。
IMGP2891s.jpg
『らくだ屋』では、毎週、ドラム缶オーブンで天然酵母ピザを焼いています。
夏が終わったので、トマトソースから、かぼちゃソースへ衣替え。

具もマーケットで売られているものを中心に、
地元でとれる季節の野菜を選んでいます。

事務局テントでピザを食べていると、お客さんから話しかけられました。

「あっ、私もそれ食べました、

気が狂いそうになるほど美味しかったです

エクスタシーですか。
このピザで我を忘れる感じ、私もちょっと分かります。

11/16の出席ボード。
IMGP2905s.jpg
書き込んでくださった皆様、ありがとうございます。


もうすぐ冬を迎えるマーケット。
毎日のご飯の時間、心も体も温まる、おいしい食材がたくさんです

先週はイベント対応であまり買い物できなかった反動か、
冬眠するのかと思われるくらいあれこれ買い込みました。


(ちいざ)
今日のマーケット | コメント(0) | トラックバック(0)

太陽光発電ライブ♪

2013/11/16 Sat 15:00

ステージライブ情報です

次回11/23のマーケットステージにて、
太陽光発電による音響ありのライブがあります

mrlive2013autumn01.jpg

小知庵 企画 マーケットライブ 2013 秋

11月23日(土) 午前9:30~
※ 雨天中止! (発電できないため)

【出演予定】

明神ユニット
ポール細木
みもとファミリー音楽
みずえ&なおゆき
リトルトモコ

---------------------------------------------------

機材持参でこのライブを主催するのは、リトルトモコさん。
今年5月にも、素敵な弾き語りライブがありました
DSCN8777s.jpg
11/23も、太陽光発電日和になりますように

この日は、普段のステージ出演者も、
太陽光発電の恩恵にあずかり歌わせていただく予定です。

ちなみに・・・リトルトモコさんは、
高知市内で「大地」という自然食品店を営まれています。
IMGP2765s.jpg
先週から配布している、こちらのリーフレットでも
おすすめのお店として紹介させていただいています

お店のサイトはこちら ⇒ http://daichi.kochian.net/
手づくりの天然酵母パンやクッキーがおいしい

お店の定休日は、日曜と祝日。
つまり、土曜日が祝日と重なったときにだけ開催できる、
貴重なマーケットライブなのです!


(ちいざ)
ステージ | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »