FC2ブログ
みなさまの暖かい支持のおかげで、

「高知オーガニックマーケット」は、今年も無事に開催することが出来ました。

最終日の12月24日には、毎年恒例の一本締めをしました。

IMGP0983s.jpg

今年はじめには、「港への移転問題」が浮上しましたが、

高知オーガニックマーケットは来年もここ「池公園」で開催いたします。

出店者一同ますます努力して参りますので、

土曜日は「池公園」へお越し下さいますよう、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

<モンペネコ>
今日のマーケット | コメント(0) | トラックバック(0)

フィナーレ増刊号

2011/12/28 Wed 21:17

12/24、2011年ラスト・マーケット

クリスマスと年末のダブル効果で、にぎわいも通常よりボリュームアップ!

ブログも増刊号でお届けします。

『でくのぼう農園』のしめなわ。
DSCN5834s.jpg
色・形・香り、すべてが美しいしめなわに、橙、ユズリハなどのシンプルな飾り付け。
すがすがしく、気持ちがひきしまります。

先週のしめなわ教室の様子はこちら!
http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-403.html

12/29・30・31、毎年恒例の「高知市 しめなわ市」にも出店します。
場所は、高知市追手筋 土佐女子高校前。

どう見ても、美味しそうな鏡餅・・・
DSCN5869s.jpg
実は、手作り石けん『くーぷ』の “おかがみくーぷ” です。
昨年より、リアルさグレードアップ!
保湿成分たっぷりのおもちを全身で味わって、お肌もちもち

『桜農園』の門松。今年も美しく。
DSCN5893s.jpg
松、南天、稲穂、梅などが、センスよく、めでたく満載
梅のつぼみが花開くまで、時間をかけて楽しめる風流な門松です。

お正月の縁起物、南天や千両もあちこちで見かけました。
DSCN5883s.jpg
この日いちばん南天の似合っていた、南天BOY
おもしろいもの探しに、また遊びにきてね。

魅力的な冬野菜もたくさん。『和豆屋』のキャベツ。
DSCN5872s.jpg
紫キャベツは、中身がつまって美しいミルフィーユ状に。
断面での魅せ方、さすがです

白い肌のまぶしい長ネギは、『平井 茜』より。本名が屋号です。
DSCN5890s.jpg
見た目通りの美味しさで、じんわり冬をかみしめました

『しまんと403』では、あんのう芋の焼きいも。
DSCN5889s.jpg

IMGP0973s.jpg
濃い栗色、甘くておいしいです。のどにもクリーミー。

『真美農山 北村自然農園』からは、お米が届きました。
DSCN5895s.jpg
寒暖の差が激しい、標高450mの嶺北の棚田育ち。
手をあわせたいような、うやうやしい気持ちになります。

昨年、応援団ツアーで訪れた『真美農山 北村自然農園』の様子はこちら!
http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-215.html

X'masメニューも見逃せません。
『うみぱんとあいたる屋』の特製デミグラスシチューセット。
DSCN5864s.jpg
かぶ、にんじん、たまねぎ、じゃがいも・・・
ごろごろ野菜のシチューには、野菜のだしが溶け出し、
野菜にはデミグラス味が染み込み、うまみが渾然一体!
薪ストーブでじっくり仕込んだ、素材を生かし切った深うまシチューに出会いました。

自家製酵母の全粒粉パンと、温野菜のオリーブオイル漬けもおいしく、
満足度パーフェクトな、冬のごちそうセットでした

『むかごや』のクリスマスのパン。
DSCN5840s.jpg
ナッツやフルーツがたくさん入ったこれまたごちそうパン。

『荒物屋』の個性的なみつろうろうそく。
DSCN5845s.jpg
赤い色は、日本画のオーガニック顔料なのだそうです。

料理がぐっと楽しく、もっとおいしくなりそうな、味わいのある木のシリーズ。
DSCN5847s.jpg
このお玉は右利き用に、角度がついています。
機能性とデザイン性が仲良く共存。

こちらは前回お試し出店をされ、この日から新出店の『Raccommoder-peu-』。
DSCN5873s.jpg
フランス語の屋号をカタカナにすると、『ラコモデ・プー』です。
【プー】は「少し」という意味。

時間をかけて、大切に少しずつ手作りされる、柿渋染めの布雑貨たちが並んでいました。
ブックカバー、小物入れ、鍋敷き、バッグ・・・

媒染液の種類などにより、色合い、風合いも様々。
見ていて飽きず、お店の前からなかなか離れられません。


2011年もオーガニックマーケットで、素敵なものにたくさん出会えました。
DSCN5826s.jpg
早朝の池公園、しゃがんでみつけたホワイトX'mas
きれいな霜降りの草や木の葉、早起きのごほうびに思えました。

来年の初売りは、1月7日です。
新聞バッグの福袋も、9時から数量限定で販売します。

きれいな霜がとけないうちに、お早めにお越しください。

今年もありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願い申し上げます。


(ちいざ)

今日のマーケット | コメント(0) | トラックバック(0)

しめなわ教室2011

2011/12/22 Thu 22:50

12/17、『でくのぼう農園』のしめなわ教室が開かれました!
DSCN5780s.jpg
今年も晴天。8人のお客様が参加されました。

『でくのぼう農園』のご主人(以下、師匠)の作ったしめなわです。 美しい!
DSCN5788s.jpg
今年は、こちらの3種のしめ飾りを作りました。

まずは2種類を、お弟子さんのF氏と一緒に作ります。
DSCN5763s.jpg
しめなわ歴約5年の、若きわらテクニシャン。
手慣れたわらさばきは、見ている人をちょっと気持ちよくさせます。

水の神様と火の神様におそなえする「輪じめ」。
DSCN5767s.jpg
わらをなって5本できたら、束ねて、形をととのえます。

しめなわ作りは、今年2回目となる私。
最初の「輪じめ」はなんと、苦労もなくできました!
DSCN5768s.jpg
左がF氏、右が私。繊細さと大胆さ。

「性格やからね」とF氏。見事な分析です。

それにしても、昨年のしめなわ教室参加から、1年のブランクがあるというのに、
わらをなうという手作業を、体がすぐに思いだしてくれたことはうれしい驚きでした。

次は、丸い輪っかのしめ飾り
DSCN5771s.jpg
わらを3等分して、左右の束を同じようになって、

合体!
DSCN5776s.jpg
最後に真ん中の束をなって、巻きつけます。

年末年始に関わらず、ずっと飾っておきたくなるかわいい和リースが完成しました。
ここまでは昨年に比べると、進歩もあり上出来

さあ、今年は大サイズにも挑戦!
DSCN5750s.jpg

昨年は上級者だけが作っていたのですが、
今年は参加された方のしめなわセンスが素晴らしかったのか、
なんと全員が、もれなく大サイズに挑戦されていました。

太くするため、あるものを仕込みます。
DSCN5751s.jpg
こ、これは・・・高度な技術を要します・・・

ここでいよいよ、師匠の登場!
DSCN5747s.jpg
持ち方はこう!

実演はこう!
DSCN5752s.jpg
しめなわ歴、推定50年近く。力強く、かつ繊細なわらさばき。
圧倒的に美しいわらテクに、もう何もかも、どうでも良くなってしまいました。


♪縦のわらはあなた 横のわらは私

織りなすなわは いつか誰かを 温めうるかもしれない    中島みゆ奇 『わら』


、中島みゆき「糸」の、でくのぼう農園の弘瀬夫妻バージョンを心で口ずさみ、
DSCN5755s.jpg
ようやく完成したのは、上の愉快なしめなわです。

「アートやね」とやさしく師匠。

しかし目が笑っていなかったような気がしたりして
きっと気持ちが入っていなかったことがバレたのです。

こちらの素敵な3人に免じて、許して下さい。

ご家族で参加され、大サイズもきれいに仕上げておられました!
しめなわ作りは初めて、とのこと。おみごと!
DSCN5756s.jpg
「かわいい~ 」 「自分で作ると愛着がわくね」 と
若い女の子たちが楽しそうに話しているのを見て、とてもうれしくなりました。

上のコメントには、全く同感です。
教われば、だれでも自分で、素敵なしめなわを手作りできるのです。

しめなわ文化については、以前のブログ記事もどうぞご覧ください。

◆高知のしめなわ文化→http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-248.html
◆しめなわ教室2010→http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-249.html
◆しめなわ教室2009→http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-105.html

次回は、今年のマーケット最終日。
DSCN5786s.jpg
師匠の気持ちの入った、本物の美しいしめなわの販売もあります。

どうぞ温かくして、お早めにお越しください。


(ちいざ)
しめなわ教室 | コメント(0) | トラックバック(0)

新年会のおしらせ

2011/12/20 Tue 20:11

オーガニックマーケット新年会のおしらせ

初売りの1/7土曜の夜に、新春の宴をひらきます

参加できるのは、応援団のお客様と、マーケット出店者・スタッフだけ。

こんな交流会に参加できるのも、応援団だけのうれしい特典のひとつです

------------------------------------------------------------------

オーガニックマーケット新年会

日時:1月7日(土) 19:00~
場所:多国籍料理 SO-AN
会費:2500円 (飲み物代別)

飲み物はSO-ANにもご用意していますし、持参もOKです。

【多国籍料理 SO-AN】
場所:高知市宗安寺844-4
TEL:088-844-6848

美味しいお料理と一緒に、楽しいひとときを過ごしましょう

参加ご希望の応援団、出店者の皆様は、

1月5日までに、宴の幹事 『おねおね畑』 までお知らせください。

マーケットがお休みの間や、連絡が取れない場合は、

応援団長でもある、手作り石けんの『くーぷ』や、事務局までご連絡ください。

定員がありますので、お早めにお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------

オーガニックマーケット応援団とは・・・?

オーガニックマーケットの趣旨に賛同し、
マーケットをお客様の立場からサポートしてくださる方々によって結成される
2009年度からスタートした会費制の応援団です。

団員資格は、「高知オーガニックマーケット大好き!」。

団員№入りのオリジナルエコバッグがもらえたり、
出店者との楽しい交流企画への案内状が届いたりします。

●応援団について、詳しくは、池公園の土曜市WEBサイトの「応援団」のページをご覧ください。
http://kochiom.web.fc2.com/sanjokaiin.html

●オーガニックマーケットの趣旨は、「ご案内」のページでご覧いただけます。
http://kochiom.web.fc2.com/info.html#setsuritsu


(ちいざ)
応援団 | コメント(0) | トラックバック(0)

1月の生活イベント!

2011/12/18 Sun 22:17

来年1月の生活イベントをご案内します


自分で作ろう 布ナプキン
―生理を通して、体の声をききましょう―

日時:2012年1月21日(土) 10:00~ 1時間程度
参加費:1000円 (布ナプキンキット代 込み)
持ち物:ぬい針、はさみ
定員:10名様 (先着順です)
DSCN5635s.jpg

講師は 『tsumugi 紬』の、まつのぶのりこさん。
ナプキンや生理についてのお話を聞きながら、布ナプキンを作るワークショップです

●布ナプキンって、興味はあるけど、どうやって使うの?
●初めはいろいろ不安もあるなぁ・・・
●ちょっとめんどくさそう・・・

そんな方には、布ナプのいろはを学べる、入門編としておすすめです
もちろん、布ナプをすでに使っている先輩方の参加も、お待ちしています !
みんなでちくちくしながら、ゆっくりお話しましょう

材料は、とてもさわり心地の良い、無漂白の白綿ネル地。(上の写真)
夏はむれにくく、冬はあったか。
体から、素直な歓びの声が聞こえてきます。

布ナプキンは洗って繰り返し使えるので、かさばるゴミも出ず、
使い捨てナプキンを買うより、結果的に経済的というメリットも。

でも、使い続けていて何よりもうれしいのは、
自分の体や心が心地よく変化していくのを感じることです。
もう元には戻れません。

ワークショップは屋外での開催なので、
あんか、湯たんぽなども連れて、温かい服装でご参加ください


(ちいざ)
イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »