来年も池公園で会いましょう。

みなさまの暖かい支持のおかげで、

「高知オーガニックマーケット」は、今年も無事に開催することが出来ました。

最終日の12月24日には、毎年恒例の一本締めをしました。

IMGP0983s.jpg

今年はじめには、「港への移転問題」が浮上しましたが、

高知オーガニックマーケットは来年もここ「池公園」で開催いたします。

出店者一同ますます努力して参りますので、

土曜日は「池公園」へお越し下さいますよう、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

<モンペネコ>

フィナーレ増刊号

12/24、2011年ラスト・マーケット

クリスマスと年末のダブル効果で、にぎわいも通常よりボリュームアップ!

ブログも増刊号でお届けします。

『でくのぼう農園』のしめなわ。
DSCN5834s.jpg
色・形・香り、すべてが美しいしめなわに、橙、ユズリハなどのシンプルな飾り付け。
すがすがしく、気持ちがひきしまります。

先週のしめなわ教室の様子はこちら!
http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-403.html

12/29・30・31、毎年恒例の「高知市 しめなわ市」にも出店します。
場所は、高知市追手筋 土佐女子高校前。

どう見ても、美味しそうな鏡餅・・・
DSCN5869s.jpg
実は、手作り石けん『くーぷ』の “おかがみくーぷ” です。
昨年より、リアルさグレードアップ!
保湿成分たっぷりのおもちを全身で味わって、お肌もちもち

『桜農園』の門松。今年も美しく。
DSCN5893s.jpg
松、南天、稲穂、梅などが、センスよく、めでたく満載
梅のつぼみが花開くまで、時間をかけて楽しめる風流な門松です。

お正月の縁起物、南天や千両もあちこちで見かけました。
DSCN5883s.jpg
この日いちばん南天の似合っていた、南天BOY
おもしろいもの探しに、また遊びにきてね。

魅力的な冬野菜もたくさん。『和豆屋』のキャベツ。
DSCN5872s.jpg
紫キャベツは、中身がつまって美しいミルフィーユ状に。
断面での魅せ方、さすがです

白い肌のまぶしい長ネギは、『平井 茜』より。本名が屋号です。
DSCN5890s.jpg
見た目通りの美味しさで、じんわり冬をかみしめました

『しまんと403』では、あんのう芋の焼きいも。
DSCN5889s.jpg

IMGP0973s.jpg
濃い栗色、甘くておいしいです。のどにもクリーミー。

『真美農山 北村自然農園』からは、お米が届きました。
DSCN5895s.jpg
寒暖の差が激しい、標高450mの嶺北の棚田育ち。
手をあわせたいような、うやうやしい気持ちになります。

昨年、応援団ツアーで訪れた『真美農山 北村自然農園』の様子はこちら!
http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-215.html

X'masメニューも見逃せません。
『うみぱんとあいたる屋』の特製デミグラスシチューセット。
DSCN5864s.jpg
かぶ、にんじん、たまねぎ、じゃがいも・・・
ごろごろ野菜のシチューには、野菜のだしが溶け出し、
野菜にはデミグラス味が染み込み、うまみが渾然一体!
薪ストーブでじっくり仕込んだ、素材を生かし切った深うまシチューに出会いました。

自家製酵母の全粒粉パンと、温野菜のオリーブオイル漬けもおいしく、
満足度パーフェクトな、冬のごちそうセットでした

『むかごや』のクリスマスのパン。
DSCN5840s.jpg
ナッツやフルーツがたくさん入ったこれまたごちそうパン。

『荒物屋』の個性的なみつろうろうそく。
DSCN5845s.jpg
赤い色は、日本画のオーガニック顔料なのだそうです。

料理がぐっと楽しく、もっとおいしくなりそうな、味わいのある木のシリーズ。
DSCN5847s.jpg
このお玉は右利き用に、角度がついています。
機能性とデザイン性が仲良く共存。

こちらは前回お試し出店をされ、この日から新出店の『Raccommoder-peu-』。
DSCN5873s.jpg
フランス語の屋号をカタカナにすると、『ラコモデ・プー』です。
【プー】は「少し」という意味。

時間をかけて、大切に少しずつ手作りされる、柿渋染めの布雑貨たちが並んでいました。
ブックカバー、小物入れ、鍋敷き、バッグ・・・

媒染液の種類などにより、色合い、風合いも様々。
見ていて飽きず、お店の前からなかなか離れられません。


2011年もオーガニックマーケットで、素敵なものにたくさん出会えました。
DSCN5826s.jpg
早朝の池公園、しゃがんでみつけたホワイトX'mas
きれいな霜降りの草や木の葉、早起きのごほうびに思えました。

来年の初売りは、1月7日です。
新聞バッグの福袋も、9時から数量限定で販売します。

きれいな霜がとけないうちに、お早めにお越しください。

今年もありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願い申し上げます。


(ちいざ)

しめなわ教室2011

12/17、『でくのぼう農園』のしめなわ教室が開かれました!
DSCN5780s.jpg
今年も晴天。8人のお客様が参加されました。

『でくのぼう農園』のご主人(以下、師匠)の作ったしめなわです。 美しい!
DSCN5788s.jpg
今年は、こちらの3種のしめ飾りを作りました。

まずは2種類を、お弟子さんのF氏と一緒に作ります。
DSCN5763s.jpg
しめなわ歴約5年の、若きわらテクニシャン。
手慣れたわらさばきは、見ている人をちょっと気持ちよくさせます。

水の神様と火の神様におそなえする「輪じめ」。
DSCN5767s.jpg
わらをなって5本できたら、束ねて、形をととのえます。

しめなわ作りは、今年2回目となる私。
最初の「輪じめ」はなんと、苦労もなくできました!
DSCN5768s.jpg
左がF氏、右が私。繊細さと大胆さ。

「性格やからね」とF氏。見事な分析です。

それにしても、昨年のしめなわ教室参加から、1年のブランクがあるというのに、
わらをなうという手作業を、体がすぐに思いだしてくれたことはうれしい驚きでした。

次は、丸い輪っかのしめ飾り
DSCN5771s.jpg
わらを3等分して、左右の束を同じようになって、

合体!
DSCN5776s.jpg
最後に真ん中の束をなって、巻きつけます。

年末年始に関わらず、ずっと飾っておきたくなるかわいい和リースが完成しました。
ここまでは昨年に比べると、進歩もあり上出来

さあ、今年は大サイズにも挑戦!
DSCN5750s.jpg

昨年は上級者だけが作っていたのですが、
今年は参加された方のしめなわセンスが素晴らしかったのか、
なんと全員が、もれなく大サイズに挑戦されていました。

太くするため、あるものを仕込みます。
DSCN5751s.jpg
こ、これは・・・高度な技術を要します・・・

ここでいよいよ、師匠の登場!
DSCN5747s.jpg
持ち方はこう!

実演はこう!
DSCN5752s.jpg
しめなわ歴、推定50年近く。力強く、かつ繊細なわらさばき。
圧倒的に美しいわらテクに、もう何もかも、どうでも良くなってしまいました。


♪縦のわらはあなた 横のわらは私

織りなすなわは いつか誰かを 温めうるかもしれない    中島みゆ奇 『わら』


、中島みゆき「糸」の、でくのぼう農園の弘瀬夫妻バージョンを心で口ずさみ、
DSCN5755s.jpg
ようやく完成したのは、上の愉快なしめなわです。

「アートやね」とやさしく師匠。

しかし目が笑っていなかったような気がしたりして
きっと気持ちが入っていなかったことがバレたのです。

こちらの素敵な3人に免じて、許して下さい。

ご家族で参加され、大サイズもきれいに仕上げておられました!
しめなわ作りは初めて、とのこと。おみごと!
DSCN5756s.jpg
「かわいい~ 」 「自分で作ると愛着がわくね」 と
若い女の子たちが楽しそうに話しているのを見て、とてもうれしくなりました。

上のコメントには、全く同感です。
教われば、だれでも自分で、素敵なしめなわを手作りできるのです。

しめなわ文化については、以前のブログ記事もどうぞご覧ください。

◆高知のしめなわ文化→http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-248.html
◆しめなわ教室2010→http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-249.html
◆しめなわ教室2009→http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-105.html

次回は、今年のマーケット最終日。
DSCN5786s.jpg
師匠の気持ちの入った、本物の美しいしめなわの販売もあります。

どうぞ温かくして、お早めにお越しください。


(ちいざ)

新年会のおしらせ

オーガニックマーケット新年会のおしらせ

初売りの1/7土曜の夜に、新春の宴をひらきます

参加できるのは、応援団のお客様と、マーケット出店者・スタッフだけ。

こんな交流会に参加できるのも、応援団だけのうれしい特典のひとつです

------------------------------------------------------------------

オーガニックマーケット新年会

日時:1月7日(土) 19:00~
場所:多国籍料理 SO-AN
会費:2500円 (飲み物代別)

飲み物はSO-ANにもご用意していますし、持参もOKです。

【多国籍料理 SO-AN】
場所:高知市宗安寺844-4
TEL:088-844-6848

美味しいお料理と一緒に、楽しいひとときを過ごしましょう

参加ご希望の応援団、出店者の皆様は、

1月5日までに、宴の幹事 『おねおね畑』 までお知らせください。

マーケットがお休みの間や、連絡が取れない場合は、

応援団長でもある、手作り石けんの『くーぷ』や、事務局までご連絡ください。

定員がありますので、お早めにお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------

オーガニックマーケット応援団とは・・・?

オーガニックマーケットの趣旨に賛同し、
マーケットをお客様の立場からサポートしてくださる方々によって結成される
2009年度からスタートした会費制の応援団です。

団員資格は、「高知オーガニックマーケット大好き!」。

団員№入りのオリジナルエコバッグがもらえたり、
出店者との楽しい交流企画への案内状が届いたりします。

●応援団について、詳しくは、池公園の土曜市WEBサイトの「応援団」のページをご覧ください。
http://kochiom.web.fc2.com/sanjokaiin.html

●オーガニックマーケットの趣旨は、「ご案内」のページでご覧いただけます。
http://kochiom.web.fc2.com/info.html#setsuritsu


(ちいざ)

1月の生活イベント!

来年1月の生活イベントをご案内します


自分で作ろう 布ナプキン
―生理を通して、体の声をききましょう―

日時:2012年1月21日(土) 10:00~ 1時間程度
参加費:1000円 (布ナプキンキット代 込み)
持ち物:ぬい針、はさみ
定員:10名様 (先着順です)
DSCN5635s.jpg

講師は 『tsumugi 紬』の、まつのぶのりこさん。
ナプキンや生理についてのお話を聞きながら、布ナプキンを作るワークショップです

●布ナプキンって、興味はあるけど、どうやって使うの?
●初めはいろいろ不安もあるなぁ・・・
●ちょっとめんどくさそう・・・

そんな方には、布ナプのいろはを学べる、入門編としておすすめです
もちろん、布ナプをすでに使っている先輩方の参加も、お待ちしています !
みんなでちくちくしながら、ゆっくりお話しましょう

材料は、とてもさわり心地の良い、無漂白の白綿ネル地。(上の写真)
夏はむれにくく、冬はあったか。
体から、素直な歓びの声が聞こえてきます。

布ナプキンは洗って繰り返し使えるので、かさばるゴミも出ず、
使い捨てナプキンを買うより、結果的に経済的というメリットも。

でも、使い続けていて何よりもうれしいのは、
自分の体や心が心地よく変化していくのを感じることです。
もう元には戻れません。

ワークショップは屋外での開催なので、
あんか、湯たんぽなども連れて、温かい服装でご参加ください


(ちいざ)

寒の恵み

12/17のマーケット、青空の澄む晴天。
池公園では、紅葉のグラデーションが見ごろでした。

容赦ない朝の冷え込みタイムを乗り越えると、
日のあたる場所は、ぽかぽか陽気の気持ちの良い一日

冬のマーケットを散策します

『のぼる農園』の白菜。こちらは小ぶりサイズ。
DSCN5802s.jpg
「芯まで生でも食べられるよ」と、奥様がいつもの笑顔で教えてくれました。

育ちは嶺北の山の上。
厳しい寒さにあたることによって、甘みをたくわえるのだそうです。
冬になると、脂肪などをため込む人間と似ています。

やわらかくて、あまい  実はリピーターです。
サラダ、漬け物、炒め物、煮物・・・
色々な味わいで、飽きずに楽しませてくれます。

『みませ屋』の本日のイチオシは、干しだちの沖うるめ。
DSCN5793s.jpg
「干しだちのぴんぴん!今日はもうこれしかないでしょう」と、ゆるぎなく城下さん。

「干しだち」とは、標準語にすると「干したて」。 鮮度ぴちぴち!
また沖うるめは今が旬で、脂がのって一番おいしい時季なのだそうです。

「焼きだち」をほうばると、熱々の脂がぷちゅっ
やけどに用心しながらいただくことをおすすめします。

ほっと一息、『ザイオンバレーファーム』のぜんざい。
DSCN5811s.jpg
ザイオンさんの田んぼや畑がある、香北町産小豆が、ぎっしりたっぷり。
七輪で焼きたての、自家製玄米もちがでっかく2個入り。

具の密度がとにかく高く、お腹満足の甘くておいしいぜんざいです。
この日の「しめなわ教室」で作った、「輪じめ」添え。
日本の冬は、おいしくて美しい

『ザイオンバレーファーム』は今年最後の出店となりました。
来年も商品の自給率をさらに上げていきます、との決意が看板に書かれていました。

ザイオンさんの自給的暮らしのエッセイは、
「どどどどどどど土曜市だよりその4」でご覧いただけます。
事務局ショップ『めだかや』まで

日本人は、異国の文化も素敵に上手に楽しみます。
クリスマスに向けて

『木もれび庵』のシマシマリース。
DSCN5741s.jpg
クリスマスの日まで飾って食べられる、全粒粉パンのリースです。
ドライフルーツ入り。

『drie』のクリスマス・ギフトBOX
DSCN5797s.jpg
黒糖ショートブレッド、レモンのクッキー、ロシアンクッキーなど、
人気の焼き菓子5種の詰め合わせです。ラッピングもシンプルで可愛い

『フルヤジ農園』のクリスマスブレッド “シュトーレン”
DSCN5796s.jpg
「オーガニック小麦、オーガニックナッツやドライフルーツたっぷりの発酵菓子です。

 時間がたつほど熟成が進み、味わい深くなります。
 うすくスライスして、1枚ずつどうぞ。クリスマスやお正月に。ワインにも良く合います。」


次回12/24(X'masイヴ)は、
今年最後のマーケット開催となります。


農産物、加工食品、クラフト、ほか、
クリスマスやお正月を彩る、今年最後のいいものがにぎやかに出揃うはず。

温かくして、どうぞお出かけください。


(ちいざ)

メディカルハーブのお茶会

12/3、『ハーブ&アロマ ラファエル』による生活イベントを開催しました

タイトルは、「メディカルハーブを学び、オリジナルブレンドティーを作ろう」。
DSCN5581s.jpg
講師の高橋さん(左)と、お茶会に参加された出店者の『ハーブ仁淀川』堀内さん(右)。
今回は、堀内さんのハーブも使用しました。

雨天のため、マーケットの開催自体が危ぶまれていたこの日。
なんとかお天気はもちこたえ、5名の参加のもと、アットホームなお茶会になりました。

さまざまな種類のハーブの中から、チョイス&ブレンドし、
自分の体や心に合ったオリジナルハーブティーを作ろう、というのが本日のテーマです

実践の前に、まずは「メディカルハーブ」のあれこれについて、きちんと頭にインプット。

メディカルハーブとは?
・・・ハーブに含まれている成分を、美容や健康管理に活用する分野のこと。

本日ブレンドに使用する7種のハーブについても、1つ1つ解説がありました。

エキナセア、エルダーフラワー、ジャーマン・カモミール、
ペパーミント、レモングラス、ローズ、ローズヒップ。

なかから1つ、あまりなじみのないエキナセアをご紹介します
DSCN5559s.jpg
免疫力を高める作用があり、風邪、インフルエンザなどの予防にと人気を集めていました。
その場で淹れたものを試してみると、薬草のような味で、効きそう!

ほかにも、自然療法と近代医学の違い、ハーブの成分や主な作用など、
4枚にわたるレジュメが配られ、ていねいな解説がありました。

どれをチョイスしようか、思い描いたら、いよいよブレンド開始!
DSCN5567s.jpg
皆さんインスピレーションで、迷わずさっさか調合。
参加された方のハーブレベルが高かったのか、スピーディーです!

例のごとくスローペースの、ちいざブレンドはこちらの2種。
DSCN5573s.jpg
ローズ × ローズヒップ × ジャーマン・カモミール。
お肌美容に期待を込めて。

こちらは、免疫力UPで元気に風邪予防。
DSCN5577s.jpg
ペパーミント × ローズヒップ × エキナセア × エルダーフラワー。

“ビタミンCの爆弾”ともいわれるローズヒップは、どちらにも配合しておきました

ブレンドティーはお持ち帰り。味わうのは家に帰ってからのお楽しみです。

高橋さん手作りのマフィンとクッキーで、和みのお茶会をしばし楽しみ終了となりました。
DSCN5580s.jpg
ローズやローズヒップのハーブを使用し、卵・乳製品の入っていないスイーツです。
学びと癒しのおもてなし、ごちそうさまでした

ところでお茶会の途中、
「ハーブティーは単品で飲むよりも、ブレンドした方が絶対に美味しいよね
という話題がでました。

なるほど、確かに。
アーティーチョークなど単品で飲むのは苦いものでも、ブレンドすると美味しくいただけます。

そういえば『ハーブ仁淀川』のオリジナルブレンド「SAKEメイト」は、
肝臓に効くアーティーチョークを配合した、
“ほろ苦い味の、酒飲みのためのハーブティー”でした。

家に帰って、戸棚にあるハーブをむやみにブレンドして飲みたくなりました。
メディカルハーブをマスターすれば、むやみにではなく、
体調に応じてささっと処方することができるのでしょう。

イベントでブレンドしたものも、家で飲んでみました。
なかなか上出来、美味しかったです

見た目にも美しく癒される、メディカルハーブ。
生活の中に、上手に取り入れられたら楽しいですね

-----------------------------------------------------------------------
次回の生活イベントは、 しめなわ教室

日時:12月17日(土) ①9:00~ ②11:00~  ※ 雨天中止
参加費:500円(材料費)

毎年好評、『でくのぼう農園』のしめなわ作り教室です。
農園の無農薬の稲わらを材料に、自分の手足を使ってしめなわ作りに挑戦!

作りながらも、すがすがしい香りに癒されますよ。
気持ちよく新年の神様をお迎えできそうです

昨年の開催風景はこちらです↓
http://kochiom.blog27.fc2.com/blog-entry-249.html

(ちいざ)

冬の収穫祭 ②

12/10、第4回収穫祭、イベント編です。

この日はスタンプラリーを実施。
スタンプを6個集めると、お楽しみプレゼントが当たる抽選に参加できます
DSCN5647s.jpg
抽選前のお客様に、台紙を撮影させてもらいました。
なんと。すでに8店もラリーしてくださっています!

抽選条件の6個をこえても、可愛いハンコをまだまだ集めたくなる人気のスタンプラリー。

今回は、抽選方法に遊びをプラス その名も「どんぐりころころ」。
DSCN5619s.jpg
的に向かってどんぐりを投げ、どんぐりが入った場所により1等から4等の景品が当たります。

実行委員の皆さんによる、手作りの的。いい感じです
DSCN5622s.jpg
育苗用のセルトレーを利用しているのは、

「次の収穫祭に向けて、みんなであらたな種をまこう!」

というオーガニックマーケットらしいコンセプトが、あったとかなかったとか。

お客様に少しでも楽しんでいただこうと、準備を進めてきました。

初めての試みに、どんなことが起こるかとちょっとドキドキの実行委員。
そんな彼らも想定外の、奇跡のような出来事が、いきなり起こってしまいました。

こちらの男性は、早々にスタンプラリーを終え、一番乗りでゲームに参加したお客様。
DSCN5621s.jpg
あろうことかどんぐりが、1本しかない1等にストンと命中!おめでとうございます!

何が奇跡かと申しますと。
このお客様はこの日だけでなく、毎週朝一番に来られ、
たくさんのお買い物をされる常連さんなのです。

その方が、一番乗りで1等を当てたこと。
さらに、利き腕ではない方で投げたという無欲の勝利。
すべて整ったような、気持ちの良い出来事にその場にいた一同が沸きました。

一方で実行委員は、すぐにもう1本、1等を作ることになりました。

その後も、どんぐりはころころ。
DSCN5712s.jpg
小さな子供さんは、一番前のラインからころころ。

『ザイオンバレーファーム』のブルーベリージャムが当たりました
DSCN5709s.jpg

『葉乃音屋』のセラピー無料券が当たった方は、本気で大喜び
DSCN5708s.jpg
景品は主に、出店者の皆さんからのプレゼントです。
1等~3等は、それらを詰め合わせたお楽しみ福袋でした
楽しんでいただけたでしょうか?

イベントとは関係ありませんが、
スタンプラリーテントに遊びに来てくれたまゆげ犬には和みました。
DSCN5725s.jpg
今日だけ、たまたま、だそうです

「10時から、玄米のおいしい炊き方教室が始まりまーす
DSCN5684s.jpg
講師は『ゆかいや』の小原さん。会場内を回り、先生がセルフPR。

たくさんのお客様が集まっていました。
DSCN5700s.jpg

圧力鍋を使います。
DSCN5699s.jpg
冬は誰しもゆげにそそられます。

炊きたてのほかほか試食も。美味しかったです
DSCN5706s.jpg
大切なごま塩をふり忘れました!

紅葉を背景に、9時からマーケット終了近くまでLIVEが続いたにぎやかな収穫祭ステージ。
DSCN5680s.jpg
オープニングをつとめたステージのあるじ、ジャコバン西田。
その後は会場スタッフとして奔走していました。

すぐそばの川では、『みませ屋』のカナディアン・カヌー体験も実施
冬のカヌー体験、いかがだったでしょうか?

少し遅れた冬の収穫祭、たくさんのご来場ありがとうございました。
DSCN5711s.jpg
これからも、毎週、開催しています。

心躍るいいものには、じつは毎週出会えるのです。


(ちいざ)

冬の収穫祭 ①

2011年12月10日、第4回 収穫祭を開催しました!
DSCN5716s.jpg
2度目の正直、晴天の穏やかな気候のもと、無事開催できたことに感謝です

真ん中のお二人は、応援団のお客様。
右端は、スタンプラリースタッフチーフのかなちゃん。
左端は、玄米のおいしい炊き方教室の先生『ゆかいや』です。
晴れやかにパチリ!

マーケット始まって以来、はじめての“冬の”収穫祭
DSCN5612s.jpg
アジアン・ドライフルーツ、干し柿の季節到来です。
『でくのぼう農園』では、棕櫚(しゅろ)の葉でつるします。

『ピクニック』でも。
DSCN5672s.jpg
自然素材でつるす、ぷちゅっと甘い干し柿のれん。

『桜農園』では、わらを編んだもので美しくつるされていました。
DSCN5667s.jpg
マーケットは今、干し柿パラダイス

冬野菜も最盛期を迎えています。
DSCN5660s.jpg
こちらは、定番野菜から珍野菜までバラエティ豊かな『和豆屋』です。

蓮根のおいしい『十作』も、収穫祭前から助走をつけて出店
DSCN5670s.jpg
「安い!スーパーでは○○円もするのに!」と、道行くお客様からロック・オンされていました。

さて収穫祭では毎年、それぞれのお店で、
今日だけのうれしいサービスを実施しています。
DSCN5671s.jpg
『十作』では、「先着20名様に、煎った自家製「そこまめ」をプレゼント!」。

はて、「そこまめ」とは・・・?

高知では落花生を、土の中(底)になることからそう呼ぶのだそうです。
おいしかったです

加工食品も、食べ応え大豊作!

干物の『みませ屋』も大漁です
DSCN5662s.jpg
沖うるめ、メヒカリ、アオメ、黒モツ、イカ、ふかジャーキー。
お父さんはすぐそばの川で、収穫祭イベント「カナディアン・カヌー体験」実施中のため、
今日は息子さんがテントの主です。

青空に合う『ザイオンバレーファーム』の玄米バーガー。
DSCN5720s.jpg
香ばしい炭火焼き玄米に、野菜のかき揚げが甘めのタレとからんでサンド。
ほんのり生姜味に、美味しく射止められました

まだまだいきます、愛媛からの出店『vegetable na style Ristro』の春巻き、ポテトコロッケ。
DSCN5638s.jpg
どちらも重みずっしりで、美味しい満足感たっぷり この日はさらに増量中とのことでした。

『drie』のりんごのスコーンは、りんごの季節だけのお楽しみ。
DSCN5652s.jpg
砂糖は使っていませんがレーズンの甘さがほんのり、ほっとするスコーンです

クラフトでは、かわいい『いしやさん』の初出店(?)も
DSCN5627s.jpg
かきくけこ計画ワークショップのTシャツアートで、
のびのびとした色使いや発想で楽しませてくれた未来の画伯です。

ときどき強い風の吹く池公園。チラシなどの重しに、ゲットしました。
DSCN5629s.jpg
すでにファンとして、新作も期待しています。

『いしやさん』の父『刻屋/穀屋』。
DSCN5634s.jpg
ヒノキや桜の木のまな板や、かぼちゃ、生姜などの農産物が並んでいました。
すっと使ってさっと洗えるミニサイズのまな板は、やっぱりあると便利。重宝します

『石あそび 風の森』の収穫祭限定サービスは、なんと「ひも付きペンダント 半額」!
DSCN5664s.jpg
ふとっぱら!貴重な石を使ったアクセサリーは他にもたくさんです。
素敵なヘアースタイルでも収穫祭気分を表現

同じテントの布小物『コトコト』では、新作を発見。
DSCN5679s.jpg
パッチワークのぬくぬくマフラーは、目がハートになるラブリーさです。
もちろん大人もOKサイズ。ぜひ本物を見ていただきたい

こちらは吹きガラス細工の『yoshida』。
DSCN5651s.jpg
手にした人に、幸せを運んでくれそうなかわいいガラスたち。
写真のものは、実はお安くなっていたアウトレット。
でも、どこが・・・?普段使いには無問題でしょう

事務局ショップ『めだかや』では、「どどどどどどど土曜市だより」の最新刊を発売しました
DSCN5624s.jpg
今日のお店番は、着物姿と笑顔の素敵な福娘です。
お隣の旦那さんは、『みませ屋』のカナディアン・カヌー乗り場の受付を担当。
ご夫婦でご協力くださり、ありがとうございました!


心躍るものが多すぎて、長くなってしまいました。
それでも、ここでご紹介できたものはほんの一部なのです。

次は、収穫祭のイベント編に続きます。


(ちいざ)

その4、出ます!

明日の収穫祭は晴れそうですね

第4回収穫祭の開催日にあわせて、
どどどどどどど土曜市だよりの最新刊「その4」を発行します!
DSCN5611_convert_20111209212501.jpg
土曜市が縁でつながる出店者とお客様が、思いや情報を共有する、交流のための冊子です。
今回も投稿者の皆さんの思いが、ぱんぱんにつまっています。

今回の投稿者は、9名。

出店者からは、

平井茜
さとう農園
vegetable na style Ristro
ハーブ&アロマ ラファエル
くーぷ
ザイオンバレーファーム

の皆さんが、記事を寄せてくださいました。

残りの3名は、応援団のお客様です。

投稿者の皆さんの新たな一面を知ることができ、土曜市をもっと身近に感じられるはず。



販売は、入口付近の事務局ショップ『めだかや』にて、1冊100円。

売上はすべて、東日本大震災の義援金とさせていただきます。

読み応えありの「その4」、どうぞご覧ください!
(立ち読み歓迎)


(ちいざ)

収穫祭ステージ♪

12/10に開催予定の収穫祭。

ステージのスケジュールが決まりました!

9:00 ジャコバン西田 (ギター、ハーモニカ)

10:00 ボラ斎藤 (ハーモニカ)

10:30 ちいざ (ウクレレ)

11:15 ゆうこ (ギター)

12:00 さとう農園 (ギター)

12:30 ni-na (キーボード&ギター)

13:00 ピッカーズ・パラダイス  (バンド)


寒波にもまけず
お楽しみに!


(ちいざ)

収穫祭リベンジ晴れそうです。

去る11月19日に予定しておりました、「第4回秋の収穫祭」は激しい雨と風のため、
開催することができませんでした。

お客様と出店者から、再開催を期待する声があり、12月10日に延期して開催することになりました。

(詳しくはホームページをご覧下さい。)

この日はどうやら晴れのようです。


人気のスタンプラリーは、朝8時から台紙を配ります。(先着300名)
冷え込みが厳しいようですので、暖かくして、早めにお出かけ下さい。


          (モンペネコ)

子供服交換会中止します。

 明日はまた、雨のようです。

毎月第一土曜日に行っている子供服交換会[みんなでまわそう子供服」

は中止します。


マーケットそのものは、雨の様子に応じて、開始時間を遅らせるなどして、開催したいと思います。

ただし、雨と風が強く、危険と判断した場合は中止することもあります。どうぞご理解下さい。


それに伴い、10時から予定されている生活イベント

「メディカルハーブを学び、オリジナルブレンドティーを作ろう♪」も、

開始時間が遅れるか、中止になる可能性がありますので、ご了承ください。



            「もんぺねこ」

有機ある洗濯

11月12日のマーケット終了後、ステージ付近にて、
“有機ある洗濯-生き方としてのオーガニックミーティング-”と題した
洗浄剤についての勉強会を開きました

参加者は13名。うち、お客様→5名、出店者・スタッフ→8名。

普段からのお困りごとを質問したり、洗剤や洗い方などについて
皆で情報を分かち合うなど、有意義なミーティングとなりました。
DSCN5333s.jpg
3名の出店者の方からは、それぞれの経験をもとにした貴重なお話を聞かせていただきました。

1◆『くーぷ』の高智さん
  ・・・石けん作りを始めたきっかけ、石けんを使った上手な洗濯方法、など

2◆『手作り石けん オリーブ』の古味さん
  ・・・石けん作りを始めたきっかけや試行錯誤の経緯、石けんの材料について、など

3◆『ピクニック』の野本さん
  ・・・微生物を使った洗浄剤“えひめAI”の特徴、くわしい使い方、など

3名の方は、マーケットに毎週出店されています。
聞いてみたいことがあれば、これからもお気軽におたずねください


ミーティングにも参加され、くわしい情報を提供してくださった
「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」の皆さんは、
この日のマーケットでパネル展も開催され、交流とともに理解も広がったようです
DSCN5306s.jpg
「パネル展、ミーティングともに、
 興味や関心のある方に、丁寧に説明し情報提供することができて良かったです。
 身体にはきつい面もありますが、今後も活動を続けていきたいと思います。」

と、後日、この日の感想をくださいました。
大変ななか、様々な面でご協力下さり、本当にありがとうございます。

「ゆるゆる仲間」、今後の活動予定はこちらです。

◆人権フェスタ・パネル展◆
日時:12月4日(日) 9:30~15:30 ※ 雨天決行
場所:高知市中央公園

内容が新しく充実し、より分かりやすいものになっているそうです。
ぜひご覧ください。


皆で持ち寄った、貴重な情報が盛りだくさんのミーティング。
参加された方からは、こんな感想もありました。

◆洗濯洗剤は、今は市販のものを使っているので
 洗濯についても勉強したいと思い参加したが、本当に勉強になった。

◆情報をシェアできて良かった。これからも共有したい。

この内容をより多くの方と共有したいとの思いから、
まとめたものを下記に掲載します。

長くなりますが、有機ある洗濯にどうぞお役立てください!
↓↓↓
-----------------------------------------------------------------------------

◆石けんの上手な使い方◆

・石けんカス対策
貝パウダー配合製品、竹炭製品、粉石けんネットの活用

・石けんのにおい対策
重曹などアルカリ性のものを入れる。
ティートリーという精油には殺菌効果もありおすすめ。

◆粉石けんを液体化する方法◆

お湯(洗面器1杯)+粉石けん(スプーン1杯)
ボールや洗面器で、熱い目のお湯と粉石けんを混ぜ、
しばらく(数分)置くのがコツです。

洗濯機の中で回しながら溶かしても、洗面器の中で手で混ぜても
すっきり溶けませんが、放置すると透明な液体石けんになってくれます。
分量は、それぞれやりやすい濃度でお試し下さい。
薄すぎると界面活性力がなくなるので、適正濃度で。

◆“えひめAI”について(『ピクニック』野本さん、生産・販売)◆

作り方はHPで公開されている/まな板、魚、トイレなどアルカリ性のにおいに効く/
台所、洗濯、お風呂、トイレ、様々に使えるが入浴剤としてお風呂に入れるのが野本さん一番のおすすめ/
微生物資材なので即効性はなくじわじわ効く/つけ置き洗いで頑固な靴下汚れも落ちる/
加齢臭、黒カビ、水虫にも効いたという実例もある/
保管は空気に触れないように。特に夏場は冷暗所で保管すること/
大豆・牛乳アレルギーの人は注意が必要/生態系を壊すので川等に直接入れないこと

◆その他、様々な洗剤や洗い方の工夫◆

・パンを作った後、ボールなどをそのまま小麦粉で洗うと、油汚れがすっきり落ちる。
・スパゲティのゆで汁、米のとぎ汁も立派な洗浄剤になる。
・高知県の竹を使った竹炭灰汁の洗濯洗剤「竹の湧泉」という商品もおすすめ。

◆その他の情報◆

・合成界面活性剤などの化学物質は、衣類の奥まで浸透し、気温の変化で揮発する。
 化学物質過敏症患者は、他の人の衣類から揮発する物質からもダメージを受けてしまう。
・洗濯洗剤のテレビCMで、衣類をたたくと香りが漂うことを売りにしているものを見るが、
 それは洗剤が衣服に残り「落ちていない」ことを証明しているようなもの。
・「泡立ちがないと、本当に落ちているかどうか不安。」という意見に対して、
 「テレビに洗脳されているのでは?テレビは正しいと思い込んでいる人が多いのでは?」という意見も。

◆参加しての感想◆

・実際に使っている人の話を聞くと、やってみようと思う。
・土曜市に来たことがきっかけで石けん洗顔を始めた。
 洗濯洗剤は、今は市販のものを使っているので洗濯についても勉強したいと思い参加したが、
 本当に勉強になった。
・もっと多くの人に聞いてほしかった。今日の内容を掲示板に貼り出してほしい。
・これからも皆で情報を共有したい。プリントにして皆で共有したい。
・情報をシェアできて良かった。もっと勉強して賢い消費者になり判断できるようになりたい。
・消費者が変わることが大事。
・もっと色んな形で話を聞ける場があったら良い。続けて開催してほしい。
・関心のない人にも聞いてもらえるよう、遊び感覚を取り入れて別の角度からアプローチしたい。

-----------------------------------------------------------------------------
以上


(ちいざ)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索