FC2ブログ

12/8のマーケット

12/8の高知市の朝7時の気温は6℃、
最高気温も12℃までしか上がりませんでした。
が、風は弱かったので寒い寒いと騒がずに
過ごせた一日でした。

寒い日に食べたい鍋料理に活躍しそうな野菜が
「農楽ファーム」にずらりと並びました↓
よさこい1208
この日のおススメは、葉にんにく。
鍋料理をワンランク上げてくれる嬉しい柑橘類も揃っています。

そして、赤茎の法蓮草は何もつけずに食べても、
びっくりするぐらいの甘さがある、とのこと↓
赤法蓮草1208
これから寒くなると野菜たちは甘さとうまみを増していきます。
安心安全でおいしいオーガニックマーケットの元気野菜を
たっぷり召し上がって、寒さに負けることなくお過ごしください。

寒い日は、温かいスープが嬉しいです。
こちらは、「カシーナ イル キッコ」の
まるごと季節野菜とお豆の重ね煮スープ↓
キッコスープ1208
お好きなパンとセットでスープをご注文いただくと、
スープが50円引きになります。是非セットでどうぞ!

寒い季節に、嬉しい貸し出しサービスが始まりました。
ステージ前の絵本屋「楓文庫 ときどき書店」で、
ピクニックシート、ひざかけの無料貸し出しをはじめました↓
シートひざかけ1208
写真には、かわいらしいものが写っていますが、
渋めの落ち着いたテイストも各種あります。
「楓文庫 ときどき書店」のテントのところに置いてありますので
気分にあうものを選んで、ご自由にお使いください。

しばらくお休みをいただいていた「てづくりケーキ andy」が
12/8より出店再開しました。駐車場からの入口入ってすぐの
「珈琲屋のんちゃん」と同じテントに入っているケーキ屋です。
このテント内には、ゆっくり座れるスペースも確保していますので
おいしいケーキと、あったかい珈琲をお楽しみください。
さて、「珈琲屋のんちゃん」は、刃物研ぎ屋でもあります↓
研ぎ屋1208
年末は研ぎ依頼が多くなるため少しお時間をいただくこともありますが、
「珈琲屋のんちゃん」で刃物研ぎを承っております。
スパスパっと切れる庖丁で華麗に正月準備をなさってください。

2018年も残りわずかとなりました。
12月29日土曜日8時から12時開催する「歳の市」のチラシもできあがりました↓
歳の市2018チラシ

年末の忙しい時期ですが、
土曜はゆっくり、ホッと一息つける
池公園のオーガニックマーケットへお出かけください。


(つきみ)

12/1のマーケット

よく晴れて、ぽかぽかと温かい12/1でした。

葉っぱの色が、たいそう美しくなっている池公園です。
初冬景色1201

12/1は高知県立大学の学生さんが出店し、
佐川町の米と大豆を使った手作り味噌を販売していました。
県立大味噌販売

おいしい冬野菜がたくさん並ぶ季節になりました。
「めぐみめぐる農園」には農産物と
自家製農産物をふんだんにつかった魅力的な加工食品があります↓
めぐる1201

めぐる1201_2

これらに加え、「めぐみめぐる農園」のテントには、シアバターもあります↓
image27.jpeg
特に、乾燥の季節のお肌のお手入れに、重宝するシアバター。
お肌の乾燥は、老いも若きも、男も女も防いでいきたいものです。
シアバターは、大事なお肌をしっかりお守りします。
シアバターの効果的な使い方を紹介していますので
どうぞお気軽にお立ち寄りください。
「めぐみめぐる農園」の次回出店予定は12/15です。


オーガニックマーケットにはクラフト製品の店も多数あります。
自分用のほか、年末年始に久しぶりに会う方への
プチギフトに最適なもの、たくさんあります。
今回は、「はぎれ家」をご紹介します。
色々ありすぎて迷います。
ゆっくりじっくりご覧になってください。
はぎれ家1201
(↑写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

12/1も天候に恵まれて、無事に開催することができました。
ありがとうございました。


温かい12月の始まりでしたが、
8日から9日にかけて凄い寒気がやってきそうです。
寒さのなかでも、ほっこり温まるものがマーケットには各種あります。
たとえば、「ぽっくり松」の春雨スープ↓
春雨スープ1103
野菜の滋味と「岡岩商店」の鯛干物が放つうま味が一体化しています。

寒さ厳しくとも、どうかめげずに
次の土曜日もオーガニックマーケットへ
おでかけくださいますよう、お願い申し上げます。
温かいもの、あれこれご用意できます。


(つきみ)

11/24のマーケット

快晴の予報どおりの一日となった11/24でした。
高知市朝8時の気温5℃と寒い朝でしたが、
昼間は15℃まで上昇し、日差しのもとでは
過ごしやすい一日となりました。

第4土曜日恒例となった「子育て広場」も無事開催しました。
1124子育て広場

まずは、紹介が遅くなり申し訳ございません。
薬膳おやつ、薬膳茶の店「yoin(よいん)」は
マーケットデビュー11月3日の新しい出店者です↓
収穫祭yoin
yoin1124.jpg
↑体質診断チェックシートを記入すると、
それをもとに、お茶をブレンドしてくれる、頼もしい店です。
不定期出店です。キラッキラ笑顔の「yoin(よいん)」をよろしくお願いします。

続いて、寒さが厳しくなりそうな頃に蓮根とともに登場する
「十作(じゅうさく)」が今年も登場しました↓
十作蓮根1124

十作1124全景
蓮根のほかに、おいしそうな餅などもあります。
そのなかに、初めて見た「桜こんぶ」がありました。
桜こんぶは秘密の海岸で採取した在庫僅かな貴重品だそうです。
その名のとおり、ほんのりピンク色の海藻です。
味噌汁の仕上げにちょっと入れるのがおすすめ、とのことで
やってみました。儚いほどに柔らくて滑らかな、優雅な海藻でした。
次回「十作」のオーガニックマーケット出店予定は12月8日です。

オーガニックマーケットには、
農産物、加工食品、クラフト製品、書籍の店のほか、
整体やマッサージの店もあります。
今回は、「高橋整体」をご紹介します。
高橋整体
細くて長身で美姿勢な高橋氏。
15分であの美姿勢に近づける、かなっ??、なんて
思ってしまったら、是非一度お試しを。

11/24は、高知南高等学校のマネジメント学習で
「高知の医療改革」について勉強している
生徒さんがマーケットにブースを出していました。
高知南高校
(↑写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)
難しい課題を勉強中の高校生のもとに多くのキッズが集合。
高知南高校キッズ
キッズは、お姉様たちに楽しく遊んでもらっていました。
そのため、子育て広場のキッズスペース内のキッズが
とても少なくなっておりました・・。
11/24はキッズ大満足の一日となりました。
高校生の皆さま、ありがとうございました。


おかげさまで、11月は4回の土曜日全て開催できました。
また、11月17日は「収穫祭」を予定通り開催することができました。
ありがとうございました。
次の土曜日は、12月に入ります。
年末に向けて、あれこれ忙しくなってしまう時期ですが、
オーガニックマーケットはのんびりできて、
心身リフレッシュのお手伝いができるような存在でありたいと思います。
そのためには、しっかり準備をして皆さまをお迎えしたいと思います。
師走のオーガニックマーケットもよろしくお願いいたします。


(つきみ)





11/10のマーケット

池公園の木々もすっかり秋色になっている11/10でした↓
秋風景_2_1110
秋の夜長はハーブティーなどいかがでしょうか。
「ハーブ仁淀川」には、ハーブティーはもちろん、
料理やお菓子にちょっと添えるだけで気分が上がるハーブが、
たっくさんあります↓
仁淀川1110
食用以外に、香りを楽しむハーブもあります。
例えば、こちらの人気商品↓
レモンユーカリワイルドリース
レモンユーカリを輪状にした「レモンユーカリ ワイルドリース」は
ほのかに良い香りが漂います。
小さな部屋(御手洗い、車など)に置くのがおすすめ、とのことです。

よく晴れて、昼過ぎの日向は暑く感じる11/10でした。
まだ「暑い」と言ってしまう昼間ですが、
冬へ向かっていることを告げるように
佐川大根が今年も「うしまめマート」に出ています↓
うしまめ佐川大根
佐川大根は、高知の在来種です。
味のしっかりした、身のしっかりした大根で、
長時間煮込んでも煮崩れしません。
生食や漬物にしてもシャキシャキ美味しいです。
生食や漬物にする場合は、
酸味を加えると外側の美しい色がさらに美しくなります。

「うしまめマート」は1もり100円、明朗会計の店です↓
うしまめ1110


さて、
オーガニックマーケットには、マッサージや整体の店も多数出ています。
今回は、まず2店をご紹介します。
まだ寒さが厳しくないこの時期、爽やかな空気の池公園は
マッサージや整体などを受けるのに最適な空間です。

「ポラリティーセラピー ハノネヤ」のメニュー↓
ハノネヤメニュー

「ラファエル」のメニュー↓
ラファエル1110

2店とも、初心者でも挑戦しやすい内容&価格となっております。
是非一度ご利用になってみてください。
マーケット内を爽快な表情で颯爽と歩いている人は、
「ハノネヤ」や「ラファエル」でリフレッシュした後の
可能性が高いです。

好天に恵まれ、11/10も多くのお客様にお越しいただきました。
ありがとうございました。
いよいよ、今週の土曜日11/17は収穫祭です。
日ごろのご愛顧に感謝し、楽しい収穫祭になるよう、
しっかり準備していきます。
2018収穫祭ちらし


(つきみ)

11/3のマーケット

11月最初のマーケットは、ありがたい晴天で
スタートできました。

今月より毎週出店再開の「やくちファーム」には、
今年もジャンボ落花生がお出まし↓
やくち1103
ジャンボ落花生の試食分がある時間帯は、
試食しなければ何人たりともテント前を通過させない勢いで
「やくちファーム」推し推しの落花生です。
力強いのにやさしい、大地のパワーが身体にみなぎるお味です。
ジャンボ落花生に限らず、おいしいものの旬の時期は短いです。
お早めにご賞味ください。

同じく毎週出店再開の「佐竹農園」には
新米と、色鮮やかな野菜が盛り盛り。
我らオーガニックマーケットのホープ、スマイル¥0也↓
佐竹農園1103bigsmile

同じく毎週出店再開の「楓文庫ときどき書店」には、
やっぱり、マーケットには絵本屋さんがいないとダメなんです、
というお客様が朝早くから終了時刻まで絶え間なく訪れていました。
最新刊から、懐かしい絵本まで色々あります↓
楓1103
タイトルが思い出せないけど、再会したい絵本がある場合、
記憶している限りのことを伝えれば、きっと探してくれます。
お子さまはもちろん、大人になりきった人の心も豊かにしてくれる絵本。
マーケットにお越しの際は手にとってください。
「オーガニックマーケットに、本屋さんがあるの?」と
思った方がいらっしゃるかもしれませんが、
絵本の店「楓文庫ときどき書店」は、雨天以外は毎週出店です。
そして、字がいっぱいの本屋「うずまき舎」が月1回、
第1週目に出店しています。
「うずまき舎」には、未知の領域へ導いてくれそうな本がいっぱいです。
(写真をクリックすると、拡大写真をご覧いただけます)↓
うずまき舎1103


朝晩は寒くなりましたが晴天のマーケット開催時間中は、過ごしやすい季節となりました。
気候も落ち着き、マーケットに並ぶ農産物の種類も量も増えております。
そして、柚子の季節に入っております。
「よつば農園」に実生(みしょう)柚子果汁、あります↓
よつば1103

(※柚子は接木栽培が一般的ですが、
実生柚子は種から育てたもので、
接木栽培に比べると
香りも味も格段に良い柚子となります。)

11/3も多くのお客様にお越しいただき、無事開催することができました。
ありがとうございました。

次の土曜日も、秋の池公園を楽しみながらゆっくりとお買いものができる
オーガニックマーケットへお越しください。


(つきみ)




10/27のマーケット

10/27は予報どおり、マーケットが始まる頃には雨雲は通り過ぎ、
晴天のもとで開催できました。
「子育て広場」も予定通り、開催できました↓
子育て広場1027


秋のおいしいお芋たちが「しまんと403」に揃いました。
1027しまんと芋
サツマイモの品種はたくさんあります。
好みのタイプがある場合はそれを伝えていただければ
ベストなお芋を選択しますので遠慮なく声をかけてください。

「果鳥風月」は季節の果物と蜂蜜が多種多数並ぶ店です。
果鳥風月1027
この日は、ブシュ柑(酢みかんの一種)、次郎柿、みかん、レモンがありました。
農薬不使用の果物です!
蜂蜜も季節により種類が変化しますのでこまめにチェックしてください。
果物と蜂蜜に心を奪われて見落としがちな「果鳥風月」の野菜部門ですが
凄いものがさりげなく並んでいますので必ず見てください。
この日は、ネパール生姜がありました。
ほんの少量で華やかな香り&辛味を放つミラクルな存在。
是非一度ご賞味ください。

オーガニックマーケットでは、オーガニックなお肌のお手入れ用品も揃います。
「牧工房」は、安心素材でつくった化粧品類がたくさんあります。
豊富な種類から、実際に試して、じっくりゆっくり、自分にあうものを選べます。
この日に、目を奪われたのは、こちら↓
牧工房1027
ハーブ、にがり、酵素でしっとりすべすべのお肌に
導いてくれるという、優れモノです。
秋は乾燥の季節です。安心素材でできたお手入れ用品で
お肌を労わって乾燥から守ってあげたいものです。


すっかり涼しく、ときに寒くなり、10月も終わろうとしております。
10月第1週目の土曜日は荒天予報により開催中止となりましたが、
残りの3回の土曜日は秋の爽やかな空のもと、
多くのお客様に支えられ、無事開催することができました。
ありがとうございました。

次の土曜日、11月3日から、
「やくちファーム」「楓文庫ときどき書店」「佐竹農園」
が毎週出店再開の予定です。
しばらく休みを頂いておりましたが帰ってまいります。

そして、11月17日は収穫祭開催予定です。

11月も高知オーガニックマーケットをどうぞよろしくお願い申し上げます。


(つきみ)





10/20のマーケット

秋晴れの気持ちの良い一日となった10/20でした。


実りの秋です。
「佐竹農園」にまぶしい新米、並びました↓
佐竹農園1020


そして、お待たせしました。
「らくだや」に、ついに、ドラム缶出現↓
らくだやピザ1020
「らくだや」のドラム缶は、あの、ピザを焼くための道具です。
暑い季節はお休みしていたピザですが、これからは隔週で登場予定です。
次回は11/3が、ピザのある日です!


第2回「おいしいかい」は荒天予報に振り回され
延期になっていたイベントでしたが、
10/20に無事開催することができました。
「おいしいかい」はマーケットの野菜を使った
簡単でおいしいものを食べてみる会です。
当マーケットの加工食品ガイドライン担当者の寺尾さんと
今回のサポート役「暮らすラボ」が試食の品々を用意しました。

寺尾さんは、テキパキと動いて、
「焼さつまいも」、「人参葉のふりかけ」、「人参梅酢和え」、
「オクラに新生姜と人参のせ」、「焼ぼた茄子」を完成させました↓
おいしかい1020_2
「暮らすラボ」は、マーケットの野菜や調味料をふんだんに使った
クラッカー4種(スパイシー味噌、人参クミン、ごぼう、塩柚子)を
試食用として焼いてまいりました↓
おいしかいクラッカー1020

野菜の料理もクラッカーも、試食してくださった方から
「おいしい!」という声を頂けました。
今回の、おいしい記憶が、当マーケットへの関心を高めていただく
きっかけになることを願っております。


10/20は天候に恵まれ、無事開催できました。
ご来場、ありがとうございました。


(つきみ)

10/13のマーケット

10/13は久々、数日前から晴れ予報が出て、
そのとおりに気持ちよく晴れた嬉しい一日でした。

青空のもと、太陽光発電でステージに音響の入る
「マイクの日」も無事開催できました。

この日は、いつも池公園を整備してくれている双葉造園さんから
マーケットの入口で、花の苗と種が無料でもらえるという
嬉しい出来事もありました↓
日本造園建設業協会_全国造園フェス
「花と緑で美しい日本を!」というテーマで行われている、
日本造園建設業協会「全国造園フェスティバル」の
一環だそうです。
もらった方は大事に育てあげ、ともに美しい日本にしていきましょう。

10月に入り初の開催となったマーケットではもうひとつ、
嬉しい事がありました↓
岡岩1013
気温の高い時期は出店を休まざるを得なかった
無添加干物屋「岡岩商店」が出店再開です。
味はもちろん、姿も秀逸な干物各種に加え、
くん製、わら焼き鰹タタキなどもあります。

続いて、この秋是非食べていただきたい茄子です。
ぼた茄子1013
↑「オリーブ」のぼた茄子。
ぼた茄子は、室戸の伝統野菜だそうです。かなり大きな茄子です。
身がぎっしりみっちり詰まったおいしい茄子です。

「オリーブ」の隣にある、「薬草茶屋ひじり」は
ムーディーな空間に座って店主入魂のお茶を楽しめる店です。
が、お茶だけではありません。
この日は、猿笛(さるほ)という素敵な笛がありました↓
image19.jpeg
猿笛は、イスノキにモンゼンイスアブラムシが寄生して
穴を開けて出来る物で、オカリナのような音色だそうです。

柿も加わり、秋めいた品揃えになった「よつば農園」では、
看板息子も秋の装いで店をお手伝い↓
DSCF7007.jpg

おいしい食事パン満載の「はなぱん」の看板娘s も
元気に店を手伝っていました↓
hanapan看板娘s


荒天予報で2週連続開催中止となった後のマーケットでした。
必要な食材を毎週マーケットで調達してくださっているお客様には、
特にご迷惑をおかけしたのですが、「やっと晴れて、よかった!」と
笑顔で来場くださいました。 ありがとうございました。


(つきみ)

9/22のマーケット

久々に雨の心配のない土曜日となった9/22でした。
色とりどりのテントが池公園に並びました。
テンツ0922

朝イチの「桜農園」には朝ゆでのもちきび、茄子、空芯菜、茗荷に加え、
ト・マ・ト がありました。 
今年のトマトは貴重品のため、購入ご希望の際は
朝駆けの気合いでお願いします↓
桜農園0922

桜農園と同じテントには「じゅんね」の寿司、炊込みご飯があります。
お客様にはもちろん、出店者にもファンの多い「じゅんね」です↓
じゅんね0922

秋分の日前日でしたが、高知市の最高気温は31℃まで上昇。
「南国にしがわ農園」のグアバジュースが欲しくなる暑さでした。
グアバ0922
気温が高くなる正午ごろの日なたは夏のようですが、
木陰やテントの下に入れば秋の涼しい風が吹いてくるので
ずいぶん過ごしやすくなりました。
気になるおいしいものを買って日蔭でゆっくり楽しんでください。

毎月第4土曜日開催の「子育て広場」は青い空の下で無事開催できました↓
子育て広場0922_2
参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

来週は9月最後の土曜日となります。
次の土曜日もオーガニックマーケットをよろしくお願いいたします。


(つきみ)

9/15のマーケット

9/15は心配していた雨は降らず、お日様が出て、
高知市の正午の気温は29℃まで上昇。
太陽光発電を使う「マイクの日」に最適な土曜日となりました。
左は「佐竹農園」の佐竹さん、
右は毎月のマイクの日開催にご尽力くださっている
リトルトモコさんです↓
20180915マイクの日_1


今は、野菜の種類が寂しくなる季節ですが、
マーケットに来ていただくとあれこれ揃います。
「うしまめマート」には艶々のピーマンがありました↓
うしまめ0915
この時期貴重な人参も「わたなべ農園」にあります。
9/22も販売予定です↓
わたなべ人参玉葱0915
「わたなべ農園」には生姜、にんにく、玉葱などもあります。
どれもパワー溢れる濃い味です。
これらを育てた農園主も、とってもパワフルで
ほぼ切れ目無くおしゃべりいたしますっ!


さて、昼は暑くとも、朝晩涼しく、秋めいてくると、温かい麺の季節です。
自家栽培米の米麺のフォー(=pho=ベトナムの汁麺)の店
「アジア麺あまくま屋」が久々の出店↓
あまくま屋0915
フォーの詳細は→過去記事をご覧ください。
「アジア麺あまくま屋」は人気のお店ですが、残念ながら不定期出店です。
今後の出店予定は、土曜市HPのリンクページから
「アジア麺あまくま屋」のフェイスブックをご参照ください。

次の土曜日9/22も三連休の初日となります。
お出かけ予定にオーガニックマーケットを
是非入れてくださいますよう、よろしくお願いいたします。


(つきみ)

9/8のマーケット

9月8日は雨、雨、雨でした。ときおり激しく降りましたが
耐水性の出店者が集っていつもどおり開催しました。

「青木屋」は激しい雨でも抜群の安定感。
淡々といつもどおり仕事をこなす元気な夫婦に
育てられた元気な野菜が並びました。
青木屋0908

「土佐勤農家」はしばらく病欠しておりましたが
9月から復帰しました。
おなじみのコンニャクは少し大きくなりパワーアップしています↓
こんにゃくbigger
得意の歴史トークもパワーアップして
帰ってきておりますので是非いじってください。

どしゃぶりの雨に降られても、
おいしいお菓子があれば元気が出るものです。
andyロールケーキ0908
↑こちらは厳選素材の「andy」の米粉ロールケーキ。
写真左から、
いちご、 ブルーベリー、 甘夏・小夏、 モカ、 完熟梅。
美しいビジュアルとともに、
食べてわかる美味しさにうっとりします。

できたてアツアツのドーナツを
雨宿りしながらぼんやり待つのも
いいものです。
「EARTHLING.」は
注文を受けてから米粉ドーナツを揚げます。
ドーナツの種類はいつも同じではありません。
毎回楽しいラインナップです↓
earthring0908.jpg
こちらはチョコミントドーナツの入った袋を覗いた画↓
chocomint0908.jpg


長靴&レインコートの雨装備万全で来場いただければ
雨の日も案外楽しいオーガニックマーケットです。
とはいっても、9/8のような雨のなか、
来てくださったお客様には本当に感謝です。
ありがとうございました。


(つきみ)


9/1のマーケット

9月に入り、終了時刻が14時となった
最初のマーケットでした。

9月から出店再開した店があります。
「Lei Lehua Lani」です。
マクロビオティックの考え方に基づいた
惣菜、弁当、菓子がずらりと並びます↓
LeiLehuaLani0901_2018090522291527c.jpg

池公園にピンポイントで
ハワイのアロハスピリットが流れるテントです。
出店再開を待ちわびていたお客様が次々と
訪れて買い物を楽しんでいらっしゃいました。
愛媛より出店の「Lei Lehua Lani」は
高速道路にトラブルが無い限り、
これからは毎週出店予定です。

「Lei Lehua Lani」のとなりには、木製品の店があります。
「自然木工房 MOKUMOKU」です↓
mokumoku0901_20180905222916ddc.jpg

小物から大型製品まで色々あります。
木ならではの質感や手触りを直接見て、触れて、
気に入ったものを探しあてていただきたい木製品のお店です。
心地良い木の香りも是非体感していただきたいです。

「自然木工房MOKUMOKU」をのぞいた際には、
「MOKUMOKU」の店名入りの
とってもキュートな非売品も鑑賞してください↓
mokumokusign.jpg


さて、暑い高知にも確かに秋がやってきております。
「かざぐるま」の右端で、
ひときわ存在感を放つ秋の使者=栗を発見しました。↓
かざぐるま0901

栗拡大0901

9月初日登場は小ぶりの栗です。
大きな栗はもう少し後に登場予定です。

こうして、マーケットに並ぶ品々に
どんどんと秋らしさが増していきそうです。

次の土曜もオーガニックマーケットを
どうぞよろしくお願い申し上げます。


(つきみ)

8/25のマーケット

8/25は、「けっこうしっかり雨が降る」→「ギラギラ太陽が出る」の
繰り返しでしたが、11時からの「子育て広場」がはじまるころには
雨が降らなくなりました。

この日は、「やくちファーム」がひさびさ出店。
7月の豪雨で作物が被害にあってしまったので
ひさびさの出店となりました。
じゃがいも、かぼちゃ、にんにくなど豪雨の前に収穫され
保存されていた分が並んでいました。
やくち0825
「やくちファーム」が豪雨の前のように、
たくさんの種類の美味しい野菜を並べて
毎週出店するまでしばらくお時間をいただきますが、
どうか首を長くしてお待ちください。

もう一店、この日ひさびさの出店は「したてやヨキ」です。
ひさびさの「したてやヨキ」を見つけ、
小走りで嬉しそうにテントへ駆け寄っていく
ヨキファンを多数目撃しました。
したてやヨキ
まだ暑いとはいえ、秋も近づいてまいりました。
ウール混の生地を使った洋服も登場です。
子連れ出店の「したてやヨキ」は
「子育て広場」が開催される毎月第4週目は
積極的に出店予定です。

つづいて、毎週出店のおいしい食べ物のお店をご紹介します。
まだまだ家で揚げ物をするには暑すぎて・・という方、
「桂フーズ」をのぞいてください。
桂
↑写真左から、「じゃこカツ」、「さばフライ」、「沖うるめフライ」、「うるめフライ」。
  (※「沖うるめ」は「ニギス」のことです)
しっかり肉厚な魚をつかった、安心無添加のお魚フライです。
写真におさまりきれていない、じゃこ天各種などもあります。
桂フーズ製品は、買ってすぐに、かじりながら歩く老若男女多数です。


さて、早いもので、8月も終わりが近づいてまいりました。
とんでもない暑さの日、雨に降られる日もありましたが、
池公園まで来てくださるお客様に支えていただき、
8月は4回、マーケットを開催することができました。
ありがとうございました。

7月、8月は12時終了のマーケットでしたが、
次の土曜日は、9月に突入しますので、
8時から14時までの開催となります。
9月からのオーガニックマーケットも
どうぞよろしくお願い申し上げます。


(つきみ)

8/18のマーケット

8/18の朝8時の高知市の気温は23℃と涼しい朝でした。
晴天で、気温は上がりましたが、正午の気温は30℃。
ずいぶん過ごしやすくなりました。

朝晩が涼しくなると、ひときわおいしそうに輝いて見える
「オーガニックたこ焼」のたこ焼です↓
たこパ
オーガニック仕様の厳選素材たこ焼は
卵アレルギーの方も美味しく召し上がっていただける
卵不使用のたこ焼です。
このたこ焼屋さんのテントには野菜もたくさん並んでいます↓
たこ焼と砂地グループ
写真右側にたこ焼屋さんのつくった野菜、左側に「砂地グループ」の野菜が並んでいます。
オーガニックマーケットに通いつめていただくと、境界線が見えてまいります。
この日は、黄色が鮮やかなマクワウリや、
ワイルドなきゅうり、ゴーヤーなどが並んでいました。
夏バテ気味の身体に活力を与えてくれる力強い野菜たちです。

8月はいつも利用してくださるお客様に加え、
夏休みを利用して遠方より来場してくださるお客様も多くいらっしゃいます。
入口にある出席ボードです↓
夏休みの出席ボード
当マーケットにはお土産になるようなものも豊富に揃っています。
衣類、皮小物やバッグ類、アクセサリー、石鹸、化粧品、乾燥ハーブ類、お茶、蜂蜜、ジャム、焼菓子など。
もちろん、全てオーガニック仕様です。是非ご利用ください。

台風20号が被害を出さずササッと通り過ぎてくれることを祈りつつ、
8月最後の土曜日25日も無事開催できるよう、
出店者一同準備をしたいと思います。


(つきみ)

8/11のマーケット

8/11は、小雨と晴れ間の繰り返しで蒸し暑く感じる一日でした。

そんななか、不快指数ゼロの空間を作り出している素敵な3人組に出会いました。
手には、ザイオンバレーファームの「かき氷」と
南国にしがわ農園の「グアバジュース」がありました↓
幸せ3人組
平成最後の夏のひとときを、オーガニックマーケットで過ごしたことを
おばあちゃんになっても、ふと思い出していただけたら嬉しいです。

さて、ここまで暑さが厳しくなると
「トマト」に出会える確率はとても低くなりますが、
朝早く「桜農園」へ詣でると、
出会うことができました。
いつも端整な野菜たちが並ぶ「桜農園」です↓
桜農園

8/11は2つのイベントを開催しました。
1つめのイベント、「種ころ」の詳細は後日ブログで報告します。
「種ころ」は、「種ころがしの会」の略称です。
「種を守り育てていくことは、命をつなげていくこと」
の思いを持って運営している種の交換会です。

2つめのイベント、「マイクの日」は
土曜市のステージに太陽光発電を使った
音響が入る日です。
音響機材の苦手な雨に降られましたが、
用意していたテント下へ避難させて無事開催できました。

よさこい祭りが終わると秋の気配がする朝晩ですが、
昼間はまだまだ厳しい暑さが続きます。
ザイオンバレーファームのかき氷は、
「ブルーベリー」、「ユズハニー」、「ハニージンジャー」
の3種類があります。
暑いうちに全種制覇をお願いします。
南国にしがわ農園の「グアバジュース」は美しいピンク色で、
暑いほど美味しく感じる南国の飲み物。
こちらも暑いうちにご賞味ください。
ほかにも、残暑を乗り切るアイテムを色々揃え、
次の土曜日も池公園でお待ちしております。


(つきみ)

8/4のマーケット

8/4は快晴灼熱の一日でした。
そんななか、涼しげで美しいモノをみつけました。
オシャレな店や家で最近みかける「ハーバリウム」というモノです。
ハーバリウムの意味は「植物標本」だそうです。
瓶の中に専用のオイルを入れ、ドライフラワーなどを詰めたものです。

「MINT style」にて↓
ハーバリウム


そしてもちろん、
過酷な暑さを乗り越えた農産物が今週も
たくさんマーケットに並びました。

「かざぐるま」には野菜のほか、
丁寧に加工された乾物類、
ドクダミ水、びわ葉エキスもあります。
色鮮やかなパプリカやピーマンは人気で
赤1個だけになってしまった「かざぐるま」の写真です↓
かざぐるま


つづいて、先週の続き 真夏のパン特集~後編~です。

高知からの「カシーナ・イル・キッコ」には
フォカッチャなどのパン類のほか、麗しいデザートもあります。
イタリア出身の店主は、流暢な日本語でのおしゃべり大好きベジタリアンです。
知っているイタリア語を思い出そうとする努力は無用です。↓
キッコ

徳島からの「はなぱん」には
食事パンがいろいろ。
見た目が同じようでも同じでないものもあって、どれにしようか必ず迷いますから、
見た目どおりの陽気な店主に相談してください。
求めているパンに出会えます。↓
はなぱん

以上、2週にわたってご紹介した真夏のパン特集でした。
四国4県より集まってきたこだわりパンを全店全種制覇するにはずいぶん時間がかかります。
焦らず少しずつ毎週攻めてください。


暑い暑いといいながらも、来てくださるお客様に感謝とともに尊敬の念を抱きます。
次の土曜日も出店者一同皆さまのお越しをお待ちしております。


(つきみ)

7/28のマーケット

7/28は曇り空のおかげで暑さが少し和らいで感じました。
心配していた雨はマーケットが終わって、
後片付けをしていた頃にパラパラ降った程度でした。

まずは、野菜。
品揃え豊富な「農楽ファーム」↓
よさこい有機の会

この日は、丸オクラが初登場。暑さに負けないパワーをくれるネバネバ野菜です。
トマト、コリンキー、バターナッツなど鮮やかな色の野菜も元気をくれます。

7/28は第2回「子育て広場」も開催しました。
第1回と同様に今回の詳しい内容を後日ブログに掲載予定です。
第2回子育て広場遠景


つづいて真夏のパン特集~前編~
このマーケットには、四国4県からパン職人が集結しております。
まずは老舗「木もれび庵」は愛媛から↓
木もれび庵
インドからのカレーレシピをもとに生まれたという
揚げていないあっさりカレーパンは8月までの限定発売です。
是非今月中にご賞味ください。

香川から「らくだ屋」↓
らくだ屋
このなかから、買うパンを絞りこむのは至難の業。
ドラム缶オーブンの「焼きたてピザ」は
涼しくなる(※店主の体感温度判断による)までオアズケです。

以上パン特集前編でした。
次週は、後編として、高知からの「カシーナ・イル・キッコ」と
徳島からの「はなぱん」をご紹介します。


7月は豪雨、猛暑、台風など色々ありました。
7月第1土曜日は豪雨でマーケット開催も中止となりましたが、
第2週以降は厳しい暑さのなか来てくださった皆さまのおかげで
無事開催することができました。
ありがとうございました。
8月も土曜日8時から12時まで、
池公園で出店者一同皆さまのお越しを
お待ちしております。


(つきみ)

7/21のマーケット

7/21も暑い一日でした。8時から12時まで開催しました。
木陰と、時折吹く風をとてもありがたく感じました。

この暑さでも元気な野菜が揃います!

汚れ落ち抜群石鹸と、元気な野菜が並ぶ「オリーブ」には
ツルムラサキ、バジル、紫蘇など。バジル、紫蘇は香りも格別↓
せっけんのオリーブ

元気な野菜とともに、放し飼い「鶏」と「アイガモ」の卵が並ぶ「青木屋」。
生卵も、茹で玉子もあります↓
青木屋

「オリーブ」、「青木屋」では買い物だけでなく、
主人と女将の軽妙なトークセッションも必ずお楽しみください。

暑さを忘れる涼しげなケーキをご紹介。
「てづくりケーキandy」の実生柚子レアチーズケーキ↓
てづくりケーキandy
このケーキ屋さんのすぐ横で、芳しい珈琲の香り。
ここでケーキを食べ、淹れたての珈琲を飲むしかないです。
「珈琲屋のんちゃん」↓
珈琲屋のんちゃん


さて、「マイクの日」でない週も、ステージでは毎週音楽演奏や紙芝居などをしています。
7/21は、フルート演奏、紙芝居、ハーモニカ演奏がありました。
ステージの前にはテントがあり、日蔭になっています。
直射日光を避け、座って飲食しながら、ゆっくりステージを楽しんでいただけます。
紙芝居


厳しい暑さのなか、ご来場いただいた皆さま、
ありがとうございました。
次の土曜も皆さまのお越しをお待ちしております。


(つきみ)

7/14のマーケット

7/14は久々の晴天の土曜日でした。
高知市の正午の気温は33℃、快晴。
7月に入りましたので、マーケットは8時から12時までの開催でした。

暑くても、並んでしまう「かき氷」
ザイオンかき氷

手動で削ってくれる絶妙な口当たりの氷に、自家製シロップがけ。
ザイオンバレーファーム ↓
ザイオンバレー ファームかき氷_ゆずハニー

「土佐勤農家」では試食用スイカを手にしたお客様↓
土佐勤農家すいか

「果鳥風月」にも神々しいスイカが鎮座↓
果鳥風月_すいか

「南国にしがわ農園」には冷え冷えグアバ↓
グアバ冷え

以上、暑さが似合う食べ物の紹介でした。

7/14は、月に一度、小さな太陽光発電を使用して
ステージに音響の入る「マイクの日」も
ギラギラ太陽光を受けて開催しました。
フルート、ギター、歌など音楽のほか、
スガジャズダンススタジオの元気なダンスも見ることができました。
ダンスステージを終えたおしゃれ女子たちが多数向かって行ったのは
アクセサリーや化粧品のお店でした。

Indigo blue↓
IndigoBlue.jpeg

Lycka↓
Lycka.jpeg

牧工房↓
牧工房

食べ物のほかにも魅力的なものがたくさんあるマーケットであることを再確認させてくれました。


「暑かったけど、池公園まで行ってよかった!」と感じていただけるものを提供できるよう、
各店あれこれ工夫し続けております。
また、「マイクの日」など土曜市ならではのイベントも各種開催しております。
暑さは厳しさを増しそうですが、どうか変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。


(つきみ)

6/30のマーケット

6/30のマーケットは大量の雨が降り注ぐ予報に反し、雨は途中で止んでくれました。

まずは、味わい深い木工品が並ぶ「刻屋」↓
刻屋
このほかにも素敵な木工品が色々並んでいました。

マーケットの主役、野菜もたくさん並びました。どれもこれもおいしい野菜たちです。
「うしまめマート」↓
うしまめマート

「よつば農園」↓
よつば農園

「やくちファーム」↓
やくちファーム


今週も梅雨空に負けない品揃え&出店者で開催いたしました。


(つきみ)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索