第13回 種ころのお知らせ

高知オーガニックマーケット≪種ころがしの会≫より、お知らせです

「在来種・固定種野菜の試食会」 と 「秋まき種子の交換会 第13回 種ころ」を開催します

開催日 : 2018年8月11日(土

たねころ20180811

【試食会】 午前10時から 土曜市会場内(県立池公園)にて

CIMG5351s.jpg

CIMG5341s.jpg

土曜市で販売している、在来種・固定種野菜のお味見ができます。
参加は無料です。

【種ころ(種の交換会)】 午後1時から3時頃まで 池公民館にて
たねころ2018AUG案内時

※集合場所
県立池公園の駐車場側の入り口付近(事務局テントのある辺り)にて、
午後12時30分から受け付けし、その後、会場の池公民館へ移動します。

※参加費 100円

※持ち物 交換できる種子、種を入れる袋、筆記用具
       (デジカメもあれば記録用に便利です。)

土曜市の終了後に、お客様、出店者、スタッフが集まり、

気軽に楽しく種を交換する交流会です。

交換できる種子は、固定種・在来種のみです。

(F1由来の固定されていない種子は不可)

在来種、固定種で、きちんと由来がわかるものであれば、

購入したけど、忙しくて播くタイミングを逃した、

一人では播き切れず余ってしまった、という種も持参OKです。

持参する種子がない方も参加でき、種をお持ち帰りいただけます。

営利を目的とした方はご遠慮ください。

会のはじめに、種の紹介や、前回持ち帰った種子の生育状況など、

情報交換をする時間をとり、その後に、種の交換会となります。

お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

また、種を持参される方には、

種の由来が参加者の皆さんに分かるように、

種交換シートに記入していただいています。

----------------------------------------------------------

試食会も種ころも、どうぞお気軽にご参加ください!

チラシは、土曜市会場ほかで、ただいま配布中です。


(井上)


第12回 種ころ開催しました

種ころがしの会、担当井上です。

2/10の土曜市終了後、第12回種の交換会(種ころ)が開催されました。
CIMG6337s.jpg
雨の寒い一日でしたが17名の方が参加、30種類ほどの種が集まりました。

まず始めに時間をとって自己紹介と種持参の方は種紹介、

そして以前もらった種を播いてみてどうなったかを報告します。


皆さんの自己紹介が楽しいので一例を紹介しますと・・・


この交換会でもらった種は播くのに気合い、愛情が入る。

ここでもらった種を播いたら沢山芽が出て可愛すぎて間引けず全滅してしまった。

種は種屋で買うものと思っていた。

  友人から種はとれる事を教えてもらいやってみてはまった。

小さな畑なので種を買っても播ききれずあまる。

  でも交換会では好きな量もらえるのが嬉しい。

種の話しをしている参加者が本当に楽しそうで感動する。


CIMG6339s.jpg


そして種紹介もまたおもしろい・・・


あまりにも生命力が強すぎて、どんどん伸びていくので

  「そっちへいかんとって」と引っ張りもどさなければいけない鶴首かぼちゃ

美味しすぎてハクビシンの標的になり

  ほとんど人の口には入らなかったバナナうり

かなりマニアックな野生のヤブツルアズキ

徳島県の山中在住の82歳お祖母さんが長年作り続けている

  貴重なトウモロコシ(お孫さんは子供のころのおやつだったそう)


CIMG6341s.jpg


種をとって播けば芽が出る。

当たり前のことですがこれが本当に楽しい。

この自然の営みがずっと続いて行くように、

種の交換会が続いていってほしいと思います。


皆さんの種の話がおもしろいので、

私はまた欲張ってあれもこれもいただいてしまいました。

まだまだ寒いですが

そろそろ種まきの準備にかかりませんと

あっという間に春が来そうです。


次回、秋の種の交換会は8月の予定です。

また詳細はおってお知らせいたします。

差し上げたい種がある方も、もらいたい種がある方も

是非お気軽にご参加下さい。

第12回 種ころ、迫る

高知オーガニックマーケット≪種ころがしの会≫より、お知らせです

次の土曜日、2/10は、種に関する催しを2つ開催します!


 【第6回 在来種・固定種野菜の試食会】
CIMG4747s.jpg
午前10時から 土曜市会場内(県立池公園)にて

土曜市で販売している、在来種・固定種野菜のお味見ができます。

参加は無料です。

今年の冬も、大根が主役。

シンプルに蒸して、温かい大根の食べ比べをします。

今のところ、『よつば農園』の入河内大根、

自家採種50年という、『果鳥風月』の大蔵大根、

種ころがしの会メンバーが種採りしている大根が並ぶ予定です。

農産物ガイドライン確認担当の、谷川徹さんによる、

種に関するお話といっしょに、どうぞお楽しみください。


 【第12回 種ころ(種の交換会)】
DSCF0541-2s.jpg
午後3時から5時頃まで 池公民館にて

土曜市の終了後に、お客様、出店者、スタッフが集まり、

気軽に楽しく種を交換する交流会です。

はじめに、持参した種の紹介や、前回持ち帰った種の生育状況など、

情報交換をする時間をとり、その後に、種の交換会となります。

お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

※集合場所
県立池公園の駐車場側の入り口付近(事務局テントのある辺り)にて、

午後2時30分から受け付けし、その後、会場の池公民館へ移動します。

□ 参加費 100円

□ 持ち物 交換できる種子、種を入れる袋、筆記用具
       (デジカメもあれば記録用に便利です。)

□ 交換できる種子は、固定種・在来種のみです。

   (F1由来の固定されていない種子は不可)

□ 在来種、固定種で、きちんと由来がわかるものであれば、

   購入したけど、忙しくて播くタイミングを逃した、

   一人では播き切れず余ってしまった、という種も持参OKです。

□ 持参する種子がない方も参加でき、種をお持ち帰りいただけます。

□ 営利を目的とした方はご遠慮ください。

□ 種を持参される方には、

   種の由来が参加者の皆さんに分かるように、

   種交換シートに記入していただいています。

----------------------------------------------------------

2/10は、種ころがしな一日

試食会も種ころも、どうぞお気軽にご参加ください!

CCI20180116.jpg

※チラシに「第11回」とありますが、正しくは「第12回」です。


(ちいざ)

第12回 種ころのお知らせ

高知オーガニックマーケット≪種ころがしの会≫より、お知らせです

「第6回 在来種・固定種野菜の試食会」と、

「春まき種子の交換会 第12回 種ころ」を開催します

開催日 : 2018年2月10日(土)

CCI20180116.jpg

※チラシに「第11回」とありますが、正しくは「第12回」です。


【試食会】 午前10時から 土曜市会場内(県立池公園)にて
CIMG4747s.jpg
土曜市で販売している、在来種・固定種野菜のお味見ができます。

昨冬の試食会は、大根が主役。

多種多様な大根をシンプルに蒸して食べ比べをしました。

個性ある味が楽しめ、毎回、好評!

参加は無料です。


【種ころ(種の交換会)】 午後3時から5時頃まで 池公民館にて
DSCF0541-2s.jpg
※集合場所
県立池公園の駐車場側の入り口付近(事務局テントのある辺り)にて、

午後2時30分から受け付けし、その後、会場の池公民館へ移動します。

※参加費 100円

※持ち物 交換できる種子、種を入れる袋、筆記用具
       (デジカメもあれば記録用に便利です。)

土曜市の終了後に、お客様、出店者、スタッフが集まり、

気軽に楽しく種を交換する交流会です。

交換できる種子は、固定種・在来種のみです。

(F1由来の固定されていない種子は不可)

在来種、固定種で、きちんと由来がわかるものであれば、

購入したけど、忙しくて播くタイミングを逃した、

一人では播き切れず余ってしまった、という種も持参OKです。

持参する種子がない方も参加でき、種をお持ち帰りいただけます。

営利を目的とした方はご遠慮ください。

会のはじめに、種の紹介や、前回持ち帰った種子の生育状況など、

情報交換をする時間をとり、その後に、種の交換会となります。

お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

また、種を持参される方には、

種の由来が参加者の皆さんに分かるように、

種交換シートに記入していただいています。

----------------------------------------------------------

試食会も種ころも、どうぞお気軽にご参加ください!

チラシは、土曜市会場ほかで、ただいま配布中です。


(ちいざ)

第3回 秋の種採り講習会、開催しました

種ころがしの会、担当井上です。

10/14は秋の種採り講習会。

心配だった雨も降らず、たくさんのお客様が集まってくださいました。

CIMG5928s.jpg

講師の農産物ガイドライン確認担当者、谷川徹さんから、

始めに基本的な種とりの方法と保管方法についてのお話がありました。


今日種採り実演するのは「石垣島のかぼちゃ」

かぼちゃはヘタが乾燥してカチカチになるまで置いてから収穫、種採りします。

CIMG5934s.jpg

中の種を切らないように実にくるりと包丁を入れて割ります。

このかぼちゃの種は思いのほか小さなかわいらしい種でした。

CIMG5937s.jpg


その他にオクラ、麦、きゅうり、トマトなどがサンプルとして集まりました。

CIMG5932s.jpg


種の保存の最大ポイントは「乾燥」

冷蔵庫で上手に保管した種はかなり長命なものもあり、

講師の谷川さんが冷蔵庫で保存している

1999年の種はいまだ発芽するそうです!


また、「田村蕪式会社プロジェクト」という、

仁淀川町伝統野菜である田村カブを継承するための

取り組みをされている方がPRを兼ねて参加してくださいました。

CCI20171026s.jpg

田村カブを食べてくれる人がいないと

生産者は作れないので、是非知ってもらいたいとの事でした。


谷川さんからもそのような野菜を買うことで

生産者を支えることにもなると言うお話がありました。

その土地で脈々と受け継がれてきた大切な種が

途絶えないように買うことでも支えていきたいですね。

CIMG5943s.jpg


次回、種の交換会は、2月10日(土)開催の予定です。

持って来る種がなくても構いませんのでお気軽に参加してみて下さい。

第3回 秋の種採り講習会、迫る

<種ころがしの会>より、催しのお知らせです

第3回 「秋の種採り講習会」 は、明後日10/14です。

CIMG5893s.jpg
こちらのかぼちゃ、『やくちファーム』の石垣島の固定種も、使用します。

日程 : 2017年10月14日(土)
時間 : 午前10時~11時まで
場所 : 県立池公園 (高知オーガニックマーケット会場)

参加費は無料。

参加申し込みも不要です。

講師は、谷川徹さん。

高知オーガニックマーケットの農産物ガイドライン確認担当者で、

梼原町で有機農業を営まれています

野菜の種をとり出したり、洗ったりするところを、実際にお見せしながら、

自家採種の基礎や、種の保管方法などを、具体的に学びます。

CIMG0627s.jpg

種採りを実践しているメンバーの話も、たくさん聞けると思います。

どうぞ、関心のある皆さまの、交流の場としてください

CIMG4133s.jpg

これまでの開催の様子は、ブログ記事をご覧ください。

第1回
第2回

種に関する興味深い話が、盛りだくさんの講習会です。

どうぞお気軽にお立ち寄りください


(ちいざ)

第11回 種ころ開催しました

種ころがしの会、担当井上です。

8/19の土曜市終了後、

第11回 種の交換会(種ころ)が開催されました。

CIMG5356s.jpg

今回は初参加の方が多く、

また関東から高知のあるイベントに来ていた方3名も参加してくださいました。


種は少なめでしたが、

ごぼう、人参、大根、もちきび、赤エンドウ、空豆などが集まりました。

まず始めに自己紹介と種持参の方は種紹介、

そして以前もらった種を撒いてみてどうなったかを報告します。

DSCF0776s.jpg

皆さん色々なきっかけで種の交換会に関心を持ったお話が聞けました。

病気をきっかけに食の大切さに気づき、

また伝統野菜の保存に関心を持った方

都会で暮らしていたけど

より自然な暮らしを求めて高知へ移住した方

高知の田舎に移り住んで

自分で野菜を作り食べる暮らしをしているが、

子供が元気で丈夫に成長していると嬉しそうなお母さん

交換会でもらったトマトが良く出来たが皮が堅い!加熱して食べた方が美味しい。

また自家採種している種は丈夫でよく育つという声がよく聞かれました。

色々な情報交換が楽しいですね。

CIMG5357ss.jpg

もう9月になります。

秋蒔きの種まきに忙しい時期ですね。

私もいただいた種を撒き、

またその種を交換会に出せるようがんばりたいと思います。


次回、春の種の交換会は 2/10(土)予定です。

また詳細はおってお知らせいたします。


差し上げたい種がある方も、もらいたい種がある方も

是非お気軽にご参加下さい。


(井上)

第5回 在来種・固定種野菜の試食会を開きました

第5回 在来種・固定種野菜の試食会を開きました

8/19のマーケット会場にて、10時からスタート。

主催は、高知オーガニックマーケットの出店者やスタッフの

有志からなる≪種ころがしの会≫です。


この日、集まった食材はこちら。
CIMG5326s.jpg

『桜農園』  大豊町の地きゅうり
『のぼる農園』  土佐在来なす
『佐竹農園 』 島オクラ
『よつば農園』  かぼちゃ
『オリーブ』  ツルムラサキ/えごま
『砂地グループ』 大豊町の地きび


調理風景。
CIMG5329s.jpg
島オクラを茹でる。


ツルムラサキを炒める。
CIMG5328s.jpg

≪種ころがしの会≫担当の井上さんにより、

7つの食材が、美味しそうに、みるみる変身していきます。


準備ができました!
CIMG5336s.jpg
使用した調味料は、天日塩と油だけで、シンプルに仕上げました。


切って、天日塩をふった、地きゅうり。
CIMG5351s.jpg
大豊町の在来種。


茹でた地きび。
CIMG5339s.jpg
大豊町の在来種。


ナスは、焼きました。
CIMG5349s.jpg
江戸時代に、山内家により土佐に持ちこまれたというもの。


かぼちゃは、蒸し煮。
CIMG5337s.jpg
もともとは、F1種のテツカブトですが、

『よつば農園』で8~9年、種を採り続けてきたもので、

形状も初めとは変化してきたそうです。


それぞれの野菜に、「おいしい~」という声がたくさん聞かれ、

「どこで売っていますか?」と、

お店のテントの場所をたずねられることもしばしばでした。


試食の野菜を、買ってきたお食事と一緒に楽しまれた方も。
CIMG5352s.jpg
『みんなの家』の、スープカレーに、

ツルムラサキ、かぼちゃ、ナスをトッピング。

これは美味しそう!


試食の前には、種に関するお話もありました。
CIMG5341s.jpg
講師は、農産物ガイドライン確認担当の、谷川さん(左端)。

参加された方も、家庭菜園で、F1種と在来種を育てたときの、

発芽、生育の違いについて話されるなど、

楽しい情報交換の場ともなりました。


≪種ころがしの会≫では、これからも、

種に関するイベントを、随時、企画していきます

楽しい学びの場となれば嬉しいです。


(ちいざ)

第11回 種ころ、迫る

高知オーガニックマーケット≪種ころがしの会≫より、お知らせです

次の土曜日、8/19は、種に関する催しを2つ開催します!


 【第5回 在来種・固定種野菜の試食会】
CIMG3965s.jpg
午前10時から 土曜市会場内(県立池公園)にて

土曜市で販売している、在来種・固定種野菜のお味見ができます。

個性ある味が楽しめ、毎回、好評!

農産物ガイドライン確認担当者、谷川さんによる、

種に関するお話を聞いて、ゆっくり味わってみてください。

参加は無料です。

今回は、こんな夏野菜が並ぶ予定です。

『のぼる農園』 土佐在来なす
『桜農園』 大豊在来きゅうり
『佐竹農園 』 島オクラ
『よつば農園』 テツカブト
『オリーブ』 ツルムラサキ

※テツカブトはF1種ですが、長年自家採種しているものです。(8/22追記)

どうぞお楽しみに、お気軽にお立ち寄りください!


 【第11回 種ころ(種の交換会)】
DSCF0541-2s.jpg
午後1時から3時頃まで 池公民館にて

土曜市の終了後に、お客様、出店者、スタッフが集まり、

気軽に楽しく種を交換する交流会です。

はじめに、持参した種の紹介や、前回持ち帰った種の生育状況など、

情報交換をする時間をとり、その後に、種の交換会となります。

お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

※集合場所

県立池公園の駐車場側の入り口付近(事務局テントのある辺り)にて、

12時30分から受け付けし、その後、会場の池公民館へ移動します。

□ 参加費 100円

□ 持ち物 交換できる種子、種を入れる袋、筆記用具
       (デジカメもあれば記録用に便利です。)

□ 交換できる種子は、固定種・在来種のみです。

(F1由来の固定されていない種子は不可)

□ 在来種、固定種で、きちんと由来がわかるものであれば、

購入したけど、忙しくて播くタイミングを逃した、

一人では播き切れず余ってしまった、という種も持参OKです。

持参する種がない方も参加でき、種をお持ち帰りいただけます。

□ 営利を目的とした方はご遠慮ください。

□ 種を持参される方には、

種の由来が参加者の皆さんに分かるように、

種交換シートに記入していただいています。

----------------------------------------------------------

8/19は、≪種ころがし≫な一日。

試食会も種ころも、どうぞお気軽にご参加ください!

tanekoro11.jpg


(ちいざ)

第11回 種ころのお知らせ

高知オーガニックマーケット≪種ころがしの会≫より、お知らせです

「第5回 在来種・固定種野菜の試食会」と、

「秋まき種子の交換会 第11回 種ころ」を開催します

開催日 : 2017年8月19日(土)

tanekoro11.jpg


【試食会】 午前10時から 土曜市会場内(県立池公園)にて
CIMG4747s.jpg
土曜市で販売している、在来種・固定種野菜のお味見ができます。

個性ある味が楽しめ、毎回、好評!

参加は無料です。


【種ころ(種の交換会)】 午後1時から3時頃まで 池公民館にて
DSCF0541-2s.jpg
※集合場所
県立池公園の駐車場側の入り口付近(事務局テントのある辺り)にて、

12時30分から受け付けし、その後、会場の池公民館へ移動します。

※参加費 100円

※持ち物 交換できる種子、種を入れる袋、筆記用具
       (デジカメもあれば記録用に便利です。)

土曜市の終了後に、お客様、出店者、スタッフが集まり、

気軽に楽しく種を交換する交流会です。

交換できる種子は、固定種・在来種のみです。

(F1由来の固定されていない種子は不可)

在来種、固定種で、きちんと由来がわかるものであれば、

購入したけど、忙しくて播くタイミングを逃した、

一人では播き切れず余ってしまった、という種も持参OKです。

持参する種子がない方も参加でき、種をお持ち帰りいただけます。

営利を目的とした方はご遠慮ください。

会のはじめに、種の紹介や、前回持ち帰った種子の生育状況など、

情報交換をする時間をとり、その後に、種の交換会となります。

お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

また、種を持参される方には、

種の由来が参加者の皆さんに分かるように、

種交換シートに記入していただいています。

----------------------------------------------------------

試食会も種ころも、どうぞお気軽にご参加ください!

チラシは、土曜市会場ほかで、ただいま配布中です。


(ちいざ)

第4回 在来種・固定種野菜の試食会を開きました

2/4の土曜市にて、10時より、

第4回 在来種・固定種野菜の試食会を開きました。

担当は、種ころがしの会です。

今回のテーマは、大根。

多種多様な大根が集合しました。
CIMG4730s.jpg
土曜市で販売されていた、

『やくちファーム』や『佐竹農園』の、大蔵大根、

『オリーブ』の、入河内大根、

『自然農園リトルフラワー』や『うしまめマート』の、打木源助大根、

『自然農園リトルフラワー』からは、中長聖護院大根も。

そして、種ころがしの会のメンバーが、

種ころ(種の交換会)でもらった種から育てた、

佐川大根や、昔大根もあります。

大きさ、形、色、多様性が見てとれ、すでにおもしろいです。


さて、お味は。

農産物ガイドライン確認担当の谷川さんから、種に関するお話を聞いたあと、

軽く天日塩をふりシンプルに蒸した、温かい大根を召し上がっていただきました。
CIMG4747s.jpg

CIMG4743s.jpg

CIMG4745s.jpg
「おいしい~」が、飛び交っていました。

あまみが強いもの、そうでもない淡白なもの、

食感がみずみずしいものや、ほくほくで芋ぽっいもの、

皆さん、順番に食べ比べて、それぞれの個性を味わい、さまざまな発見をされていました。


好評だった、在来種・固定種の、蒸し大根の試食会。

私の発見は、「これ、どこで売ってるの?」と、よく質問されていたことです。

試食して、美味しいと気に入られたお客さまが、

「買って帰りたい」というお気持ちになられていることが分かりました。

ニーズはあっても、実際には、土曜市で売られていなかったり、

生産量が少なかったりして、ご案内できないものもありました。

美味しい、在来種・固定種野菜を作って売る人が、

土曜市に、もっと増えると良いと思います。


種ころがしの会の、次回の企画は、

8月19日(土)に、「第11回 種ころ(秋まき種子の交換会)」と

「第5回 在来種・固定種野菜の試食会」を、行う予定です。

どうぞお楽しみに、ご参加くださいませ。


(ちいざ)

第10回 種ころ開催しました

種ころがしの会、担当井上です。

2/4の土曜市終了後、記念すべき第10回種の交換会(種ころ)が開催されました。

早いものですね。

新聞などで知ったと、初めて参加の方も何名か来て下さって嬉しいです。

今回も、以前の交換会でもらった種から出来た種を

出して下さった方がたくさんいらっしゃいました。

いい感じで種がころがっています。

DSCF0541-2s.jpg

まず始めにゆっくりと時間をとって

自己紹介と種持参の方は種紹介、

そして以前もらった種を撒いてみてどうなったかを報告します。

種を提供した方にとって、

種がもらわれていってその後どうなったかを聞くのは

とても楽しく励みになるので是非お願いしたいのです。

種の成長の記録はメモしておくと色々と役に立つのでおすすめです。


写真でわかるように少ししかない種もあるのでみんなで分け合います。

家庭菜園の方が多いみたいです。


私の今回の注目種はこれ、珍しい野菜「パースニップ(白人参)」
DSCF0545-2s.jpg


「どんなもんかわからんろうから」と試食用ペーストも持参してくれました。
CIMG4770s.jpg
不思議な味・・・

いろんな野菜を混ぜたようなコクのある味とねっとり感で美味しい。

これでスープを作ってみたいと思いました。


こんなおいしいパースニップですが、葉は要注意だそうです。

「パースニップの葉や茎の汁は

フラノクマリンを含むため光線過敏を引き起こす。

葉っぱを触る時は、必ず手袋をはめること。」

ということです。

※その他、モロヘイヤの種とさやも毒性があり、食べると危険ですので注意が必要です。


さあ、これから種まきに忙しい時期ですね。

私もいただいた種を撒ききれるようにがんばりたいと思います。


次回、秋の種の交換会は8月19日(土)の予定です。

また詳細はおってお知らせいたします。

差し上げたい種がある方も、もらいたい種がある方も

是非お気軽にご参加下さい。

第10回 種ころ、迫る

高知オーガニックマーケット≪種ころがしの会≫より、お知らせです

次の土曜日、2/4は、種に関する催しを2つ開催します!

 【第4回 在来種・固定種野菜の試食会】
02s_201603130657220df.jpg
午前10時から 土曜市会場内(県立池公園)にて

土曜市で販売している、在来種・固定種野菜のお味見ができます。

今回は、いろいろな種類の大根をならべる予定です。

農産物ガイドライン確認担当者、谷川さんによる、

種に関するお話のあと、蒸したあたたかい大根を、

召し上がっていただきます

参加は無料です。


 【春まき種子の交換会 第10回 種ころ】
CIMG2631s.jpg
午後3時から5時頃まで 池公民館にて

土曜市の終了後に、お客様、出店者、スタッフが集まり、

気軽に楽しく種を交換する交流会です。

はじめに、持参した種の紹介や、前回持ち帰った種の生育状況など、

情報交換をする時間をとり、その後に、種の交換会となります。

お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

※集合場所
県立池公園の駐車場側の入り口付近(事務局テントのある辺り)にて、

2時30分から受け付けし、その後、会場の池公民館へ移動します。

□ 参加費 100円

□ 持ち物 交換できる種子、種を入れる袋、筆記用具
       (デジカメもあれば記録用に便利です。)

□ 交換できる種子は、固定種・在来種のみです。

(F1由来の固定されていない種子は不可)

□ 在来種、固定種で、きちんと由来がわかるものであれば、

購入したけど、忙しくて播くタイミングを逃した、

一人では播き切れず余ってしまった、という種も持参OKです。

持参する種がない方も参加でき、種をお持ち帰りいただけます。

□ 営利を目的とした方はご遠慮ください。

□ 種を持参される方には、

種の由来が参加者の皆さんに分かるように、

種交換シートに記入していただいています。

----------------------------------------------------------

2/4は、種ころがしな一日。

試食会も種ころも、どうぞお気軽にご参加ください!

tanekoro10.jpg


(ちいざ)

第10回 種ころのお知らせ

高知オーガニックマーケット≪種ころがしの会≫より、お知らせです

「第4回 在来種・固定種野菜の試食会」と、

「春まき種子の交換会 第10回 種ころ」を開催します

開催日 : 2017年2月4日(土)

tanekoro10.jpg


【試食会】 午前10時から 土曜市会場内(県立池公園)にて
CIMG3209s.jpg
土曜市で販売している、在来種・固定種野菜のお味見ができます。

農産物ガイドライン確認担当者、谷川さんによる、

種に関するお話もあります。

参加は無料です。


【種ころ(種の交換会)】 午後3時から5時頃まで 池公民館にて
CIMG2631s.jpg

※集合場所
県立池公園の駐車場側の入り口付近(事務局テントのある辺り)にて、

2時30分から受け付けし、その後、会場の池公民館へ移動します。

※参加費 100円

※持ち物 交換できる種子、種を入れる袋、筆記用具
       (デジカメもあれば記録用に便利です。)

土曜市の終了後に、お客様、出店者、スタッフが集まり、

気軽に楽しく種を交換する交流会です。

交換できる種子は、固定種・在来種のみです。

(F1由来の固定されていない種子は不可)

在来種、固定種で、きちんと由来がわかるものであれば、

購入したけど、忙しくて播くタイミングを逃した、

一人では播き切れず余ってしまった、という種も持参OKです。

持参する種子がない方も参加でき、種をお持ち帰りいただけます。

営利を目的とした方はご遠慮ください。

会のはじめに、種の紹介や、前回持ち帰った種子の生育状況など、

情報交換をする時間をとり、その後に、種の交換会となります。

お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

また、種を持参される方には、

種の由来が参加者の皆さんに分かるように、

種交換シートに記入していただいています。

----------------------------------------------------------

試食会も種ころも、どうぞお気軽にご参加ください!


(ちいざ)

秋の種採り講習会、開催しました!

秋の種採り講習会、開催しました!

02s_20161011173123312.jpg

種ころがしの会、担当井上です。

10/8はお天気が心配されましたが、

講習会が始まる時には雨もやみ晴れ間がのぞきだしました。

講師の農産物ガイドライン確認担当者、谷川徹さんから、

始めに基本的な種とりの方法と保管方法についてのお話がありました。

CIMG4133s.jpg

種とり・保管の重要なポイントは「乾燥」。

この為、種とりは出来るだけ天気のよい乾燥した日がよいのです。

上手に保管した種は、種類にもよりますが

15年くらい経っても発芽することがあるそうです!


ズッキーニ、
01s_20161011173126aad.jpg

オクラ、
CIMG4136s.jpg


アマランサス
CIMG4138s.jpg
などの種とりを実演しました。


私が種の交換会でいただいて毎年種とりをしている
CIMG4141s.jpg
ツルクビカボチャを試食していただきました。


また毎年種とりをしていても、

天候や害虫の影響などにより全くとれない年があったりします。

そんな時の為にとれる年には多めに保存しておく、

種の交換会などで譲渡して他の人に種を継いでもらい、

絶やさないようにするなどの工夫が大切だとのお話がありました。

これは私も毎年種とりをしていて実感します。


種とりは難しいというイメージをお持ちの方もいるかも知れません。

まずは簡単なオクラや豆類などからチャレンジしてみては如何でしょうか。

そして疑問があったら是非種の交換会や勉強会で質問してみてください。


次回種の交換会は2月開催の予定です。

持って来る種がなくても構いませんのでお気軽に参加してみて下さい。

明日は秋の種採り講習会です

<種ころがしの会>より、催しのお知らせです

明日の土曜市会場にて、第2回 「秋の種採り講習会」 を開催します!

CCI20161007s.jpg

時間 : 午前10時~11時まで
場所 : 県立池公園 (高知オーガニックマーケット会場)

講師は、谷川徹さん。

高知オーガニックマーケットの農産物ガイドライン確認担当者で、

梼原町で有機農業を営まれています


前回は、野菜の種をとり出したり、洗ったりするところを、実際にお見せしました。

CIMG0627s.jpg

種に関する興味深いお話も、盛りだくさんでした!

CIMG0616s.jpg

前回の開催の様子は、こちらのブログ記事 をご覧ください。

今年も、採種・選別・保存の方法などを、具体的に学びます。

参加費は無料。

参加申し込みも不要です。

どうぞお気軽にお立ち寄りください


(ちいざ)

第9回種ころ、開催しました

種ころがしの会、担当井上です。

8/27の土曜市終了後に

第9回 種の交換会(種ころ)が開催されました。

土曜市の出店者も含めて16名の参加者が集まりました。
CIMG3991s.jpg
今回は種の種類は少なめでしたが、

秋まきの種ということで数種類の地大根が集まりました。

その土地でずっと受け継がれていく様々な名前の大根。

ただ大根同士は非常に交雑しやすいので種採りには注意が必要です。

詳しくは10/8(土)10:00~ 「秋の種採り講習会」 に是非ご参加下さい。

CIMG3212s.jpg


今回私は空豆を持っていきましたが、

以前種交換会で提供された同種類の空豆をお二人の方が育て、

種とりして持ってきてくれていました。

そのため同じ種類の空豆が、3人から出揃うこととなりました。

このようにして、1人が手渡した種が2人、3人と広がっていき、

それぞれの土地で鍛えられていく。

例えば私が種取りに失敗したとしても

他の誰かが種採りしてくれていれば安心ですね。


CIMG3990s.jpg
楽しい自己紹介と種紹介の後に、

皆さん思い思いの種を持って帰られました。

自分は畑をやってないけれどご家族の為に

種採りには挑戦したいがなかなかそこまではできない

そんな方も是非お気軽にご参加下さい。

次回、第10回 種ころは、2017年2月4日(土)午後3時から、開催予定です。

秋の種採り講習会を開きます

<種ころがしの会>より、催しのお知らせです

第2回 「秋の種採り講習会」 を開催します!

CIMG0612s.jpg

日程 : 2016年10月8日(土)
時間 : 午前10時~11時まで
場所 : 県立池公園 (高知オーガニックマーケット会場)


講師は、谷川徹さん。

高知オーガニックマーケットの農産物ガイドライン確認担当者で、

梼原町で有機農業を営まれています

今回は、昨年の秋に続いて、2回目の開催となります。

前回は、野菜の種をとり出したり、洗ったりするところを、実際にお見せしました。

CIMG0627s.jpg

種に関する興味深いお話も、盛りだくさんでした!

CIMG0616s.jpg

前回の開催の様子は、こちらのブログ記事 をご覧ください。

今年も、採種・選別・保存の方法などを、具体的に学びます。

参加費は無料。

参加申し込みも不要です。

どうぞお気軽にお立ち寄りください


(ちいざ)

第3回在来種・固定種野菜の試食会を開きました

<種ころがしの会>より、イベントの開催報告です。

8/27の土曜市会場にて、在来種・固定種野菜の試食会を開きました

スタートは10時から、今回で3回目となる試食会です。

土曜市の出店者から購入、または、寄付された、たくさんの野菜が並びました。
CIMG3965s.jpg

 『佐竹農園』 丸オクラ
 『青木屋』 ゴボウ
 『オリーブ』 ツルムラサキ/空芯菜
 『のぼる農園』 ナス(土佐伝来種)
 『桜農園』 きゅうり(大豊町在来)/アマランサス
 『よつば農園』 つるくびかぼちゃ
 『うしまめマート』 四葉きゅうり


料理長は、<種ころがしの会>担当の事務局スタッフ、井上さん。

野菜の持ち味を生かすように、

「焼く・煮る・茹でる・切る + 天日塩または醤油」

と、シンプルな調理を心がけてくださいました。


今回、はじめての試みとして、「スーパーの野菜」も、一緒に並べてみました。
CIMG3974s.jpg
味の違いを、はっきりと感じる人が多く、おもしろかったのは、きゅうり。


上:『桜農園』の、大豊町の地きゅうり
CIMG3963s.jpg
下:『うしまめマート』の、四葉きゅうり


こちらは、スーパーで購入した、北海道産きゅうり。
CIMG3964s.jpg
おそらく、慣行栽培の、F1種。

外見の違いも、おもしろいです。

私にとっては、揃いのいい、スーパーのきゅうりが、

子供のころから慣れ親しんだ形です。

味は、淡白で、食感は、水気が少なく、スカスカした感じがしました。

一方、『桜農園』と『うしまめマート』のきゅうりは、

味がはっきりしていて濃く、みずみずしくて、美味しいと感じました。


固定種を専門にあつかう「野口種苗店」の、野口勲さんのお話では、

「外食産業が産地の農協に要求することは、

「味のない野菜をつくってくれ」ということ」 
だそうです。

理由は、「なまじ野菜の味に個性があると、レシピが狂ってしまう」とのこと。


食べ比べて、びっくりするほど違いが歴然だった、きゅうりの味に、

野口さんのお話は、こういうことかと、味(ミ)をもって納得できました。


試食会の中で、農産物ガイドライン確認担当の、谷川さんが、

「まずは、在来種・固定種の野菜も食べてもらい、

知ってもらって、そして、これから、選んでもらえたら良いと思う。

食べる人に選んでもらわないと、生産者はつくれないので、

貴重な種が、途絶えてしまうことになる。

買う側が選ぶことが、いちばん手っ取り早い、解決方法かもしれない」

というお話をされていました。


土曜市で定める、農産物のガイドラインにおいては、

種子については、自家採種を目標としていますが、

F1種、固定種、在来種の制限はありません。


土曜市全体で、在来種・固定種を守り、

自家採種率を上げていくには、生産者だけでなく、

お客さんの力がとても重要で、不可欠なのです。


試食会では、井上さんとっておきの、タイガーメロンもふるまわれました。
CIMG3973s.jpg
井上さんが、8年も自分で種を採り、作り続けているもの。

もとは、ホームセンターで購入した苗とのこと。

タイガーメロンを取りだしたときの、ほこらしげな井上さんから、

自分で種を採り、またその種をまき収穫する、

循環のよろこびや、楽しさが、伝わってきました。


<種ころがしの会>では、これからも、イベントを開催していきます。

10月8日(土)には、午前10時~、土曜市会場にて、種採り講習会を開きます。

講師は、農産物ガイドライン確認担当の谷川さん。

種採り、選別、保存の方法を学びます。

次回の「種ころ(春まき種子の交換会)」は、2017年2月4日です。

関心のある方は、どうぞお気軽にご参加ください


(ちいざ)

8/27は種ころ&試食会です

高知オーガニックマーケット<種ころがしの会>より、お知らせです。

きたる 8月27日(土) に、
「第3回 在来種・固定種野菜の試食会」と、
「秋まき種子の交換会 第9回 種ころ」を開催します


【試食会】 午前10時から 土曜市会場内(県立池公園)にて
CIMG3209s.jpg
土曜市で販売している、在来種・固定種野菜のお味見ができます。

参加は無料です。

現在、予定しているのは、こちらの野菜。

 『佐竹農園』の、丸オクラ
 『青木屋』の、ゴボウ
 『オリーブ』の、ツルムラサキ、空芯菜
 『のぼる農園』の、ナス(土佐伝来種)
 『桜農園』の、きゅうり(大豊町在来)、アマランサス

今回は、F1種の野菜もならべ、食べ比べも予定しています。

<種ころがしの会>担当の事務局スタッフ、井上料理長の、

シンプルでおいしいと好評の調理も、どうぞお楽しみに

土曜市の、農産物ガイドライン確認担当者、

谷川徹さんから、種に関するお話もあります!


【種ころ(種の交換会)】 午後1時から3時頃まで 池公民館にて
CIMG2631s.jpg

※集合場所

県立池公園の駐車場側の入り口付近(事務局テントのある辺り)にて、
12時30分から受け付けし、その後、会場の池公民館へ移動します。

※参加費 100円
※持ち物 交換できる種子、種を入れる袋、筆記用具
       (デジカメもあれば記録用に便利です。)

土曜市の終了後に、お客様、出店者、スタッフが集まり、
気軽に楽しく種を交換する交流会です。

交換できる種子は、固定種・在来種のみです。
(F1由来の固定されていない種子は不可)

在来種、固定種で、きちんと由来がわかるものであれば、
購入したけど、忙しくて播くタイミングを逃した、
一人では播き切れず余ってしまった、という種も持参OKです。

持参する種子がない方も参加でき、種をお持ち帰りいただけます。

営利を目的とした方はご遠慮ください。

会のはじめに、種の紹介や、前回持ち帰った種子の生育状況など、
情報交換をする時間をとり、その後に、種の交換会となります。
お時間に余裕を持ってお越しくださいませ。

また、種を持参される方には、
種の由来が参加者の皆さんに分かるように、
種交換シートに記入していただいています。


試食会も種ころも、どうぞお気軽にご参加ください!


(ちいざ)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索