FC2ブログ

栽培履歴の書き方講習会

2016/07/19 Tue 22:36

農産物出店者の勉強会をひらきました。

テーマは、「栽培履歴の書き方」。

7/16の土曜市の終了後、午後1時から2時まで、池公民館にて。

農産物ガイドライン、確認担当の谷川さんの指導のもと、行われました。
CIMG3804s.jpg
ご持参のMYホワイトボードをつかって話をされているのが、谷川さん。


高知オーガニックマーケットの農産物出店者は、
栽培履歴を作成し、店頭に置く、というきまりになっています。

栽培履歴が入っている、共通の、A5サイズの青いファイルはこちら。
CIMG0418s.jpg
どなたでも、ご自由に開いて見ていただくためのファイルです。

種や苗の由来、圃場の履歴など、
農産物についての情報が記されています。


この日の勉強会の目的は、栽培履歴に書きこむ内容を、
いままで以上にレベルアップしていきましょう、というもの。


生産者が農産物を、直接販売している土曜市では、
お客様と対話ができるので、そこに、おのずと信用がうまれます。

それを、さらに強めるものとして、栽培履歴も大切にしています。


勉強会では、この栽培履歴に、新たな視点を加え、
自分の農業の記録として、自己管理にも活用されている方の
栽培履歴が、よい例として紹介されました。

このような方は、共通の、A5サイズの青いファイルに加え、
別の様式で、栽培履歴を提示されている場合があります。


出店者の皆さんにとって、栽培履歴を書くことは、
正直言って、手間がかかることのようです。

一方で、

「自分にとっても役立つ記録になる」
「お客様の信頼が得られる」
「販売品の積極的なPRになる」

という、前向きなメリットもたくさんあるようです。


勉強会をふまえ、これから、栽培履歴が
より充実した内容になっていくのでは、と期待をもちました。


マーケットのあと、暑いなかでの勉強会、お疲れさまでした。


(ちいざ)
勉強会・研修会 | コメント(0) | トラックバック(0)
「高知オーガニックマーケット出店者組合」の、
平成28年度 通常総会が開かれました。

4/16の土曜市終了後、午後3時から、池公民館にて。
CIMG3476s.jpg
高知オーガニックマーケットは、
「高知オーガニックマーケット出店者組合」が運営しています。

出店者の一人一人が組合員として登録し、
出店者が自主運営をするマーケットなのです。

事業、会計についてなど、大事なことが審議され、
今年も、建設的な意見交換がなされていました。

そのなかで、農産物出店者の「竹枠の看板」「栽培履歴ファイル」が、
目立たず、お客様からあまり見られていないかもしれない ・・・?
という懸念が浮上しました。


改めまして、ご紹介いたします

土曜市の農産物出店者は、共通の「竹枠の看板」を、
各テントに掲示する決まりになっています。
CIMG0136s.jpg
出店番号、屋号、氏名、住所、出身地、
有機農業開始年、圃場の場所、
主要栽培作物、主に使用する肥料・資材、など、
生産者のことが、簡単に、一目で分かるような看板です。

看板は、目線の高さ(地上から160cmくらい)に、
掲示することになっています。

ちなみに、竹枠の製作は、出店者の『たけやん』に依頼しています。

農産物出店者は、同時に、「栽培履歴ファイル」も店頭に置く決まりになっています。
CIMG0418s.jpg
こちらの、A5サイズの青いファイルに、栽培履歴が入っています。

種や苗の由来、圃場の履歴など、
農産物について、より詳しい情報が記されています。

店頭の、お客様から見て分かりやすい場所に置くことになっており、
どなたでも、自由に開いて見ていただくためのファイルです。


「竹枠の看板」「栽培履歴ファイル」も、
生産者や農産物のことを知るツールとして、
お客様にお役立ていただければと思います!


なお、加工食品出店者は、店頭に
「原材料仕入先一覧表」を掲示する決まりになっています。
こちらも合わせて、ご活用ください


平成28年度の総会も、無事に終わりました。

代表世話人、弘瀬さんの目指す “ 楽しくやさしい空間 ” という
土曜市のコンセプトどおり、総会も、和やかに行われました。


(ちいざ)
勉強会・研修会 | コメント(2) | トラックバック(0)

第10回加工食品勉強会

2014/05/24 Sat 17:00

第10回 加工食品勉強会を、
5月3日のマーケット終了後、池公民館にて開きました。

テーマは、「アレルギーと表示について」。
出席者は、25名。

お客様の健康、ひいては生命を守り、
また、出店者自身を守るために、

原材料の表示、なかでもアレルギー原因物質の表示が、
いかに大切かということを学びました。

こちらは、マーケットでの表示の一例。 『旬菜料理 つきみ』。
CIMG0598s.jpg
左のあみえび入りの方には、
「※ 原材料の一部にエビを含む」

右のふきの佃煮入りの方には、
「※ 原材料の一部に小麦、大豆を含む」と書いてあります。

エビ、小麦は、法律で表示が義務付けられている
アレルギー原因物質の、特定原材料7品目に含まれています。

大豆は、特定原材料に準ずるものとして
任意の表示が推奨される18品目に含まれています。

勉強会では、こんなお話もありました。

『オーガニックたこ焼』の近森さんは、4月から、
卵を使わないたこ焼きを売っていたのだそうです。
CIMG0552s.jpg
卵は、アレルギー原因物質の特定原材料の一つ。
お客様の反応は、かえって良い、とのこと。

勉強会に出席した別の出店者からは、こんなお話も。

「アレルギーをお持ちのお客様は、表示を注意深く見られ、
 ご自分の食べられるものがあると、とても喜ばれます。
 アレルギーの方も召し上がることのできる商品作りに努めています。

 お客様の求めるものが自分の店にないときは、
 あそこなら大丈夫かも、と、マーケット内の別のお店を紹介しています。」

食物アレルギーをお持ちの方にとって、
こんなふうに選択の幅が広がっていくというのは、
楽しみが増え、とてもうれしいことなのではないでしょうか。

こちらが、加工食品ガイドライン確認担当者、川上万利子さん。
CIMG0624s.jpg
勉強会も、取り仕切ってくださっています。

上の写真は、5/3の勉強会に欠席、遅刻した出店者へ、
個別に補講を行っているところ。

「ガイドライン 仕事中」

と刺繍の入った、川上さん手作りの可愛い腕章をつけています。
出店者も、お客様も、どうぞお気軽に声をおかけください!

マーケットでは、アレルギー原因物質だけではなく、
すべての原材料について、各出店者が店頭で表示を行っています。

各テントに掲示してある、原材料仕入先一覧表をご覧くださいね。

「ここまで表示を徹底し、オープンにしているのは、
 この市の特徴であり、すごいことだと思う。」

とは、勉強会に出席した出店者の感想です。

最近新たに出店を始め、勉強会に初めて出席された方からは、
「皆さんの意識の高さが素晴らしいと思った」との感想が。

アレルギーのある方も、ない方も、
これからも安心してお買い物をお楽しみくださいね。


(ちいざ)
勉強会・研修会 | コメント(0) | トラックバック(0)

平成26年度総会・研修会

2014/04/22 Tue 19:00

普段は見られない、マーケットの一面をご紹介します

毎週、池公園で、のんびりゆったり市を開催している出店者たち。
年に一度、会議室に集まり、ピシッと決める日があります。

4/6(日)、高知オーガニックマーケット出店者組合の
平成26年度通常総会が開かれました。

総組合員数83名のうち、73名が出席(本人出席56名、委任状出席17名)。
CIMG0389s.jpg
県立ふくし交流プラザの大きな会議室。
年に一度、出店者が一堂に会し、運営に関することを決定する総会です。

このマーケットは、出店者が自主運営しているのです。
総会で承認された5人の世話人が、皆の代表として、1年間運営を担います。

今年度の世話人を紹介します。

 『でくのぼう農園』 弘瀬さん (代表世話人)
 『みんなの家』 生野さん (副代表世話人)
 『andy』 澤本さん
 『ぴっくニック』 野本さん
 『TAGO-MAGO』 公文さん

1年間、よろしくお願いします!

総会に先立ち、同日、同会場で、研修会も行われました。
昨年度から始まった研修会は、今年で2回目。

皆で「設立趣旨書」や「ガイドライン」を確認し、
年に一度、原点に戻って気を引き締めなおそうという目的で、
これに出席することが、出店を継続する必須条件となっています。

研修の実施も、このルールも、世話人が話し合いの上決めたものです。

会には、農産物ガイドライン確認担当者の谷川さん、
加工食品ガイドライン確認担当者の川上さんも出席され、
マーケットの向かう方向性について、具体的なお話があります。

同じ目的を持って一堂に会した出店者、スタッフ、ガイドライン担当者。
その場に、前向きな一体感が生まれているような気がしました。
ここにも研修の大きな意義があるのではと思います。

ゆったり自由な空気がありながらも、締めるところは締めている。
メリハリのある高知オーガニックマーケットの雰囲気が好きです。


(ちいざ)
勉強会・研修会 | コメント(0) | トラックバック(0)
1/18、マーケット終了後、池公民館にて、
農産物出店者の勉強会を開きました

テーマは、「種子と栽培について」。
出店者、スタッフ、あわせて31名の参加がありました。

進行は、農産物栽培基準 確認担当者の谷川さん。

谷川さんは出店者ではありません。このマーケットでは、
基準が守られているかどうかの確認を、外部に依頼しています。

勉強会の内容は、
農産物栽培基準の確認、
自家採種や自家育苗についての意見交換、
今後の課題について、など。

参加して、農産物出店者の皆さんが、
自家採種や栽培において、試行錯誤しながら、
レベルアップのために毎年努力されていることが分かりました。

私がこの数年間、毎週毎週マーケットに通い、
それでも一向に「飽きる」ということがないのは、
そういう訳だったのか と腑に落ちました。

毎週新たな発見があるのです

勉強会では、いよいよ明日開催の「種ころ」の告知も行いました。
tanekoro.jpg
「種ころ」について、谷川さんから、

「種子だけでなく様々な情報も交換できる場となり、
 土曜市が本来の意味で有機的なつながりを持つ市になる
 きっかけとして期待している」

とのお話もありました。

関心のある出店者やお客様の参加をお待ちしています。
参加される方は、午後2時30分に池公園へ集合してください。
(※ 直接会場へ行かれても開いていません。)

楽しい会になりますように


(ちいざ)
勉強会・研修会 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »