第2回全国大会

3/22、6周年感謝祭とあわせて
第2回オーガニックマーケット全国大会を開催

黒潮町、徳島、愛媛、岡山から20テントの出店がありました。

こちらは、幡多・マーケット 海辺の日曜市 より出店の『有機栽培 おむすび畑』。
CIMG0237s.jpg
自家産の野菜、看板には「農薬・化学肥料不使用/愛使用」。

春の畑ランチセット「ケークサレとレモングラスのクリームスープ」や、
サーターアンダギー、スイートポテトなど、魅力的!

こちらは『海辺のガラス工房 Kiroroan』。
CIMG0206s.jpg
Tシャツアート展発祥の地、黒潮町らしい素敵な作品です。
初夏のさわやかな風を感じました

9店の出店があった 海辺の日曜市 は、
毎月第2日曜、黒潮町入野、西南大規模公園で開催しています!

徳島は、手作りにこにこ市 から5店の出店がありました。
CIMG0216s.jpg
手作り石けんの『花水月』、消しゴムはんこの『KESHIHAN洞』、
手作り雑貨の『亜美屋』、『acomi』、季節の美味しいもの『みろくGOGO』。

写真右側のテントに掛かる手作りの日傘、人気を集めていました

『みろくGOGO』の、旬の野菜たっぷりチヂミ。
CIMG0236s.jpg
美味しそう!

ステージにも出演、盛り上げてくださいました。
『みろくGOGO』のジャンベ × 私の歌とウクレレのコラボも発生
楽しいステージタイムを、ありがとうござました!

徳島 手作りにこにこ市 は、
毎月2回、第1と第3日曜に開催しています。

愛媛は、丘の上の日曜市 から2店の精鋭が出店。
CIMG0203s.jpg
こちらは、『菜月自然農園』の自然栽培の野菜。
自家産材料を使った焼き菓子や天然酵母パンもずらりと。

『阿部みかん農園』は、みかんジュースを出品。
ステージにも出演されていたような・・・?

丘の上の日曜市 は、毎月第4日曜。
実はこの翌日が開催日という大変なスケジュール。
こころのこもった品々を、ありがとうございました!

岡山からは、6店の出店がありました。
CIMG0213s.jpg
『ナチュラル スウィーツ チュプ』。

野菜、豆、果実を使ったケーキやタルト、シフォンケーキ、
クッキーなど、乳製品を使わない焼き菓子がたくさん。

『naco』は、草木染めの紡ぎ糸の織物で作った服やストール、雑貨など。
CIMG0271s.jpg
テントのそばでは、糸紡ぎ。

天然酵母石釜パンや焼き菓子の『小麦が発酵 ボン・ドゥン』、
豆乳チャイの『アーナンド』、
果実のクレープやチャパティの『アルバンモー』も出店。

そして、イラストレーターの大神慶子さんも!
CIMG0207s.jpg
マーケットのパンフレット、リーフレット、そして6周年感謝祭のチラシもデザイン。

ポストカード。
CIMG0209s.jpg

Tシャツ。
CIMG0208s.jpg
6周年感謝祭を、カラフルにお祝い
全部欲しくなるかわいさ!

今回、出店は叶わなかった鳥取オーガニックマーケットを
主催する皆さんも、はるばる遊びに来てくださいました。

私が、いつものマーケットにはない、
新しいもの、珍しいものにわくわくしながらお店を回っていると、
おなじように楽しんで回っている普段の出店者に出くわしました

遠くからの出店で、6周年感謝祭を盛り上げてくださった
黒潮町、徳島、愛媛、岡山の皆さま、ありがとうございました!


マーケット終了後には、
外部から出店の皆さんとの交流会を開きました。

気持ちの良いマーケットだった、出店を楽しめた、
という声が多く、何よりと、嬉しく思います。

これから地元でオーガニックマーケットを始めたい人、
実際に市を運営している人、安心できる市を求めるお客様。

様々な立場の人の意見を聞くことで、新たな学びがありました。

“ オーガニック ”ということにこだわって市を開催する難しさ。
それでも、信念を貫き、続けていくことの大切さ。

初めはよちよち歩きの高知オーガニックマーケットも、
6年のうちに少しずつ足腰がすわり、成長しているのを感じました。

7年目となるマーケット。
これからも毎週の開催を大切にすることに尽きるのだと思います。


(ちいざ)

6周年感謝祭チラシ

6周年感謝祭のチラシができました!



本日2/8からマーケットで配布予定でしたが、
中止となったため、次回2/15からお目見えします。

パンフレットでおなじみの大神慶子さんによる、
ほれぼれするようなデザイン

3/22は、大神さんご本人の出店も決定!
きっと素敵なグッズが並ぶはず!

6周年感謝祭を、お楽しみに


(ちいざ)

笑心まつり手づくり市

愛媛県内子町で10/26(土)・27(日)に開催された、

笑心まつり手づくり市2013 へ行ってきました

笑心は、えこころ、と読みます。

会場は、主催者のお一人である和田さんご夫妻の『菜月自然農園』。
IMGP2707s.jpg
住まいや農園がある敷地内に、約40の出店テントが並んでいました。

自然農の畑に囲まれた庭先で、シートをひろげ、思い思いにくつろぐお客さんたち。
IMGP2700s.jpg
それでも、音楽やパフォーマンスが発信されるステージを中心に、
不思議な一体感が生まれているのを感じます。

自給的な暮らしを営む、その生活の場で開かれる市。
IMGP2699s.jpg
穏やかな、あるがままの空気が漂い、それはとても心地よいものでした。

高知オーガニックマーケットの出店者にもちらほら出会いました。
IMGP2695s.jpg
内子町から高知県へ移住された『パーラー・雨』。

年に1回、この市に合わせて発行しているという「食卓ノオト」は、
今年、5冊目となりました。

最新号を、わざわざ、ホーム内子でゲットしました。
中身も、トリップ感がたまりません。

午後からの「畑のおさんぽ会」では、農園をぐるりと見学させて頂きました。
IMGP2718s.jpg
米、小麦、野菜、果実など、約100種の作物を栽培され、
自家採種にも力を入れているそうです。

鶏小屋、炭焼き釜、壁や床は手作りという住まいも見せて頂き、
なんだかここは楽園のように思えてきました。

『菜月自然農園』の和田さんは同じ場所で、仲間たちと

毎月第4日曜、11時から15時まで 丘の上の日曜市 を開催しています。

7・8月は第4土曜の17時~20時、土曜夜市になるそうです。

11/9の、高知オーガニックマーケット 第6回 秋の収穫祭には、
この丘の上の日曜市からも、2店の出店があります。

まずは和田さんの『菜月自然農園』。
IMGP2679s.jpg
もはやテントではない、手づくりのお店、素敵です。
野菜、梅干、ジャム、タルトやフォカッチャ、シチューに大豆コーヒー。
原材料はできる限り自家産を目指されています。

こなこなシチューと、やきいもしっとりタルトを買いました。
IMGP2683s.jpg
小麦、野菜、ごままで自家産という、限りなく自給率が100%に近いセットです。

本当に、来た甲斐があったと思いました。
美味しい!
シチューの野菜のうまみがすごい。

『阿部みかん農園』も収穫祭に出店されます。
IMGP2685s.jpg
農薬、化学肥料を使わず育てられたみかんやレモン。
好きなだけ詰め放題な売り方、人気を集めていました。

『菜月自然農園』も『阿部みかん農園』も、
11/9、高知オーガニックマーケット 秋の収穫祭
どんな出品メニューになるかは、当日をお楽しみに!


毎年たくさんの人でにぎわうと、噂に聞きし、笑心まつり手づくり市。
初めてお邪魔して、その心地よさに触れました。

帰ってからもしばらく、いつもより心が落ち着いていて、
いつもより大切に暮らしている自分に気がつきました。

素敵な市を開催される方々と、これからも交流を続けられたらと思います。
丘の上の日曜市の開催情報が出ている、菜月自然農園のブログはこちら。
http://nazukizuzu.blog12.fc2.com/


内子までのドライバーをしてくれた事務局のキータン、ありがとう!
最後に車のキーをなくしてスタッフまで巻き込んで探し回ったこととか、
全然気にしてないから!
体調不良で往復5時間の運転、本当にお疲れ様でした。
本当にありがとう。


(ちいざ)

またひとつ 仲間が増えました。

img027.jpg

5月5日の高知オーガニックマーケットに、大阪の、河内長野市であたらしい
オーガニックマーケットができるといううれしいしらせが届きました。
またひとつ仲間が増えました。
このマーケットの発起人の方は、
高知オーガニックマーケットへは何度も来ておられたそうで、特に、出席ボードが気に言ったとかで、、

新しいマーケットでも出席ボードを作られるとのことです。

このマーケットは、、国の、有形登録文化財でもあり、三千坪にも及ぶ日本庭園を持つ「南天苑」
という宿の建物の中でおこなわれるそうです。

日本各地、それぞれの土地の特色を生かし、限られた条件の中でみながんばっています。とても嬉しいです。

とても楽しみです。


               (モンペネコ)

三重県でもオーガニックマーケットはじまる。

img019_convert_20100830150723.jpg
8月28日の高知オーガニックマーケットに嬉しいお客様が三重県から3人来てくださいました。

3ヶ月ほど前 三重県の方から事務局にお電話がありました。三重県でもオーガニックマーケットを始めたいと思っているので いろいろ教えてほしいとのことでした。しばらくお電話でお話して 後で高知オーガニックマーケットに関する資料を送らせてもらいました。若い男の方でした。これからこんな若いひとたちが日本中でオーガニックマーケットをつくっていってくれるような予感がしていました。

その彼が28日のマーケットに突然現れて「オーガニックマーケット始めました
とこのチラシを見せてくれました。本当にびっくりしました。 いつもおもうことですが「やっぱりわかいひとはすごい」です。
三重のオーガニックマーケットでは高知オーガニックマーケットの「農産物栽培基準」と「加工食品ガイドライン」をそのまま使っておられるそうです。かなり厳しい基準だと思うのですが 彼からは「一見難しいようですが当たり前にしていくべき内容ばかりだと感じております。」という頼もしい返事が返ってきました。これからが楽しみです。


             (モンペネコ)


荳蛾㍾縺九i縺ョ縺雁ョ「讒・_convert_20100830144722

more...

ご挨拶と偵察

11月28日のマーケットには愛媛でオーガニックマーケットを始めようとしている方が来ました。

以前電話をもらって(自分たちもやりたいので話を聞きたい)ということでいろいろ話した方でした。

12月5日に第一回のオーガニックマーケットを開催するそうです。

「ご挨拶に来ました」 なんて言われて 恐縮  しました。

とりあえずは不定期の開催だそうですが熱い思いは伝わってきました。


広島からも3人の若い女性がやってきました。

「広島でもオーガニックマーケットやりたいので偵察に来ました。港の土曜市いいですね。」

と言ってくれました  。

日本全国でこの動き広がる予感がします。もちろん最初から願っていたことです。

theme : 高知(土佐)
genre : 地域情報

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索