野菜の少ない季節です。

高知オーガニックマーケットでは加温ハウス栽培のものを売ることはできません。

従って、今のこの季節は、本当に野菜が少ないのです。

大根やカブはほとんど終わりましたし,葉物もこの寒さで生育が悪く、

いろどりもさびしいマーケットではありますが、各店それぞれ工夫して

保存できるイモ類や豆類、干し野菜等を持って出店しています。

これが今の高知で、農薬、化学肥料を使わずに作れる、精一杯なのです。

ジャコバン西田のあの名曲、「オーガニックマーケット、くろしお君気分」の歌詞そのものです。

   自分の足で生きていく  どんな難しいことだろう
   
   本当だけで生きていく  なんて難しいことだろう

   でも、それができるのなら  なんて素敵なことだろう

明日、平成23年1月29日の「池公園の土曜市」は天気予報では、雨や雪との予報が出ています。
「着ぶくれマーケット」となること請け合いですが、元気に開催します。
どうぞよろしくお願いします。


        (モンペネコ)
  


節分にちなんで

2/3は節分です。
24節気の立春の前日、まさに春への変わり目。
今回は節分の豆まきにちなんで、マーケットでみつけたお豆さん達をご紹介します。

『桜農園』の大豆。
DSCN2933_convert_20110126224617.jpg
桜農園では種にこだわり、その土地に古くから受け継がれている品種を育てています。
小さな粒の中には、きっと在来種ならではのパワーが秘められているはず。
風味豊かな小豆など、マーケット出店者の間でも人気があります。

『村上農園』の黒大豆。
DSCN2940_convert_20110125151021.jpg
マーケットに出店中のテンにて
村上さんがサヤから黒大豆を取り出している作業中にお邪魔し、少し私も農作業体験。
健康的な黒い肌、美味しそうです。
毎月第2土曜に出店予定です。

『のぼる農園』、左が緑大豆、右が落花生。
DSCN2930_convert_20110125150822.jpg
写真は、試食用に炒ったものです。
ぽりぽり、ぽりぽりぽりぽり・・・止まらないほど美味しい!
両方とも味が濃く、特に落花生にはぎゅぎゅっと甘みが。

緑大豆は、ヘルシーなおやつやおつまみとしても。
落花生の甘みは、嶺北の寒さによって生まれるそうです。

どれも豆をまく手がふるえそうなほど貴重なお豆さんばかり。
もしまいたら、一粒残らず拾っていただきたいですね。
ちなみに、節分に炒り大豆ではなく、落花生をまく地域もあるようです。

ここでご紹介できたお豆さんは、ごく一部。
マーケットでは、まだまだ他にも美味しいお豆さんが待っています。


(ちいざ)

冬晴れ、散歩

1/22、冬晴れ。
寒い空気の中にも、穏やかな陽光が降り注ぎ、過ごしやすい一日でした。
DSCN3024_convert_20110125160622.jpg
『みませ屋』の紙芝居も満員御礼。
今週もマーケットを散策しながらみつけた、素敵なものをたくさん紹介したいと思います。

冬晴れとはいえ、朝の冷え込みは、つま先の感覚が麻痺するほど!
そんなとき、正直な体センサーがとらえたのは『土佐ッポすとあ』のゆずぷか。
DSCN2988_convert_20110125145326.jpg
実生のゆずを炭化した、お風呂に浮かべる入浴剤です。
5回は繰り返し使えるとのこと。
香ばしいゆずの香りがぷかぷか・・・一日の疲れが心地よくほどけてゆきます。

「かいでみて!えぃ香りがするろう?」
『土佐勤農党』でにぎやかに声をかけられました。
DSCN3005_convert_20110125150206.jpg
今久保さんのこんにゃくの自然な香りは
生芋と灰汁を使い、昔ながらの方法で作るためなのだそうです。
ジャクジャクとした噛み応え、弾力が気に入っています。

『山便り』では、サカキやシキミ(高知ではシキビと言います)、
草履、着物をリフォームした服などを扱っています。

こちらは草履。写真は1/15、ミニ草履を編んでいるところです。
DSCN2946_convert_20110125160340.jpg
実は貴重な着物のはぎれも再利用しています。

サカキは神事に、シキビは仏事に。
DSCN3008_convert_20110125155906.jpg
採集していて、山できれいな山野草をみつけたときは胸が躍るとか。
須崎の山の素敵な便りを、毎週届けてくれます。

マーケットの様子や季節の話題など、アクティブな
『山便り』のブログ『俳句なブログ』はこちらです。⇒http://plaza.rakuten.co.jp/tuyukusa104/

ちょっと珍しくて可愛いモチーフに思わず目が止まりました。
『Pearl Berry』はアクセサリーとその修理屋さん。
DSCN2994_convert_20110125145614.jpg
作っているとき、とても幸せな気分になるそう。そんな愛情が伝わってくるようです。
ゆるんだ時計とスプーン、夢のようなティータイムを想像していると、、、

すぐそばに手作りケーキの『andy』。
DSCN2999_convert_20110125145809.jpg
写真はかぼちゃの米粉クッキーと、ビスコッティ。
甘みもやさしく、サクサクで美味しい
お財布にも体にもやさしい、ちょこっとサイズも私にはうれしく。

同じテントで出店されている『Pearl Berry』と『andy』のお2人は、学生時代からのお友達だそうです。
テントでは最大4人の出店者が同居中ですが、この日はお2人。
いつもにぎやかな明るい雰囲気が漂っています。

和菓子でお茶もいいですね。
DSCN2972_convert_20110125151920.jpg
こってりしない、上品な甘さの『ここのえ』のどら焼き。
柔らかいつぶあんは、『桜農園』の小豆を使っているそうです。
実はあちこちで、素敵なコラボ商品が生まれています。

今週は、いつもより野菜の姿が少なかったような・・・
農産物の出店者、募集しています!詳しくはHPトップへ。


(ちいざ)

続・演劇ワークショップ

1/22は、劇団OOK(ダブルオッケー)によるワークショップが開かれました。
題して、「人・舞台・であい履く」。
DSCN3012_convert_20110124205152.jpg
内容は、参加者が板に、思い思いに絵や文字を描くというもの。

その板は、2月公演「チョコっと・歌って・うらバンバン!」のセットに使われるそうです。
DSCN3013_convert_20110124205650.jpg
気軽に楽しく、舞台美術を体験してみよう!
という訳で、青空の下、多くの方が参加されていました。
公演日程など詳しくは、劇団OOKのHPでどうぞ!⇒http://www.geocities.jp/ook_ook_2006/

劇団員のしばっちさんは、RKC高知放送のTV番組『ごきげんボニートっ!』にも出演中。
さすがレポーター。流暢でノリの良いアナウンスでも楽しませてくれました。

出来上がったたくさんの作品の中から、気になるメッセージを発見。
「人生オーガニック」
DSCN3036_convert_20110124205500.jpg
「有機農業は、生き方でなければならない。」
とは、最近周囲の先輩方から耳にして、心に残っている言葉です。

また、このマーケットは、有機、オーガニックということが、
物を売るための付加価値、また流行のファッションなどではなく
当たり前のことになって欲しい、という思いで開かれています。

生き方としてのオーガニック。
忘れてはならない、本当に大切なことのように思います。
「人生オーガニック」という短い言葉が、核心をついているように感じました。


(ちいざ)

演劇ワークショップ

ワークショップのお知らせです。

次回1/22のオーガニックマーケットで、
劇団OOK(ダブルオッケー)主催によるワークショップがあります。

「舞台美術セットに、みんなで絵を描こう!」

ということで、
一般の皆様の参加をお待ちしています。
この機会に、演劇に触れてみませんか?

参加費は無料。小雨決行。
開催時間は、マーケット開催時間中です。


(ちいざ)

春の香り

少しずつ春の香りが漂い始めた、1/15のマーケットより。

出ました。『でくのぼう農園』のふきのとう。
DSCN2903_convert_20110120111706.jpg
ふきのとう採りは、モンペネコさんにとって一年で一番最初の農作業で
また、一番得意で大好きな仕事なのだそうです。
次週も並ぶ予定、お楽しみに。

『コトコト』のうさぎ雛。おくるみ姿がほほえましい。
DSCN2922_convert_20110120112102.jpg
まだ少し先ですが、春の節句、3月3日は雛祭り。

春巻きで春待ち。
DSCN2915_convert_20110120112312.jpg
春巻きは、元々は立春の頃に食べる、春の素材を包んだ巻物だったそうです。

『tuturu』の玄米カレー春巻きは、年中食べられます。
中には季節の野菜と、カレー味の玄米がぎっしりずっしり。
私もファンの一人です。

今日1/20は、24節気の大寒。
これから、2/4立春までが、一年で最も寒さの厳しい時期になります。
まだまだ冬もその座を譲りません。

『さとう農園』の白菜。
DSCN2926_convert_20110120115101.jpg
以前紹介した大根同様、思わずカメラを縦にしてしまう、立派なサイズ。
とても美味しそうです。

こちらはお一人様に嬉しい『和豆屋』の冬のサラダセット。
DSCN2924_convert_20110120114153.jpg
人参、ベビーリーフ、水菜、などなど、彩りも鮮やか。
一人でも色々な種類の野菜をいただけます。

大寒もキュートに乗り切ろう。
DSCN2923_convert_20110120115319.jpg
『コトコト』より。右奥に見えるのは、ネックウォーマーです。
帽子はべビーサイズからLサイズまであり。
可愛さと温かさをばっちり兼ね備えています。

池公園では、今年も梅の便りが。
DSCN2910_convert_20110120111921.jpg
どこにいるか分かるかな?
ヒント:ステージの主が教えてくれました。


(ちいざ)

よかです。よかです。

1月15日のマーケットは天気予報が嬉しくハズレ(外れることは珍しくないですが)。
雨も雪も降らず、寒さもそれほどでもありませんでした。

この日、若い男女の観光客から「牧野植物園へ行きたいがどうすればいいか?」ときかれました。

「牧野植物園へいくには?」 「桂浜へ行くには?」この質問にはいつも悩まされます。
距離はそれほど遠くないのですが交通機関がありません。
こういうときにはマーケット会場で放送することにしています。

今からお帰りの方で、どなたか観光客の方を、2名乗せていただけませんかあ。」
と、この日もいつものように放送しようとすると
「よかです。よかです。」となつかしい博多弁
その若い男女の観光客の方が、「よかです(意訳:お構いなく)」と遠慮していたのです。

でもすぐに乗せてくれる方が見つかり、牧野植物園まで送っていただくことに。

こんなとき、池公園の前を通っている高知県観光コンベンション協会の
「MY遊バス
」が池公園で停車してくれたらどんなに良いだろうと思うのです。
池公園移転前と移転後と二回、観光コンベンション協会へはおねがいにいきました。
残念ながら、今のところ、実現の見込みはなさそうです

停車してくれたら、観光客の方々も来やすいのになぁ

           <猫派だけど犬も好き=モンペネコ>

theme : 高知
genre : 地域情報

1月15日(天気予報:雪)開催します

南国土佐の称号を返上すべきなような寒い日が続きますね。

1月15日の池公園の土曜市は、通常通り開催いたします。

明日は、悪天候(風雪注意)と予報されておりますが、

出店者一同、着ぶくれしてお客様をお待ちしております。

皆様、しっかり防寒着を着込んで、おこし下さいませ。

     <モンペネコ>

theme : 高知
genre : 地域情報

今年もアキナイ!

1/8は土曜市の初売り。
日中は暖かく、過ごしやすい冬の一日でした。

ロールケーキも初日の出風に見えました
『むかごや』のりんごとさつまいもロール。
IMGP0748_convert_20110111170001.jpg
さつまいもは、自家産。
生地に使われているocho卵は、平飼い、ほぼ町内産飼料でのびのび育ったにわとりの卵です。
卵が手に入ったときの、ハレの日メニューとのこと。
美味しい!

こちらは、福袋で大活躍してくれた『岡豊ガーデン』の新聞バッグ。
IMGP0751_convert_20110111170502.jpg
マチがあるので物が入れやすく、強度も意外にしっかりしています。
一枚では弱い新聞紙ですが、一体どうやって作っているのでしょう?
今年は一度、自分でも挑戦してみたいと思います。

今年から、木のまな板、始めませんか?
IMGP0764_convert_20110111170928.jpg
つるっつる、すべっすべの手触り!
まな板として使用する前に、いつまでも撫でていたくなる気持ち良さ。
『刻屋』では、使い込んですり減ったまな板の削り直しも承ります。
その場で再び、滑らかなつるすべ肌に生まれ変わります。

『刻屋』を含むクラフトグループ、“天の川グループ”、
1月の今後の出店予定は下記の通りです。

15日『Mクラフト』
22日『tumugi紬』 『オータムブック』
29日『天の川工房』

『和豆屋』で、珍しい野菜をみつけました。
IMGP0765_convert_20110111171157.jpg

単体ではこんな状態。
IMGP0767_convert_20110111171340.jpg
冬が旬の緑黄色野菜、ターサイと申します。
炒め物、和え物、スープなど、なんでもOK。

濃い緑色のターサイが、朝露をのせて畑に並んでいる光景は
本当に美しく感動する、と『和豆屋』さん。

「ごめんくだサイ、ターサイくだサイ。」
ターサイギャグで楽しませてくれた方は、10円引きにしてくれるそうです。
ギャグはオリジナルに限ります。

こちらは、アトピーや喘息などに効くという入浴剤。
『有機圃場 十作』にて。
IMGP0769_convert_20110111173359.jpg
その正体は、まさかのセイタカアワダチソウ。
開花前のつぼみの中に含まれる酵素が、解毒作用を持っているそうです。

東城百合子さんの著書『家庭でできる自然療法』に
効能や入浴法など、詳しく出ていましたので参考に。

セイタカアワダチソウについて、他にも面白い話を聞きました。
秋の花粉症の原因として疑われてきたのは、実は濡れ衣だった?!

セイタカアワダチソウは、虫媒花だということが分かり、
花粉の重量も重く、風によって広く大量に飛散することはないそうで、
花粉症の原因とはほぼ無関係とするのが一般的になってきているようです。

秋の花粉症、本当の原因は、主にブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど。
私の周囲では、セイタカアワダチソウとブタクサを同じものだと思っている人が
多かったので、もしかすると、いつのまにか混同されるようになったのかもしれません。

煮だし汁をお風呂に入れてみると、いつもよりたくさん汗が出ました。
すごいデトックス効果があるという、セイタカアワダチソウに、再び光を。

これまた見慣れぬものを発見。
何だか分かりますか?『ハーブ仁淀川』にて。
IMGP0755_convert_20110111170641.jpg
答えはポマンダー。
橙(だいだい)に、クローブを刺しシナモンパウダーをあしらっています。

ポマンダーとは、中世ヨーロッパで流行した香りの玉。
リボンで吊るしたり、引き出しやクローゼットの中に入れたり、
また魔よけやお守りとしても用いられたそうです。

ハーブの世界がまた広がりました。
毎週のように好奇心を刺激され、買いつつ学べるオーガニックマーケットです。

『コトコト』のルームシューズでほっと一息。
IMGP0777_convert_20110111171606.jpg
今年もウェルカム!


(ちいざ)

2011初売り!

新年あけましておめでとうざいます。
DSCN2895_convert_20110108194443.jpg
本年も高知オーガニックマーケットを、どうぞよろしくお願い申し上げます。
県立池公園そばの住吉池から望む、日の出とともに

今日1/8は、池公園の土曜市、初売りでした。

野菜の葉っぱがのぞく、生活感あふれる新聞バッグは
生活市を目指すオーガニックマーケットならではの福袋。
IMGP0729_convert_20110108194904.jpg
お米、お餅、お寿司、パン、野菜、卵、お菓子、珈琲、ハーブティー、
せっけん、手作りの凧、木工品、布小物・・・
出店者一同が福の神となって、お客様へ感謝の気持ちをお届けしました。

初めての試みで、行き届かない点もあったかもしれませんが
少しでも福が届きましたら幸いです。

気になる中身の一例を公開!
IMGP0733_convert_20110108195052.jpg
これで1000円とは、かなりお得
新聞バッグ自体も300円相当、捨てずに使ってくださいね。

福袋購入、第1号のお客様は、愛媛県からお越しの方でした。
IMGP0727_convert_20110108194644.jpg
多い月には毎週のようにお越しくださっているという長井さんは
マクロビオティックを中心としたカフェ『vegetable na style Ristro』を営まれているそうです。
(場所:愛媛県西条市三芳1601/TEL:0898-66-6165)
お店のお客さんの分まで、とお買い物の量も半端なくかっこいい!

3/26の3周年感謝祭と同時開催の第1回全国大会には、愛媛からも参加予定。
オーガニック・ネットワーク、少しずつ、確実に拡がっています。

池公園で、初詣。
IMGP0774_convert_20110108195434.jpg
オーガニックマーケットの趣旨に賛同してくれる神様です。
OPENから1年間、大変お世話になりました。
今年も、ゴミもってかえります!

のどかな新春の池公園。
IMGP0775_convert_20110108195602.jpg
気候にも恵まれ、清々しくスタート!


(ちいざ)

あけましておめでとうございます。

オトナシ3

あけましておめでとうございます。

おかげさまで、高知オーガニックマーケットは今年、三周年を迎えます。

皆様本当に有難うございます。

モンペネコは、元旦に、大好きな 鳴無神社(おとなし神社)へお参りに行きました。

オトナシ

浦の内湾のほとりに立つ、とても素敵な神社です。

高知オーガニックマーケットが今年も安全に開催できますように。

とお願いしました。

        (モンペネコ)

theme : 高知
genre : 地域情報

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索