FC2ブログ

応援団ツアー2017

2017/12/05 Tue 22:08

11/23(木・祝)、「高知オーガニックマーケット応援団と出店者の交流会」を開催しました!

人気の干物屋さん、中土佐町上ノ加江の『岡岩商店』を訪ねました。


参加者は、大人19名、子供4名、犬1匹。
CIMG6074s.jpg
記念撮影は、岡岩商店トラック横に、集合!


はじめに上ノ加江漁港に着くと、『珈琲屋のんちゃん』の、ウェルカム珈琲!
CIMG6040s.jpg
サプライズで、全員にふるまってくださいました。

早めに現地入りして、たててくださった男前珈琲をいただきながら、

皆で自己紹介などしながら、リラックスできました


『岡岩商店』、加工場に場所を移し、干物作り体験スタート
CIMG6046s.jpg
レクチャーしてくださっているのが、『岡岩商店』、隅田さんです。

今日は、カマスとアジの開きを作ります。


アジ、実演。
CIMG6058s.jpg
プロの技、見ているだけなら簡単なのですが・・・。


いざ、実践。

『刻屋』の植村家、四兄弟。
CIMG6051s.jpg
小学生でも、一人で包丁を持って魚をさばく、頼もしさ。


大人も夢中になります。
CIMG6061s.jpg
まるでパートさんのように、たくさん開きました。


親切に教えて回ってくださった、隅田さん。
CIMG6053s.jpg
ビギナーの私には、なかなか理解できず、難しかったです!


最後は、流水できれいに洗います。
CIMG6064s.jpg

あとは持ち帰って、塩水につけ、干して完成。

持ち帰り用の天日塩も、隅田さんが用意してくださっていました。


お昼ご飯は、炭火でバーベキュー!
CIMG6068s.jpg
温かな晴れの日、風もなく、絶好の日和でした。


カマス。
CIMG6066s.jpg
新鮮!ふわふわ。


イカ。
CIMG6067s.jpg
ぷりっっぷりっ!!


『青木屋』から人参、かぼちゃ、紫芋、『佐竹農園』から固定種の大蔵大根、
CIMG6070s.jpg
『刻屋』から、じゃが芋やさつま芋など、野菜の差し入れもたくさんありました。

とくに、人参のあまさ、大蔵大根の大根おろしの美味に、感動!


食べ放題かと思うほど大漁な、新鮮魚介の、ぜいたくなバーベキュー。

「うまい!」「おいしい!」の声と笑顔が、漁港に揚がっていました。


穏やかな、上ノ加江漁港。
CIMG6081s.jpg
青にも、のんびり癒されました。

応援団のお客様からの差し入れもあり、和やかに交流を楽しむことができました。


なかなか手間ひまのかかる、干物作り。

体験して、美味しい干物がいただける、ありがたみがよく分かりました。

そして私は自分で作るより、『岡岩商店』の美味しい干物を買いたい!と思いました。


隅田さん、本当にお世話になりありがとうございました。

『岡岩商店』は、夏期と、悪天候の日をのぞいて、毎週出店しています!


(ちいざ)
応援団

応援団ツアー2017【予告編】

2017/10/30 Mon 21:21

高知オーガニックマーケット応援団と出店者の交流ツアー、

2017年度も開催します!

今回は、中土佐町上ノ加江の『岡岩商店』を訪ねます。

夏期をのぞいて毎週出店している、人気の無添加・干物屋さんです。

朝どれの鮮魚で、干物作り体験と炭火バーベキューを楽しみます

ぜひ交流をお楽しみください!

---------------------------------------------------------

 応援団ツアー 2017 

開催日:2017年11月23日(木・祝) ※ 雨天決行

集 合 : 午前10時に 道の駅「なかとさ」に集合
       (解散は午後2時頃を予定しています)

参加費 : 500円

持ち物 :
長靴、タオル(干物作りで濡れる可能性あり)
ご飯(主食)、飲み物、MY箸、皿、コップ

定 員 : 20名様程度

内容 :

 『岡岩商店』で干物作り。

時間内に干し上がらないので、持ち帰って干していただきます。

蚊が多いので、長袖長ズボンがおすすめです。

 昼食は、目の前の漁港にテントを張って、魚のバーベキュー。

魚のみご用意します。

ご飯(主食)、飲み物、その他はご持参ください。


※ツアーへの参加には、お申し込みが必要です。

参加ご希望のお客様は、

「高知オーガニックマーケット応援団」へご入団のうえ、

11/15(水)までに、事務局まで参加をお申し込みください


---------------------------------------------------------

先日、ツアーの下見をさせていただきました。

『岡岩商店』、加工場にて。
CIMG5915s.jpg
この日に仕入れた、鯛などの鮮魚。


加工場のすぐそばにひろがる、上ノ加江ブルー。
CIMG5918s.jpg
グリーン?


美味しい、癒しの交流ツアーになりますように


---------------------------------------------------------

ツアーに参加ご希望のお客様は、

「高知オーガニックマーケット応援団」へ、入団してくださいね

入団手続きは、マーケット入口近くの、事務局テントまでお越しください。

青いのぼりが目印です

登録料1000円と年会費2000円の、合計3000円が必要です。

応援団員限定の、ステキなバッグを差し上げます!
CIMG3444s.jpg
団員ナンバー入り。

毎年、更新するたび、【ど】スタンプが増えていきます。

応援団について、詳しくは、

池公園の土曜市WEBサイトの 「応援団」のページ をご覧ください。


(ちいざ)
応援団

応援団ツアー2016

2016/11/09 Wed 23:05

10/19(水)、「高知オーガニックマーケット応援団と出店者の交流会」を開催しました!

今年は題して、「農地見学会 with the ヤング!」。

マーケットに毎週出店する、20代、30代の、

若い出店者の皆さんと交流しよう!というコンセプトで企画しました。


参加者は、大人20名、子供2名の、総勢22名。
PA190023s.jpg
記念撮影は、お昼ごはんをいただいた梅星館の前にて。


ツアーは、『佐竹農園』の農地見学からスタートしました。

集合場所の道の駅 南国風良里から、車で5分ほど。

「明日、稲刈りです。」と佐竹さん。
CIMG4271s.jpg
収穫まぎわの、稲穂の風景が広がっていました。


ズーム。
CIMG4268s.jpg
品種は、にこまる。


「分けつが多い」と、農産物ガイドライン確認担当者の谷川さんから、称賛の声が。
CIMG4270s.jpg
分けつとは、稲が成長にしたがって枝分かれし、新しい茎がでること。

佐竹さんは、稲を2本ずつ、手植えしたそうですが、

それが、たくさん分けつして、太く立派に育ったのです。

『佐竹農園』の、新米(玄米・白米)は、土曜市でにこにこ販売中!


こちらは、りゅうきゅう。
CIMG4266s.jpg
圧倒されるほど大きい葉は、手のひら10個分くらい。

株元には、刈った草が敷かれています。

「敷き草が好き」という、佐竹さん。

草をめくったとき、小さな虫が増えているのを見るのが好き、

と、ほのぼのとした笑顔で語ってくれました。


オクラ畑を背景に、こちらを向いているのが、佐竹さん。
CIMG4275s.jpg
有機農業で新規就農して2年目、土曜市への毎週出店も2年目です。

農業は、一人で営まれています。すごい!

畑には、ナス、唐辛子、大根、人参なども植わっていました。


南国市のスーパーでも、販売しているという、オクラ。
CIMG4283s.jpg
これだと、スーパーでは、お客さんは、有機栽培であることに気がつきません。

「【高知オーガニックマーケットに出店しています】」と書くのはどう?」

というナイス提案が、応援団のお客様からあがっていました。


次は、『南国にしがわ農園』へ。

車を走らせ約5分、有機JAS認定のグァバ農園に到着。
CIMG4285s.jpg
雨よけハウスの中に、300本以上のグァバの樹が植わっています。

はじめは、種から育てたそうです。

ちなみに、有機JAS認定を受けたグァバ農園は、国内に3ヵ所しかないのだとか。


ハウス内は、さまざまな生き物も息づく、ビオトープ。
CIMG4289s.jpg
カエルは、ヨトウムシを食べてくれます。

まるまるとしている気が。


若いグァバの実。
CIMG4292s.jpg


熟れたグァバの実。
CIMG4288s.jpg
トロピカルな甘~い香りが、ただよいます。

「これを触ったら、車の中でも、ずっとこの香りがただよっていた」

という事例を、2車から聞きました。

グァバの実、芳香パワー強し?


土曜市で販売されているのは、果実ではなく、葉をお茶にしたもの。

右が、西川さん。土曜市への毎週出店は、1年目です。
CIMG4284s.jpg
洗ったグァバの葉を、天日乾燥するためのネットが並んでいます。

グァバ茶には、抗酸化作用(アンチエイジング、美白)や、

糖の吸収をおさえるなど、さまざまな働きがあるとの説明を聞いて、

女性はもちろん、糖尿の気がおありの方からも、反応がありました。


ご家族で営まれている『南国にしがわ農園』は、

地域で雇用をふやすことも、目標にされているそうです。


この後、西川さんの田んぼ、

ヘチマ、かりん、ゆず、柿、すもも、さくらんぼなどの果樹園も見学。


お昼ごはんは、『暮らすラボ』のお弁当をいただきました。
CIMG4301s.jpg
土曜市の野菜が、ふんだんに使われています。

かぼちゃの甘酒ソースグラタン
凍り豆腐の南蛮漬け
チャーテとコリンキーの柿なます
ごぼうの梅和え
モロッコいんげんの胡麻和え
里芋のみそ和え

「青木屋さん率、高めです」と、作り手の有田さん。

ごぼう、里芋、モロッコいんげん、チャーテが、『青木屋』の野菜。

おいしかったです!

『暮らすラボ』は、毎週出店2年目で、

マフィン、クッキーなどの焼菓子や、お弁当を販売しています。


西川さんが、グァバの果実をふるまってくださいました。
CIMG4302s.jpg
思いのほか固い、小さい種が入っています。

味は、香りほど甘くなく、あっさりめ。

糖度は低く、ビタミンCが豊富だそうです。

ジュースや、かき氷のシロップになって、夏の土曜市に登場したら、最高ですね!


食後のお茶は、もちろんグァバ茶。

お茶は、香りも味も、甘~いトロピカル感は全くなし。

くせがなく、すっきり飲みやすい、ノンカフェインの健康茶です。


お茶を飲みながら、自己紹介やツアー感想などを話す、

交流の時間をとって、解散となりました。


毎週の土曜市を支えてこられた、ベテラン出店者の方からは、

「若い人ががんばっているのを見て、自分もがんばらな、と思った」

出店1、2年目の新しい若い世代の方からは、

「皆さんが温かい目でみてくれるので、より元気になれた」

と感想があり、双方ともに、触発しあう機会となったようです。


そして、愛をもって、土曜市を応援してくださる、応援団のお客様。

「私の一週間は、土曜市からはじまります」というある方のお言葉は印象的で、

土曜市を、生活の中心にすえてくださっていることが分かります。


今年も、多くの方々の温かな思いが感じられる、

楽しい交流会を、無事に開催することができました。

ありがとうございました!


(ちいざ)
応援団

応援団ツアー2016【予告編】

2016/09/14 Wed 17:00

高知オーガニックマーケット応援団と出店者の交流ツアー、
2016年度も開催します!

今回は、南国市の『佐竹農園』と、『南国にしがわ農園』を訪ねます。

お弁当は、『暮らすラボ』が担当します

いずれも土曜市に毎週出店している、

20代、30代の、若くて魅力的な新しい出店者の皆さんです。

ぜひ交流をお楽しみください!

---------------------------------------------------------

 農地見学会 with ヤング! 

開催日:2016年10月19日(水) ※ 小雨決行

集 合:道の駅「南国 風良里」に午前9時に集合
    (解散は午後2時頃を予定しています)

参加費:大人 500円/こども 無料

持ち物:MY箸、MYカップ、長靴(天候により足元が悪い場合、あると安心です)

定 員:20名様程度

内容:
 有機で新規就農2年目『佐竹農園』と、
   有機JAS認定のグァバ園『南国にしがわ農園』を見学。

 棚田の見える「梅星館」で、昼食&交流。

 季節の野菜たっぷりの玄米弁当と、グァバ茶をご用意します。

※ツアーへの参加には、お申し込みが必要です。
参加ご希望のお客様は、
「高知オーガニックマーケット応援団」へご入団のうえ、
10/12(水)までに、事務局まで参加をお申し込みください


---------------------------------------------------------
土曜市にて。

『佐竹農園』。2015年8月から、出店開始。
CIMG3910s.jpg
とくに、固定種の丸オクラは、おいしい!


『南国にしがわ農園』。2016年1月から、出店開始。
CIMG3892s_201609130815227c4.jpg
グァバ茶は、ノンカフェインですっきり飲みやすく、おいしい!


『暮らすラボ』。2015年9月から、出店開始。
CIMG3596s.jpg
今年、5月の玄米弁当は、季節の野菜がふんだんに、ボリュームたっぷり!


---------------------------------------------------------

先日、代表世話人の弘瀬さんとともに、農地の下見をさせていただきました。

『佐竹農園』の、オクラ畑。
CIMG4024s.jpg
オクラは、これからも、お店にならびます。

『南国にしがわ農園』の、グァバの果実。
CIMG4025s.jpg
土曜市では、果実は販売していませんが、
見学会では、試食させていただける予定です!


---------------------------------------------------------

ツアーに参加ご希望のお客様は、
「高知オーガニックマーケット応援団」へ、入団してくださいね

入団手続きは、
マーケット入口近くの、事務局テントまで。
青いのぼりが目印です

登録料1000円と年会費2000円の、合計3000円が必要です。
応援団員限定の、ステキなバッグを差し上げます!
CIMG3444s.jpg
団員ナンバー入り。
毎年、更新するたび、【ど】スタンプが増えていきます。

応援団について、詳しくは、
池公園の土曜市WEBサイトの 「応援団」のページ をご覧ください。


(ちいざ)
応援団

応援団ツアー2015

2015/10/29 Thu 02:48

10/28(水)、「高知オーガニックマーケット応援団と出店者の交流会」を開催しました!

今年は題して、「農地見学会&秋の遠足 in 大豊町」。
マーケットに毎週出店する『桜農園』を訪れ、梶ヶ森を散策しました。

参加者は、応援団のお客様、出店者、スタッフ、総勢31名+犬1匹。
CIMG2877s.jpg
記念撮影は、秋晴れと、梶ヶ森に抱かれて

まずは、『桜農園』の見学からスタート。
JR豊永駅から約20分、山へ山へと、くねくね車を走らせます。

雨よけハウスに到着。
CIMG2835s.jpg
果菜、葉物、豆など、多品目が育てられています。

就農や、畑作りの参考にされる方も多く、
質問したり、情報交換したり、あちこちで話に花が咲いていました。

とてもおいしそうな、菜っ葉たち!
CIMG2834s.jpg
マーケットに並ぶのが、楽しみでうずうず。

お味見をさせていただいた、
ミニトマト「トスカーナ」や、ほおずきトマト(ストロベリートマト)。
CIMG2842s.jpg
当然、おいしい!

『桜農園』のトマトといえば、マーケットに、
朝早くから行かないと手に入らない、人気の品なのです。

ブレイクタイム 『桜農園』の木造の素敵なお家にて。
CIMG2854s.jpg
毎週出店の『珈琲屋のんちゃん』の望月さんが、温かい珈琲をふるまってくださいました。
おもてなしの心遣いに、心も温かに。

ごちそうさまでした!

引き続き、お家の周辺にある畑も見学。
CIMG2859s.jpg
こちらは、大豊町の在来種の豆、ギンブロウ。
あずき、サクラマメなど、『桜農園』はおいしい豆も人気です。

『桜農園』の豆の大ファン!という応援団の方も参加されていました。

『桜農園』の竹中さんは、梶ヶ森に魅せられて、
23年前にこの土地で農業を始められたそうです。

「ロケーションで選びました」とおっしゃるだけあって、雄大な眺め。
CIMG2875s.jpg
写真は、『桜農園』から、少し山をのぼった場所から。

心がひろがり、細かいことなどどうでもよくなります。

そして、「山」という漢字の成り立ちを、この目で感じます。

畑の見学後、応援団のお客様から、
「製品になるまでに、とても大事にされているのが分かりました」
という感想がありました。

今回の交流会には、定員20名をはるかに越える多くの参加があり、
『桜農園』の人気ぶりは、すでにうかがえましたが、
訪問して、さらにその魅力が強まったのでは、と思います。

竹中さんから、もちきびや、ブレンドした山野草茶のお土産までいただきました。


昼食は、『めぐみめぐる農園』特製、嶺北野菜の和弁当。
CIMG2867s.jpg
『桜農園』や、本山町の『めぐみめぐる農園』の野菜が使われています。

『めぐみめぐる農園』の瀧口ご夫妻は、関東から移住され、
昨年の夏から、マーケットに不定期で出店を開始。

順平さんは農産物を、ゆきこさんはシアバタークリームを販売されています。

料理人の順平さんが、お弁当の紹介をしてくださいました。
CIMG2864s.jpg
丁寧に、心を込めて、手作りされているのが分かります。

「美しい」
「芸術的」
「こんなおいしいお弁当食べたことない」

という感想があがっていました。

昼食場所は、 「山荘 梶ヶ森」 の食堂をお借りしました。
支配人の尾崎さん、快く受け入れてくださり、ありがとうございました!

記念撮影、もう1枚。「山荘 梶ヶ森」前にて。
CIMG2869s.jpg
参加された方が、皆さんにこにこ、充実のお顔をされているように見えました。

素敵な出店者の方々や、素敵な応援団のお客様と交流でき、
私もとてもうれしい気持ちで、満たされました。

こんな方々に、マーケットは支えられているのだな、と思いました。

今年の交流会も、無事に、楽しく開催することができました。
ありがとうございました!


(ちいざ)
応援団 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »