PONO

9月から新しく、毎週出店されている
ハワイアンマナヒーヒングのお店『PONO』。

ハワイに古くから伝わるロミロミという方法で、
頭・肩・腰・脚・手のマッサージが受けられます。

マーケットで、ハンドロミ10分を受けて、
眠りそうなくらい、ふわふわに気持ち良くなりました

オフの日に、がっつり眠りたい!と思って、
高知市春野町にあるサロンの予約をしました。

どっしりとした、古民家。
pono.jpg
玄関には、こんなウェルカムボードが!

「ようこそ、○○様、愛をこめて」と
ハワイ語で書いていあります

こっぱずかしい!と叫びながらも、
うれしいサプライズでした。

サロンの入口はこちらです。
DSCN8051s.jpg
ハイビスカスと、ゴーヤのカーテン。

マナロミ60分コースを選びました。

オイルなどは使わない、
服を着たまま受けられるマッサージです。

全身をロミロミしてもらいます。

肩こりの患部には、けっこう効くー!

いったい、今西さんは、
体のどこを使ってロミロミしてくれているのか?!

ああ、気持ちいいなー、
終わらないでー。

・・・
目を閉じたまま、いろんなことを思いながら、
あっというまの1時間でした。

実際眠りに落ちたのは、終わってすぐの5分間。

この眠りが、おどろくほど深く、
5分間の出来事とは思えないほどの気持ち良さでした。

こんなおもてなしも付いていました。
DSCN8048s.jpg
今西さんおすすめの高知市愛宕町にある
『福留菊水堂』の和菓子と、お茶。

話をすることでも、
自分自身の内面が整理されていきます。

話すは、“ 離す ”。


帰り道、車を運転している最中、
体の中心から「生命力のようなもの」が
どんどん湧いてくるのを感じ、おどろきとうれしさに包まれました。

体は温かくなり、不思議で、とてもいい気持ちになりました。


『PONO』はマーケットに毎週出店しています
疲れている方、おすすめです。


(ちいざ)

秋分マーケット

久々に、心安らぐお天気で迎えた9/22のマーケット。

おいしそうな色のかぼちゃをみつけました
DSCN8131s.jpg
『砂地グループ』の岡さんのテントにて。
万次郎かぼちゃ、タテに割った状態で売られていました。

となりには、傷付きのたくましいなす

傷ついたなすは、傷のないなすより
ポリフェノールを多く含み、
その分、抗酸化力も高いのだそうです。

『四万十 谷脇農園』の、新しょうがコーナー。
shoga.jpg
葉付きのまま、ワイルドな姿で飾られていました。

赤丸の部分を、ズーム。
DSCN8136s.jpg
根茎からチューブのように、長くのびた根っこ。

その下にいるのが、タネしょうがです。
新しょうがとは、明らかに色が違います。

土の中で暮らしていたときの様子が、
リアルに伝わります。

酒好きがばれる、今日のコラボ
DSCN8141s.jpg
『桂フーズ』の、ゲソ天に、
『vegetable na style Ristro』の、食べるラー油を。

うまー!
心の中で、のけぞります。

ビールがないときは、
『vegetable na style Ristro』の
黒米のおにぎりをお供に。

秋の彼岸です。
DSCN8121s.jpg
『vegetable na style Ristro』の、おはぎ。
無農薬の玄米もち米と玄米、有機あずき。

ぷちぷちしていて、
市販のおはぎより甘さ控えめ。

お供えするのを忘れて
全部食べてしまうおいしさでした。

『ジョナサン農園』で、素敵な新作をみつけました
DSCN8139s.jpg
四万十大正ひのきの、まっさらな色。
カーブ付きで、料理が取りやすそうです。

色が変わるほど、使い込んで欲しい、と
作り手のジョナサンさん。

この秋、たっぷりと炒めたい人に。
お値段も手頃です

今週も、お試し出店がありました。
DSCN8133s.jpg
タイ古式マッサージのお店。

ベッドに横たわり、
深~いストレッチや、指圧を受けます。

風にのって、ステージから
アコースティックな音色が

屋外でのセラピーが、気持ちの良い季節になりました。
マーケットには、癒しの出店が他にも4軒あります。

タイ古式マッサージのお店は、
現在、出店を検討されています。


暑さ、寒さも、彼岸まで。
また来週も、元気に逢いましょう


(ちいざ)

秋がよっちょれ

事務局の粘り勝ちで、晴れて迎えた9/15のマーケット

新しょうが、登場です
DSCN8076s.jpg
ばっこーーん!
『四万十 谷脇農園』。

『でくのぼう農園』でも、新しょうが、新いもが登場
DSCN8062s.jpg
なす、きゅうり、ピーマン、ししとう、オクラ、かぼちゃ。
ずっしり!1000円の夏野菜セットです。

お試し出店もありました  『よつば農園』です。
DSCN8067s.jpg
きゅうり、ゴーヤ、玉ねぎ、なす、ニラ、りゅうきゅう、かぼちゃ・・・
母娘で営む、有機の農園から。

10月から、毎週出店されることになりました!
これからも、よろしくお願いします。

「なんですかコレ!?」・・・思わず『しまんと403』にて。
DSCN8077s.jpg
「欲しい方は、ご自由にお持ち帰りください。」
オクラの種です。

野菜の種は、こんな風にして受け継がれていくのです。
自分で種を採ったら、買わなくてすみますね。

今日のごはん。
DSCN8080s.jpg
『おねおね』の、玄米キッシュ・トマトカレー味。
ごぼう、れんこん、カシューナッツ入りで、シャキ感あり。
ぎっしりつまった、ジューシーなカレー玄米が好き~

『フルヤジ オーガニックス』の、季節のピザ。
自家産の野菜、ハーブ、小麦粉を使っています。
たっぷり野菜にチーズ、ふかふか生地が好き~

ドリンクは『フルヤジ オーガニックス』の、豆乳ラッシー・ゆず。
ああ、しあわせ。

今日のおやつ。
DSCN8084s.jpg
『ザイオンバレーファーム』のかき氷・ジャンジャーシロップ。
大人のスパイシーかき氷です、おいしい。

蒸し暑かった、この日。
「今年最後のかき氷日和になるかもね」とザイオンさん。

左のどすこい新生姜は、『でくのぼう農園』です。
秋が「よっちょれ」。

次の日のおやつ。日曜に食べました。
DSCN8092s.jpg
『drie』の新作、レモンのスコーン。
ふんわりとやさしくレモンが香ります
またお気に入りが増えました。

『果鳥風月』のレモンを使っています。
DSCN8079s.jpg
『茶々香』の “ 柑橘ミックス ” 添えで、うれしさUP

明日は、どんな素敵な出会いがあるか、楽しみです
気持ちの良い、秋の気候になりそうです。


(ちいざ)

価値観いろいろ

高知新聞の投書欄「声ひろば」に、マーケットの話題が出ていました。
ご紹介します。

tosho.jpg

-------------------------------------------------------------

安心、安全のお代

森田 紫乃 34 自営業

私はほぼ毎週、
高知市池のオーガニックマーケットへ行って、
1週間分の野菜を買う。

友人にその話をすると、
「あそこ高いやん。金持ちやねぇ」と言われた。

確かに安いスーパーに行けば
半額くらいで買えるものもある。

うちは、夫は団体職員で私はしがない自営業。
決して裕福な家じゃない。

だけれど、私が払っているのは、
野菜代だけではない。

それについてくる安心や安全、
生産者の人たちの手間に対する付加価値だ。

家でも少々の野菜を祖母が手間暇かけて作る。
その姿も見えるから、やっぱりおいしい。

それぞれの家計の事情、価値観、
いろいろあると思うから、
一概に何がいいとは言えないけれど、

やはりせっかく食べるなら、
丁寧に作られた生命をおいしく食べたいと思う。

コンビニ弁当一つ買うお金で、
マーケットの「お野菜セット」が買えるなら、

私はそっちを選びたいと思うし、
その野菜で家族にごはんを作りたい。

-------------------------------------------------------------
以上が、投書のご紹介です。

「生活市」として、このマーケットに
足を運んでくださっていることが伝わり、
「わが意を得たり」と、とてもうれしく思います。

また、オーガニックマーケットで買い物をすることで、
自らの価値観を表明されています。

このマーケットが、
単に物を売り買いする場にとどまらず、

設立の趣旨にある通りの、
「有機の文化を醸し出していく場」にもなっている!

うれしくなる投書でした。


ところで・・・

オーガニック = 高い!
というイメージを持っていらっしゃる皆様。

例えば、
DSCN4400s.jpg
8月の夏野菜セット、1かご350円です。

例えば、
DSCN8064s.jpg
9月の野菜セット、1かご800円です。(新しょうが・新いも、出ました!)
ともに『でくのぼう農園』より。

いかがでしょうか?高い?安い?
感じ方は人それぞれ、ですが、

私には、一般のスーパーと比較しても、
そう変わらないのでは?・・・と感じられます。
安すぎると感じるときさえあります。

“ 安さ ”が売りのマーケットではないのですが、

もし“ お高い ”イメージがネックで
足が向かない方がいらっしゃったら、

こんなにもったいないことはない!
と思い、一例を紹介させていただきました。

庶民の私が思います。

オーガニックマーケットでは、
生命力があって、新鮮でおいしい野菜が、

手頃な「生活市」価格で手に入る!

また、生産者の顔を見て、話をして、
野菜や畑のストーリーなどもうかがうと、
野菜がますますおいしく感じられます。

その“ 人 ”を信頼して買うことが、
何よりの“ 安心・安全 ”になっています。


(ちいざ)

無事に開催できました。

昨夜は、高知地方に一時「大雨、洪水警報」が発令され、開催できるかどうか本当に気をもみました。

ぎりぎりまで中止の決定を延ばしました。

一夜明けると、予報は大きく外れ、晴れて風もなく、無事に通常どうり開催することが出来ました。


IMGP1066.jpg



台風16号の影響による悪天候の予報にもかかわらず、県外からもたくさんのお客様が来て

マーケットを楽しんでおられました。


この出席ボードも、最近は雨続きで、濡れて無残な姿をさらすことが多かったのですが、

今日はしっかり、役目を果たしました。


それにしてもこの出席ボード、

ほんとに不思議です。

ただ置いているだけで、何の説明もないのに、毎回、皆さん勝手に

自分がどこから来たか記入してくださいます。

「高知オーガニックマーケット」に来られる方は、

ほんとに察しがよく、しかものりのいい、お客様が多いようです。


          (モンペネコ)

今日の土曜市の開催について

今日の土曜市は通常どうり開催します。

足元が悪いと思いますが、どうぞ気をつけてお越し下さい。

ワンダフル茶々香

実りの『茶々香』(ささか)。
DSCN8001s.jpg
手作りジャム&スプレッド、種類が増えています

ここ最近の新作は、「カカオ×きうい」や「ブルーベリー」。
DSCN8007s.jpg
ブルーベリージャムのラベルに、気になる文字が。
“ ワンダーランド浅井 ”。

聞いてみると、ブルーベリーの作り手が
浅井さんという方なのだそうです。

愛媛の山奥で自然農を営み、
ほぼ自給自足の生活をしている浅井さんへ、
尊敬と親しみをこめた敬称のようです。

興味津津で、試食を
酸味プラスで、甘すぎない、いいお味です

『茶々香』おすすめのカップリングはこちら
DSCN8006s.jpg
玉ねぎ×トマト。

材料の玉ねぎは、自家産。
トマトは『しまんと403』のトマト。

両スプレッドを玉ねぎクラッカーにのせ、
試食させていただきました

ん~~~はめられた!
3点セットで買いました。

家でたっぷり堪能するため、『木もれび庵』へ。
スプレッドを味わうのにおすすめのパンを聞きました。

ノンシュガー・ノンオイルでシンプルなカンパーニュ。
pan.jpg
トマト×玉ねぎ=ミートソース(ミートなし)
赤×白=運動会

とまらない、
ワンダフルなおいしさです。

ところで『木もれび庵』は、
愛媛から毎週出店しています。

くしくも、この日、前述のワンダーランド浅井さんが、
『木もれび庵』さんと一緒にマーケットに来場されていると聞き、
ご本人ともお話してみました。

このマーケットを、おもしろくて将来性があると、
ほめてくださいました


(ちいざ)

第5回 秋の収穫祭

img033.jpg




今年で5回目となる秋の収穫祭が近づきました。

港で2回、池で3回目です。

雨の多い、苦しい夏を乗り越えて、楽しい実りの秋にふさわしい好天になることを祈ります。




            「もんぺねこ」

捨てないでっ

9/8の池公園、捨て猫がありました。
neko.jpg
首の札「このネコ もらって下さい」は、
事務局がつけました。

自分で歩いて、飼い主を探します。
DSCN8010s.jpg
『桂フーズ』が好きです。


捨て猫は、今回がはじめてではありません。
動物を池公園に捨てないでっ。


(ちいざ)

端境期をタノシム

9/8、降ったりやんだり、落ち着きのない天気です

≪正真正銘、高知で今、採れるもの≫が、おいしそうに並んでいます。
DSCN8024s.jpg
『果鳥風月』のぶしゅ柑。
高知では、この丸ぶしゅ柑が、ポピュラーです。

上品なすっきりとした香り。
たっぷりしぼって、魚との相性、抜群!

『しまんと403』では、秋みょうがが出ました
DSCN8017s.jpg
ぷっくぷくに肥えてます!

試食で “ みょうが炒め ”をいただきました
調味料は、なたね油と天日塩だけ。

おいしい!
炒めたみょうががこんなにウマイとは。

素材がいいと、シンプルがいい
を実感して連れて帰りました。

『かざぐるま』では、先週から栗が登場
DSCN8016s.jpg
誰もが認める、国民的秋の味覚です

こちらも ≪正真正銘、高知で今、採れるもの≫。
DSCN7995s.jpg
『でくのぼう農園』の “ 生き残りの ” 夏野菜セット。
農産物の端境期といわれる今、夏と秋が共存しています。

ぐっと秋めいた、今日のおやつ。
DSCN8033s.jpg
左:『tuturu』のお芋のケーキ。
右:『フルヤジ オーガニックス』のかぼちゃココナッツタルト。

『フルヤジ オーガニックス』の
かぼちゃ、小麦粉、米粉は自家産です。

『tuturu』は、有機さつまいも、高知県産米粉を使用。
ラム酒も入って、大人の味です。

『はなればなれ珈琲』のコーヒーはアイス。
蒸し暑い1日、ここでも夏が居残り。

酔いしれました。

うれしいニュース
『フルヤジ オーガニックス』は、毎週出店になりました!


個人的には、こんなに味覚がそろっていて、
オーガニックマーケットに来て
がっかりするなんてことは、ひとつもありません

今、食べごろのかぼちゃも続々と登場しています
季節の移り変わりを、お楽しみください。


(ちいざ)

野菜の少ない季節です。

高知オーガニックマーケットでは加温ハウス栽培のものは販売しませんし、

高知県内の出店者自らが作った野菜しか販売しませんので、

この季節は、本当に淋しいマーケットとなります。

オーガニックマーケットのメインはやはり農産物ですので、お客様にはがっかりさせてしまうかもしれません。

あるものといえば、生き残りのわずかな夏野菜、ピーマン、にがうり、なす、ししとう、きゅうり、と、かぼちゃや、

とうがんなど。

まだ掘るのは早い、(もっと大きくなる)イモ類を無理に掘ってくる出店者もいるかもしれません。

このところの長雨で(高知では8月は雨の降る日が21日もあったんです。)

畑仕事も思うに任せず、稲も刈れず、

農産物出店者にはとても厳しい季節です。

美味しくて 新鮮な野菜を山と積んで、みなさまをおむかえしたいところですが、

この事情をお汲み取りくださって、どうぞあるもので上手に料理してください。

ここに今売っているものが、正真正銘、高知で今、採れるものなのです。、




                 「もんぺねこ」

悪天候ですが

 今日、9月8日は、予報ではかなりの悪天候のようですが、


  通常どうりの開催を目指したいと思います。


            「高知オーガニックマーケット事務局」


古代米の田んぼ

『でくのぼう農園』の古代米の田んぼ。
DSCN7973s.jpg
今が見ごろと聞いて、さっそくお邪魔しました

ズームアップ
DSCN7980s.jpg
ノギの色が、鮮烈なレッド。
なんとも言えない美しさ。

この赤米の由来を、弘瀬さんに聞いてみました。

「京都の日本海側、天橋立のところにある籠神社に伝わる御神米です。
 福岡にいるときに、川口由一さんの自然農グループから種を分けてもらい、
 高知にUターンすると同時に栽培を始めました。」

神に捧げるお米だったとは・・・納得です。

蜘蛛の巣がはっています。これは、自然農の証。
蜘蛛は、害虫を食べてくれます。農薬は、益虫まで殺してしまいます。
DSCN7974s.jpg
ノギが長いのは、虫を避けるのに有効なんだそうです。

しかし、機械化には不向きで扱いにくいため、
栽培されなくなったのと同時に、

ノギのない品種に品種改良され、
代わりに農薬が使われるようになったのでは、ということです。

これは、なんでしょう?
DSCN7740s.jpg
答えは、「千歯扱き(せんばこき)」。
歴史の時間に習った、日本古来からの脱穀用農具です。
『でくのぼう農園』では、これを、種を取るときに使うそうです。



古代米がマーケットに登場するのは、
今月の末か、来月の初めころになる予定。

「≪新米がとれました≫と書いて、
初めて古代米を店に並べる秋の日、嬉しい日です。」
(弘瀬さん)

秋のよろこび、楽しみに待っています。


古代米の田んぼの見学を希望される方は、
 事務局088-840-6260まで、ご連絡ください。

朝早いうちか、夕暮れどきが、おすすめだそうです


(ちいざ)

ウキウキ秋

秋ですね、雨季ですね。

9/1のマーケット。
DSCN7960s.jpg
『平井茜』のすだちに魅かれます。
焼きさんま、焼きなす、焼ききのこ・・・

ぶしゅっと搾って、初秋の香り
豆腐にすだち醤油で、おいしくいただきました。

『平井茜』は、『のぼる農園』のテントから一人立ち。
この日は、独立記念日でした

『英農園』には、バターナッツというかぼちゃ。
DSCN7966s.jpg
ポタージュスープにするのが、おすすめです。
「バター+ナッツ」という、その名の由来が分かるはず。

見た目からして、もう秋です

飲みたい珈琲も、アイスからホットに切り変わりました。
事務局テントの目の前にある、『珈琲屋 のんちゃん』で。
DSCN7964s.jpg
雨はどしゃぶり、身動きとれず。
事務局テントで、ほぅ とイップク

しあわせが、静かに体を駆け、
じんと包まれます。

『らくだ屋』のシナモンロール。
『drie』のブルーベリーとクルミのケーキ。

ブルーベリーとクルミのケーキは、
『和豆屋』のブル―ベリー、『ぴくにっく』の米粉を使っています。

『drie』はマーケットの食材を使って、
おいしく楽しく“ 小さな経済 ”を実践しています

雨の日の風景も、いつもとは違う趣き。
DSCN7954s.jpg
『コトコト』の小窓で、異国のストリートのようです

雨がじゃんじゃん、降れば降るほど、
ウキウキしてくるのは、きっと私だけではないはず

でも、お客様は少なく、
出店者は頬杖をついています。

子ども服の交換会も、中止。
新聞バッグレンタルも初日なのに、この雨では・・・

次回は晴れて、ウキウキ秋を満喫したいです。


(ちいざ)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索