ツルムラサキちゃん

ツルムラサキの花です。
IMGP2457s.jpg
いとうつくし!
(現代語訳:とても可愛らしい!)

9/21のマーケットで、『オリーブ』のテントにてみつけました。
花は、お客様からリクエストがあったのだそうです。

そのお客様とは・・・

毎週、マーケットで食材を仕入れてくださっている、
高知市内にあるイタリアンのお店『アンナータ』さんでした

『アンナータ』のお料理の一例をご紹介。
DSCN8810s.jpg
2012年11月に食事に行ったときの一品です。
海老が、食用の花やハーブで芸術的に彩られています

fantastic!
(日本語訳:夢みたい!感動的!)

『アンナータ』でツルムラサキの花が、
どんな夢のような素敵な料理に変化するのか、気になります!

食べ方を『アンナータ』さんに聞いてみたところ、
長くゆでると色が抜けてしまうので、さっとゆでると良いそうです。

ご家庭の食卓をたまには幻想的にしたいという方は、ぜひどうぞ

現実的な私は、花ではなく葉を買って、イカと炒めて食べました。
お味はファンタスティックに美味でした!


 『アンナータ』
場所:高知市日の出町6-31
電話:050-1354-5113
時間:11:30~14:30(LO)、18:00~21:00(LO)
定休:水・木


(ちいざ)

秋しずかに

9/21のマーケット、予報に反して晴天に恵まれました

今週の『よつば農園』、いち早く、うれしいニュース。
IMGP2452s.jpg
ニラのとなりに大根葉が並びました
自家採種した種を播いたのだそうです。
成長が楽しみですね。

『桜農園』では、かご盛りの美味しそうなみょうが。
IMGP2461s.jpg
持ち帰り用のポリ袋を辞退すると、1個おまけ

ゼブラ模様のトマト、パプリカ、在来種のきゅうり。
IMGP2464s.jpg
高知市内より涼しい大豊町山間から、夏野菜が時間差で届きます。
『桜農園』の美しい野菜は、目も心も楽しませてくれます。

9月になりました
IMGP2467s.jpg
『つきみ』の、さばのつみれ汁が先週から再開しています。
大変おいしゅうございました
栗たっぷりの玄米おにぎりも魅力的でした

『andy』では、人気のケーキが有機栗をのっけて復活
IMGP2473s.jpg
2年ぶりの、コーヒーチーズです。

私が『andy』デビューをしたケーキでもあり。
甘すぎない、大人のケーキ

アイスコーヒーは、同じテントの『珈琲屋のんちゃん』。
IMGP2471s.jpg
テント内には、カフェスペースもあります

過ごしやすい気候になりました。

ゆっくりお買い物を楽しんだり、
美味しいものと一緒にすわってくつろいだり、
青空の下、マッサージを受けるのも、おすすめです。

池公園の木々の葉も、少しずつ色づいています


(ちいざ)

新聞バッグ貸します

新聞バッグのレンタルをしています

sinbun.jpg

「今日はMYバッグを忘れた」
「手ぶらでふらっと来ました」というお客様、

土曜市オリジナルロゴ入りの新聞バッグに、
すっきりまとめてお買い物しませんか?

レンタル料は、1つ100円。
レンタルできる場所は、事務局テントや各出店テント。

事務局テントへ返却すると、50円返金いたします。
返却せず、そのまま大切に使って頂いてもOKです。

----------------------------------------------------

このレンタルシステムは、昨年9月から始まりました。

「できるだけごみを出さない」というこのマーケットの原点と、
「もったいない」×「折り紙の手わざ」から生まれた
四万十川新聞バッグの“ 循環 ”の考え方が、仲良く共鳴したシステムです。

これを機会に、出店者も原点を思い出し、
何もかもポリ袋に入れたり、
パックに入れたりする売り方を控え、

量り売り、1個売り、カゴ盛りにするなどして、
工夫をしていきたいと思っています。

売り方や、買い方を通して、
売る人も、買う人も、

循環する心地よい暮らしのヒントを得られる
マーケットでありたいと思っています。


(ちいざ)

たくましき端境期

9/14、晴れ
夏が戻ったような、かき氷がまた恋しくなる暑さです。

現在、野菜の端境期。葉物野菜はとくに少ない。
IMGP2439s.jpg
そんなマーケットで今、元気なニラが目立っています。
写真は、日照りにも負けず強く育った『よつば農園』のニラ

たくさんのニラを見ていると、無性に餃子が作りたくなったのです。

『よつば農園』のニラと、『西間オーガニック』のごぼう、
『青木屋』の新生姜、『四万十 谷脇農園』のにんにくで、
パワーを包み込んだ、強くなれそうな餃子ができました。

写真の左側、今だけの貴重な花ニラもお楽しみください。

こちらのツルムラサキも、ニラと並んで端境期の貴重な葉物。
IMGP2376s.jpg
写真は9/7の『砂地グループ』岡さんのテント。
炒め物、おひたし、和え物、一通り楽しみました。

ホウレン草をすごくワイルドにしたような味で、粘りもあり。
旺盛な生命力を想像できます。

紫色のツルムラサキを売るお店もあります。

端境期を、野菜以外のアイデアで乗り切るお店も。
IMGP2445s.jpg
『英農園』は、新聞バッグ作り体験教室になっていました。
1回500円で、教えてくれます!

植田さんは、四万十川新聞バッグ インストラクターでもあります。
この日は、新聞バッグ専門店でした。

秋はむくむく スイーツ欲。
IMGP2447s.jpg
『vegetable na style Ristro』の、黒ごま豆乳プリン。
『drie』の、ジンジャー黒糖ケーキ。
『らくだ屋』の、嶺北産減農薬ぶどうのタルト。

どれももう1回食べたくなる美味しさでした
一度に全部たいらげてはいないです、念のため。

アイスティーは『drie』の有機アールグレイ。
これからの秋のスイーツ登場も、楽しみです。


この日は、連休初日とあってか、たくさんのお客様でにぎわいました。
ありがとうございました。

野菜の品揃えはスーパーにとてもかないませんが、
できるだけ今あるものでメニューを考えるのも、
豊かで楽しい気持ちになります


(ちいざ)

第6回 秋の収穫祭を開催します

今年も感謝をこめて、収穫祭を開催します!
マーケットは、いつもよりにぎやかなお祭りになります。

毎週来てくださっているお客様も、
まだ来られたことのない方も、どうぞ足をお運びください。

チラシには記載されていませんが、
午前9時頃より「化学物質過敏症に関するパネル展示」もあります。 



(ちいざ)

やもと問唔 ステージライブ

ステージ担当、ジャコバン西田さんよりお知らせです。
-------------------------------------------------

明日9/14のマーケットにて、
ぬくもりステージで11時から、
福岡からのシンガーソングライター やもと問唔による
ギター弾き語りライブがあります。

ぜひお聴きください!


-------------------------------------------------
問唔(もんご)さんは、今年3月にもマーケットで
お客さんも出店者ものりのりになる極楽ライブをされた方です。

楽しみです!


(ちいざ)

うしまめ畑

通称「うしまめ畑」とは、
スタッフのジャコバン西田さんが管理する農園。
スタッフや縁のある人たちが、それぞれに栽培を楽しんでいます

9/9、西田さんの畑で、大根の芽が立派に出ていました!
IMGP2409s.jpg
今年7/27にあった 第3回 種の交換会 で、
『でくのぼう農園』の弘瀬さんから譲り受けた、佐川大根だそうです。

『ホワイトバッファローウーマン農園』の斎藤さんから、
2011年に弘瀬さんが譲り受けたものを、種採りしたものです。

「「とにかく強いので、播いたら芽が出ます。」
 と弘瀬さんが言う通り、
 3粒ずつ播いたら、ほぼその通りに出てきた!」

と西田さんはうれしげです。

すごい生命力です
宝の持ちぐされにならないよう、私もこの秋、播いてみよう


私のゴーヤも紹介します。
IMGP2406s.jpg
私の赤えんどう がお世話になった、支柱をそのまま利用しています。

苗は、『砂地グループ』の岡さんから譲り受けたもの。
IMGP2404s.jpg
こんなに立派になりました。

花もかわいいんです。
IMGP2408s.jpg
育て方は、私の赤えんどう のときとほぼ同じ。
つまり、定植してから、実は何もしていません。

カレーに入れて、いただきました。ありがとうございます。
IMGP2432s.jpg

玉ねぎ・・・『四万十 谷脇農園』
じゃが芋・・・『のぼる農園』
ぶしゅ柑・・・『果鳥風月』
そして私のゴーヤ。

ほろ苦く、夏を見送るスパイシーなスープカレー(風)。
『荒物屋』のスプーンでとても美味しくいただきました。
写真には写らない美味しさがあります。


明日のマーケットは、どんな野菜が並ぶのか
楽しみです!

午前8時から午後2時まで開催しています。


(ちいざ)

うれしすぎ巻き

2週間ぶりのマーケット、
そして、たくさんのお店の復帰がうれしすぎて、
巻き寿司を作りました

IMGP2418s.jpg

玄米・・・『四万十 谷脇農園』
青しそ・・・『よつば農園』
しいらフライ・・・『桂フーズ』
ぶしゅ柑・・・『果鳥風月』

IMGP2426s.jpg
寿司飯に使った梅酢は、自分で梅干しを漬けたときの副産物。
焼きのりは、上本宮町にある『静かな喫茶店』へ行き購入。

素材に頼り切って、大正解
美味しすぎる、うれしすぎ巻きです。

あとは『山崎竹籠店』の巻きすがあれば、完璧!

山崎さんに、巻きすをリクエストしていますが、
いつもないものばかり言うので、たぶん嫌がられています。

でも大丈夫です、手でも巻けますから。
気長に待っています。


(ちいざ)

稲刈り体験2013

実りの秋です。
IMGP2367s.jpg
9/6、『でくのぼう農園』にて、稲刈り体験をさせていただきました。

日照り、その後の大雨の影響で、稲穂が倒れてしまったところがありました
IMGP2353s.jpg
でも鎌を使って、手で刈り取れば大丈夫。

こんなところや、田んぼのふちなど、
コンバインでは刈り取れない部分を手刈りするのが、
私の任務となりました

楽しい稲刈り、はりきってスタート!

1時間後、左ひざに痛みを感じ始めました。

2時間後、お米大好き、お米素晴らしい、でもきつい、左ひざきつい、
       農家さんえらい、本当にえらい、でも私向いてない、好きなのに多分向いてない、
       ・・・ということをエンドレス思いながら、明らかに順調にペースダウン。

3時間後、なんとなく終了!

翌土曜日は、背面筋肉痛でマーケットへ行き、
かがむ ⇒ 立ち上がる等、主にトイレ時の苦痛が3日間続きました

いやあ、コンバインは実に優れ物ですね!
IMGP2365s.jpg
刈り取って、脱穀までしてくれます。
こんなのを操れたら、かっこいいですね。

こちらは、古代米。
最近の品種と違って、ノギが長いです。
IMGP2371s.jpg
ノギが長いのは、虫を避けるのに有効なんだそうです。

しかし、機械化には不向きで扱いにくいため、
栽培されなくなったのと同時に、ノギのない品種に改良され、
代わりに農薬が使われるようになったのでは、ということです。

今年も古代米の深い赤は、美しいです。


『でくのぼう農園』の新米がマーケットに並ぶのが楽しみです。
弘瀬さん、ありがとうございました!


(ちいざ)

秋のおとずれ

雨が断続的に降った、9/7のマーケット
2週間ぶりの開催で、秋の訪れを感じました。

2013年の新米、登場。
IMGP2384s.jpg
『農楽ファーム』の、“ 南国そだち ”という品種です。
こちらでは、玄米で販売しています。

新しょうがも、登場。
IMGP2372s.jpg
『青木屋』です。

『かざぐるま』では、栗。
IMGP2389s.jpg
秋の味覚、ぞくぞく登場です。

同じお店に、ゴーヤもたくさん盛られていました。
たくさんのすいかを安売りするお店もありました。

秋の訪れを感じつつ、夏の終わりを見届ける。
うれしいけれど切ない様な、なんとも言えない気分です。


9月になって、出店を再開したお店もぞくぞく。
『よつば農園』の母娘、そして、もう一人増えました
IMGP2375s.jpg
出産のためしばらくお休みされていましたが、9月からまた毎週出店されます。

丁寧に育てられた野菜や、はぶ茶、柿茶、どくだみ茶などのお茶も。
温かいお茶が、そろそろ恋しくなる季節です

『パティスリー・ビオ』は、9月からテントを独立し、毎週出店として再開
IMGP2386s.jpg
タルト、パイ、クロワッサン・・・今日も美味しそうです
さっそく、お客様に囲まれていました。

遠巻きに撮影した、遠慮がちな1枚です。

ここ最近お休みだった『桂フーズ』も、この日からまた出店を再開されました。


『よつば農園』『パティスリー・ビオ』『桂フーズ』、
お待ちかねのお客様もきっと多かったはず・・・。
私もその一人ですが、うれしいです

『おねおね』は、最後の出店となりました。
IMGP2395s.jpg
玄米弁当と、しっとりもっちりケーキ。

サービス精神MAXの、歴史に残りそうな玄米弁当です。
やっぱりすごく美味しかった・・・。

『おねおね』のいないマーケットは寂しい。
ですが、また出店再開される日を楽しみに待っています。

長い間、出店お疲れ様でした、ありがとう!


開催時間は9月から、
午前8時~午後2時までに戻りました。


ずいぶん暑さもやわらぎました。
ごゆっくりとおでかけください


(ちいざ)

スマエル

オフの日の強い味方、もう1軒あります。

今週は、高知市南川添にある「べじたぶるはうす スマエル」へも行きました。
IMGP2341s.jpg
高知県産の野菜や果物を中心に取り扱う、八百屋さんです。

並んでいるのは、有機栽培、または、
化学的な農薬・肥料をできるだけ使わずに育てられたもの。
IMGP2339s.jpg
“ ココロとカラダにおいしい八百屋 ”なのです。

いくつかの試食コーナーも魅力的でした
IMGP2337s.jpg
店長の田中淳子さんが、美味しい食べ方を提案してくれます。

新鮮な農産物の他にも、
豆腐や揚げ、ノンホモジナイズ牛乳、天然酵母パン、調味料など、
高知で作られた、選りすぐりの美味しいものが並んでいます。
IMGP2338s.jpg
環境に負荷の少ない洗剤や、コスメもあり

ここにも注目!
IMGP2335s.jpg
高知オーガニックマーケットのパンフレットを置いてくださっています
どうぞ、ご覧ください。

今年3月3日にオープンしたばかりの「スマエル」は、
ちょうど開店から半年を迎えたところです。

高知に素敵なお店ができて、とてもうれしいです。
有機の文化、ますます広がりますように


『べじたぶるはうす スマエル』
場所:高知市南川添23-12
電話:088-856-7988
営業:10:00~19:00
定休:水曜日

お店の前に あります。


(ちいざ)

ハート&ハート

過ごしやすい気候になりましたね
皆さま、いかがお過ごしですか?

8/31、マーケットが空振りになってしまいました。
今週の食材、ちょっとさびしいなー・・・

そんなとき、強い味方となってくれるお店があります。
IMGP2352s.jpg
高知市仲田町にある、ハート&ハートへ行きました。

明るく広々とした店内。
IMGP2349s.jpg
無農薬の農産物、無添加の天然酵母パン、自然食品、
無添加石けんなどの生活用品、絹の靴下、書籍など、
たくさんのアイテムが、ゆとりある空間に並んでいます。

店内で、マーケットの常連のお客様にばったり出会いました。
オフの日に、考えることは同じだったようです

充実の書籍コーナーは、私のわくわくコーナー。
IMGP2346s.jpg
食、料理、健康、農業、自己啓発に関するものまで、
読んでみたいと思う、興味深い本がたくさんです。

高知オーガニックマーケットのパンフレットも置いてくださっています
IMGP2345s.jpg
200円で、なかなか内容もりだくさんと好評です。

おとなりの、「妊婦さん、玄米食ですよ!」が気になり、
予定のない、予習のつもりで買いました。

「ハート&ハートは地域に密着した
 健康情報発信店舗として運営しています。」


と、お店のチラシにある通り、この充実した書籍コーナーからも、
単なるお店というだけではない、ハート&ハートの魅力を感じるのです。

日々のお買い物に、どうぞ足をお運びください


『ハート&ハート』
場所:高知市仲田町8-10
電話:0120-810-823
営業:10:00~18:30
定休:日・祝
WEB:http://www.kochi-heart.co.jp/

お店の前に、7台は置ける駐車場もあります


(ちいざ)

おねおね、おしまい

玄米弁当とヴィーガンキッシュのお店『おねおね』は、
次回9月7日の出店を最後に、しばらくお休みされます。
DSCN9343s.jpg
2012年12月29日の、玄米弁当とキッシュ。

「港の土曜市」オープンから、毎週出店を続けられ、
四季を通じて、旬の素材を使い心をこめて作った、
美味しいごはんやお菓子を提供してくださいました。


『おねおね』ギャラリー。

2013年4月27日。
IMGP1642s.jpg
豆腐レモンクリームサンドのいちごショートケーキ。

2010年9月25日。
DSCN1820_convert_20100928003614.jpg
野菜たっぷり冷製春雨スープ。

2012年9月29日。
DSCN8327s.jpg
栗たっぷりモンブラン。左奥は、黒豆とさつま芋のしっとりケーキ。

2010年10月16日、秋の収穫祭。
DSCN2052_convert_20101018141041.jpg
行列。

2011年2月11日。
DSCN3218_convert_20110212155709.jpg
玄米キッシュ ひじきレンコン。
冬野菜たっぷり玄米クリームシチュー ひよこ豆入り。


9/7、どんなメニューになるかはお楽しみに。
別れを惜しみつつ、最後におねおね致しましょう。

『おねおね』ブログもご覧ください。
http://oneone9.exblog.jp/

9/7は、「おねおねおりょうり本」も無料配布されます!


(ちいざ)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索